ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2018年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2018年10月(4)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
絵の練習 ] 2018/10/16(Tue)
上手い絵ってなんなんだろうと、ここのところずっと考えています。

絵が上手くなりたいから練習をしている。
じゃあ、どうなったら「上手くなった」といえるのか。
「上手い」の定義が曖昧な時点で、それに到達したとみなすことなんて永遠にできないのでは。

明確な基準がないのなら、自分が満足できればそれでいい。ええ、それが正解でしょう。
しかし、断言できる。自分の性格上、満足することなど絶対にないと!

べつに神絵師を目指してるわけではなくて、ただ立体として破綻していない程度の絵でいいんです。
でも、破綻しないって、それは「立体として完璧」とイコールなんですよね。
完全無欠、すなわち神。

あれ? これって、無理ゲーでは……?



これだけではなんなので、絵の話も。

手のクロッキーをやってて思ったんですよ。
ちゃんと実物を見ながら描けば、手って思ったより難しくないのではと。(描けるとは言っていない)
少なくとも指のアタリ線から描き起こすよりは楽じゃんと。(描けるとは言っていない)

手という難問に対し、絵を描くときは左手をモデルにして指を短くすればいいというひとつの解答を得た気がしなくもない。
しかし、そこには新たな問題が。

指、だいたい深爪。



なんということでしょう。これではキャラたちが全員深爪という十字架を背負うことになってしまう。

人の子は神の似姿。
ああ、こんな神が支配する世界に生まれてしまったばっかりに。
この世界は残酷だ。

雑記 ] 2018/10/09(Tue)
~前回のあらすじ~

墾田永年私財法



語感以外で作品タイトルに重要なのは、あとは「作品の内容が伝わるか」ですかね。
もう少しつっこんで言うと「どういうものを求めている層に手に取ってほしいか」。

こう書くと難しそうですが、要は「でかい木が出てくる」とか「クリスマス」とか「冒険者ギルド物」とかそんなレベルです。
ベスティに肝心の「ケモノ属性」が入ってないじゃないかって感じですが、そこはあえて抜きました。
ケモは、もっと、こう、自然に存在するものなんだよ。百合作品がタイトルで百合アピールしてたら萎えるでしょ!

作品内容を表すタイトルについて語るときに欠かせないものといえば、なろう系小説。
とにかくわかりやすさに特化してますね。
タイトルが妙に長くて、なんか異世界とか転生とかレベル99とか魔王とか女騎士とか女エルフとかエルフの姫君とか巨乳エルフとか、そんな感じ。
アニメのタイトル一覧を見ると「あ、これラノベが原作だな」ってすぐにわかるのがすごいですね。

まともな小説書きからは手抜きと取られがちななろう系タイトルですが、この文法で興味を引くタイトルをつけるのって地味にそれなりのスキルが要求されます。
作者自身が作品のアピールポイントをしっかり把握してないといけない。
それをきちんとできない人は、小説コンテストの作品につける「○○文字程度の概要」にただのあらすじを書くことしかできないのです。

自分はそういうの、まともにできませんからね。そのスキルが欲しい。
たとえばホリナイを「ニートだけど異世界転生してサンタクロースになった件」とかにすると、箸にも棒にもかからない感がやばいっていう。タイトル見ただけでスルー決定な件。

なろう小説の「属性を羅列して趣向が合う読者を釣る」に特化したタイトルのつけかたって、どうも既視感があると思ったら、これ、アダルトビデオとかのタイトルと同じ手法ですね。
関係ない人から見ればどれも似たように見えるのも同じ。関係ある人にはわかりやすくて実用的。

ふざけてるみたいに見えますけど、これ、強力な技なんですよ。
そもそも「興味を持たせる」ってのはどういうことかというと、端的にいえば想像力を掻き立てることです。
それを本文やあらすじを読ませなくても、作品一覧や背表紙だけでできるっていうのは本当に強い。
目があっただけで呪いをかけられるのと同じレベル。

たとえばホリナイを「性夜のおっぱいサンタクロース」とかにすると、クリスマスを一人で過ごす主人公の元に巨乳サンタが来てエロいことするんだなって、字面だけでうっかり想像してしまうじゃないですか。
なんやねん性夜のおっぱいサンタクロースって。ホリナイおっぱい出てこねぇよ。

てか、性夜のおっぱいサンタクロースも語感が墾田永年私財法ですね。
どうやら自分は勢いでタイトルをつけると墾田永年私財法になるっぽいです。



はくしゅへんじ。

> わかりみが深い
「わかりみ」って「溢れる」か「深い」どっちが正しいんですかね


おー、わかりみを感じてくれたか。
「悲しみが溢れる」と「悲しみが深い」だと用途が違うから、より心情に近いほうが正解じゃないかな!
言葉は意味が通じることが正義なわけで、正しくないとか乱れとかいうのは無粋だってばっちゃがゆってた。


