ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

12月 « 2019年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2019年01月(3)
2018年12月(5)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2019/01/14(Mon)
ペン入れへの苦手意識から始まった、漫画の練習。

なんやかんやでペン入れも他の画材と同じ程度にできるようになったわけですが。

ふと思った。
ペン入れって、実は必須ではないのでは?

そもそもなんでペン入れするかっていうと、印刷するときに白黒二値である必要があるからなわけで。
WEB漫画なら、ペン線にこだわらなくてもいいのでは。鉛筆だろうと線が整理されれば。

連載で、ラフな線で更新が速いのと、同じ絵で綺麗にペン入れされているけどなかなか続きが読めないの、どちらがいいかっていうと、明らかに前者なんですよ。
(完成作品なら綺麗なほうがいいし、更新頻度のために作家さんに無理はしてほしくないですけど)

この年末年始、こたつでゴロゴロしながらWEB漫画読みまくってて。
ずっと描く側の視点でいたけれど、読む側に回ってわかった。
読みたいのは漫画の続きであって、線の綺麗さ自体はそれほど気にしていなかった。
むしろ、雑でも線に勢いがある漫画を好んで選んでたっていう。

鉛筆線とかお絵かき掲示板みたいな線、好きなんですよ。
てか、お絵かき掲示板ってもう死語ですね。
生きてるさ、僕たちの心の中に――

漫画ってさ……描かなきゃ上手くならないんだよ……
わかってる……理屈ではわかってるんだ……!
一枚にクソ時間かかるせいで尻込みしてなかなか着手できないこの状況。
ここで、ペン入れの行程を省略したら?と考えたら、なんだか光が見えてきた気がした。

あれもこれもと高望みしすぎてたのかもね。
んもー、目ばっかり肥えてこの子はー。



はくしゅへんじ。

> 玉袋で思い出したけど、昔は牛の玉袋を窓ガラス代わりに使ってたらしいってことを思い出した。

ガラス感どこにあんの!?
窓越しのさわやかな光は玉袋越し……やべぇな……


> つまり月曜日など焼けてしまえと わかる

焼けろ! 焼けてしまえ!
今週の月曜日が祝日なのは、人々の願いによって世界が書き換えられた結果なのだという。
まあ次は火曜日に憂鬱が来るんだけどね。
月曜日「クックック、我を倒しても第二第三の曜日が――」



 |  。
 | /   。
 |⌒丶/
 |冫、)
 |` /
 | /
明日は祝日なのに仕事なので


おまえがかーい!
本来休みであるべきときに仕事カード、これにより月曜日の攻撃力は倍増する!
生きろ。

日記はお休み ] 2019/01/07(Mon)
正月休みは、何事をも成さぬにはあまりに長いが、何事かを成すにはあまりに短い。

休みが終わってしょんぼりしてるので、今日の日記はお休みです。



雑記 ] 2019/01/04(Fri)
あけましておめでとうございました!

よい子のみんなー! 休んだかー!
何も生産的な事をしていない? いいね!

全力で一日を無駄使いする機会なんてなかなかないですからね。年に一度の贅沢ですよ。
こういう非日常こそが人生に彩りを与えてくれる。そうだろう?

ただダラダラするだけならいつでもできるけれど、だいたい中途半端じゃないですか。
何もしない間に一日が終わってしまった的な罪悪感を伴うじゃないですか。

でも正月休みは、何もしないことが推奨される!
誰も、自分自身も、僕たちを責めることなどできないのだ!

常に何かに追い立てられるように生きねばならない僕たちに、神が与えたもうた祝福……それが正月休みなのさ……

全力で休んだ人も、休めなかった人も、ハッピーニューイヤー!



はくしゅへんじ。

> 来年↓
> 去年↑
今年も更新楽しみにしております


恒例行事!
今年も更新しちゃうぞ☆
ダラダラと漫画読んだりして過ごしたからね。ダラダラ読める漫画を描いたり描かなかったりしちゃうもんねー。


> あけおめ~

あけおめ!
正月からよう来なさったねー。上がってけ。


> すごい……今までもらった報酬の金貨はもしかしてこのカンガルーの

僕たちのファンタジー世界は玉袋が支えていたのだよ!
ファンタジー世界ならもっとでかい袋も手に入るかもしれない。オークとかよくね?