> 4・4・5って言いやすいリズムですよね
「 4 4 5」でググったら大百科の記事が出てきた。google有能すぎでは http://dic.nicovideo.jp/a/七五調の言葉の一覧


どういうアルゴリズムしてるんだグーグル先生。エスパーかよ。
しかも分類なにげにすごい。
前回の日記でリズムの説明をするとき8・5にならないのもあって、この当たり判定の広さをどう書こうか悩んだというのに、いい感じに分類されとる!


> 「の」の法則とか使ってるのも、もしかして無意識で(語感重視で)決めたんですか?

「の」の法則ってジブリか?と思ってググったらジブリだった。
おもくそ無意識だったわ。もはやデフォで入ってしまってるレベル。
性夜のおっぱいサンタクロースにまで「の」入っちゃってるし……


> 完成作、ホリナイ以外はさらっと「出したよ」って感じだからですかね。制作過程を見るのは楽しいですが(没)を見ると少し寂しいですね……

あー、なるほど! そういうことか、制作過程が濃いやつが完成してないからか!
体験版を出すとエターナるの法則と通じるところがあるかも。
完成したやつはというと、短い一発ネタだったり、締切が厳しくて完璧でなくても見切りをつけて出さなきゃいけなかったり……ああ、制作過程をゆっくり書けるやつと真逆。
こうやって分析すると、どうすればゲームを完成させられるかは見えてくるんだけど、それと折り合いをつけるのが……ぐあぁ……

雑記 ] 2018/10/05(Fri)
突然ですが、墾田永年私財法っていいですよね。

自分で新しく開墾した耕地の永年私財化を認める法令であり荘園発生の基礎となった件はべつにどうでもいいんです。
語感がいいですよね、語感が。こんでんえいねんしざいのほう。

「大樹の守護者の物語」と「墾田永年私財法」って似てますよね。
語感が。
「聖なる夜のホーリーナイト」も、わりと墾田永年私財法っぽいような気がします。

作品のタイトルをつけるときに重要視するポイントは人によってさまざまです。
自分が重要視してるのは、やっぱり音にしたときの心地よさですね。
文字ってのは読まれて最終的に頭の中で音になりますから。

とはいえ、よし墾田永年私財法にしよう!とか、ここは8文字ここは5文字とか意識してやってるわけではないんですけど。
きっと自分にとって心地よい音が墾田永年私財法なんでしょう。

今まで作ったゲームのタイトルを一覧にしてみます。

[墾田永年私財法っぽいの]
・大樹の守護者の物語
・聖なる夜のホーリーナイト
・ベスティオールの冒険者
・正七面体のパラダイム
・(没)名もなき花の咲く夜に
・(没)ウィアドの剣と冒険者

[普通]
・ブレイブクエスト
・ふつうクエスト
・がっかりクエスト
・Mon't es Que?
・(没)コランダムの空
・(没)ツクヨミ

[パロディ系]
・ときめきグリモワール
・Fatal@Fantasy

けっこう墾田永年私財法してますね。
墾田永年私財法じゃないやつは一発ネタ等の小品が多い気がします。
ネタゲーばっかやんけってのは言わない約束で。まともなのもあるもん!

てか、分類結果よりも、けっこうゲーム完成させてたことのほうが驚きですよ。
おっかしいなー、8割ぐらいエターナってる気がしてたのに。
完成品のほうが多いじゃないか。信じられん。

いただきもの ] 2018/10/02(Tue)
ナナさんにエレノアをもらったぞ!

201810021s.png
(クリックで原寸)

かわいい! 斧、凶悪!

以前にもちょこっと書いた、土曜集会という名のツクラーの集まり(ツクラーとは言ったがツクツクしてるとは言ってない)でね。

大樹の話してたらナナさんフォトショ起動してて、作業してるなーと思ってたらこれだよ!
(※Discordは登録したソフトの起動状況が表示されてサボり監視ができるチャットツールです)

誰かと作品の話をすると、これから作る大樹はリメイク版のような錯覚に陥りますけど、初版とかそもそもこの世に存在しませんからね。
大樹は……そうさ、みんなの心の中に……

存在してないのに作品の話ができるってさ……いいよね……
まあ存在しないからよくわからん感じになるんですけどね。
なに、作者も覚えてません。昔の記事とか読まなくて大丈夫です。

えぬ子なんか主人公二人の武器が弓と斧であることについて象徴としての意味合いとか考察しだしたりするし。
作者そこまで考えとらんわ!

そしてナナさんに言われて気付いた。キャラクター紹介のページのレオニスが剣装備バージョンのままなことに。弓持ってない。
全員初期デザインのままだった。剣似合わねぇなこいつ!
一番デザイン変わってるのがノルシェかな。

こんな絵を貰ったら、漫画版大樹を早く形にしたいって気持ちが加速するね!
進捗? 絵の練習やりなおしてるあたりで察してください!



はくしゅへんじ。

> あ、え?あ、更新はっや!!?拍手返事なしの記事久しぶりに見たゾ
やっぱりマッチョ好きなんですね


勝ったぜ! 俺のスピードについて来れるかな?
マッチョが嫌いな人間なんていません!


> いいけつしてるぅ~。に空目した

なんでや! ボディビル大会の掛け声か!
肩にちっちゃいジープ乗せてんのかい!


> 元の形状を知らないとデフォルメは難しいってばっちゃが言ってた。それはそうと超兄貴が25周年だそうですよ。

やはり筋肉は全ての基本。わたしはまちがっていなかった。
兄貴いぃぃぃぃ! そういや部屋の掃除をしてたら昔のうみにんグッズが出てきたなあ。当時ゆるキャラ扱いでファンシーショップで売られてたけど後から原作知った人はどんな気持ちなんだろ。

絵の練習 ] 2018/09/29(Sat)
やっぱ鉛筆画といえばこういうのだよね!というノリで描いたでござる。



えんぴつしてるぅ~。
シャーペンだとこういうタッチは難しいですから。

さて、デッサンといえば必ず出てくるのが、「マンガ絵にデッサンは必要か」という話。

自分の3.5頭身の絵柄に引き締まった尻のデッサンが必要かっていうと、まあ、必要ないですよね。
でもさ……必要だからだとかそういうのじゃねぇんだよ……
そこに尻があったから描いた。ただそれだけのことさ。

デッサンから徹底的に逃げ続けてきた私から言わせてもらうとですね。
練習が役に立つか立たないかっていうと、そりゃ役に立ちますよ、マンガ絵だろうとなんだろうと。それぐらいみんなわかってるんですよ。
でも、一枚にめちゃめちゃ時間かかるし、デッサンをしたら画力がすぐに上がるってもんでもないし。
結局のところ、プロや神絵師を目指しているわけでもない、趣味で絵を描くだけの人間にはコスパが悪いんです。ハードルが高すぎるんです。何時間もかけてデッサンするのは。

なので、要不要じゃなくて、描きたくなったら描いてみるってのがちょうどいいんじゃないですかね。
ネットサーフィンしてて「おっ、この石膏像ええ筋肉しとるやん」って思ったときぐらいでいいんじゃないでしょうか。

というか、描きたくないけど強くなるために必要だからって理由でできる人って相当の強者ですよ。少年漫画の主人公かよ。

そんなハードルの高いデッサンですが、残念ながら、やってみたらけっこう楽しかったもんで。
しんどいんで、できればやりたくないんですけど。

いかに自分が思い込みだけで絵を描いてるかってのを痛感しましたね。
「考えて描く」は「イメージ(=思い込み)で描く」ではない。
画力ってなんだろう。
目の前に存在している物も描けないくせに、脳内の漠然としたイメージを描けるわけがなかろうよ……

何が自分に合ってたかっていうと、消しゴムで微調整していくところですかね。
おそらく厚塗り派の人はデッサンは性に合うんじゃないでしょうか。
一発で正確な形なんか取れないよ! そんなん消しゴムでなんとかするんだよ!
(実際のデッサンは正確に輪郭線を取りますが、そこはうまくできなかったので許してください)

ところで、デッサンの意外な効用なんですけど。
寝る前にやると、なんかめっちゃ寝つきがよくなる。
写経や瞑想と同じ効果があるのかもしれません。それで画力にも経験値が溜まるってお得じゃね?
まあ、うっかりやり始めると睡眠時間削られるんですけどね!



超大型台風がまた来てますね。
なんで休日に来るねん、会社あるときに来いや。はたらきたくないでござる。

こないだの超大型の直撃をくらった者として、これだけは伝えておかなければならない。

PCで絵を描いたりツクツクしたりするなら、こまめに保存をするんだ!
急に電気がチカチカしてめっちゃ不安定だった。

あと、台風が過ぎ去って油断した頃に停電したりするぞ!
うちのエリアは停電しなかったけど、なぜかテレビとネットだけ繋がらなくなった。

電源系統に気をつけるんだ! スマホの充電も忘れずに!
ぱらいぬせんせいとのやくそくだよ!