工作 ] 2018/12/31(Mon)
メリー大晦日!
今年も残すところあと数時間となりました。あけていませんがおめでとうございます。

今年中に革袋の型紙までは完成させたいと思っていたので。
間に合ったぞコノヤロー!

というわけで合皮で試作。



四枚はぎをベースに、底を円形に。



円筒形だと底の縫い目が見えてしまう。しかし四枚はぎの底なら丸みで横から見えにくくなるのです。

叩き台では大きさは適当にしていたのを、縦横比なんかを調節して、仕上がりサイズで作りました。
微調整のほうが時間かかるのつらい。工作に限らず何でもそうなんだけど。

最初にどれぐらいのサイズがいいかティモに聞いたところ、「ぐわっと握って投げれるサイズ」とのこと。投げんなや。

ティモによる図解はこんな感じ。
お絵描き環境ないのにiPad Proで描いてくれやがりましたよiPad Proで。高いiPad Proで。ええ筆圧感知しとるやんけiPad Pro。



キャラは高校時代にやったTRPGでのパラ犬のPC。種族はグラスランナー。

革袋、形や大きさなんかが、何も言わなくても自分の理想のとほぼ同じなあたりなんとも。
こういう共通認識のベースになってるのって、たぶんスレイヤーズとかオーフェンあたりなんだろうなあと思う。

さて、どの革を使おうかね。
気付いたら革のストックが10kgぐらいになっててさすがにヤバいと思った大晦日。

それでは皆様、よいお年を。



はくしゅへんじ。

> 家畜の内臓を加工して作った革袋ってパターンもありますな 元々袋状だし

胃袋やら膀胱はよく使われてるね。
表皮にも袋状の部位があればいいのにと思って調べたら……見つけてしまった……
カンガルーの玉袋
これを知った瞬間、敗北感を覚えたね。この発想に至れなかった己の無力さ……! そっちの袋を使うのかよ!



 |  。
 | /   。
 |⌒丶/
 |冫、)
 |` /
 | /
月曜日なので


げつようび! おのれ、げつようび!
憂鬱の象徴のくせにクリスマスイブと振替休日いう翼を得て調子づきやがってげつようび!
そして大晦日もげつようび!


> 厚くてごわっとしてるからなんか違うのかもしれない

革袋ってどうしてもごわっとしちゃうんだよね。でもごわっとしてるのが革の魅力というか。
布との違いを考えながら組み立てないと痛い目を見るっていう。


> 今更ですけど、円筒形にしてみては?

円筒はサンドバッグになったからイヤン。
でも円筒形はたくさん中身が入るから、また別のタイプの革袋として作りたいなあ。


> ファンタジーでよくあるその袋の生地って、革なのか綿布なのか麻布なのか…個人的に麻布だと思ってたけど用途によって違ってたり?
財布代わり=革、報酬の受け渡し=布切れで硬貨を包んで縛るだけ、汎用的な袋(豆など物品の運搬)=麻袋……的な
あ、さっきの拍手は何の根拠もない一個人の妄想なんで!


それな!
自分の場合は、革袋=金貨ってイメージがあって。銀貨とか銅貨が報酬の場合は麻布ってイメージがあるんよね。綿は衣服用かなあ。(※個人の妄想です)
純金は重いから布だと破れる、という説を考えたんだけどどうだろう。渡す方も金持ちだから袋をケチったりしないだろうし。
脳内ファンタジー世界の設定を妄想するの楽しいね!

工作 ] 2018/12/24(Mon)
メリークリスマス!

昨日更新したから今日はないと思った? 残念だったな!

いやほら、聖夜にはなんとなく更新しなきゃいけない気がして。

何の話だっけ?
そうそう、革袋の話。
クリスマス関係ねぇ。

袋……サンタさんの袋! クリスマスらしい!
そう、これを見越してのクリスマス更新なんだよ! 計画通り!

~前回のあらすじ~
やれやれ、こんな革袋をありがたがっているようじゃ本物の厨二病かどうか怪しいもんだ。もう一度ここに来てください、本当の革袋をお見せしますよ。

というわけで、理想の革袋を求め、他のパターンを探してみます。



丸底を縫い付けて円筒形に。
立体感が出て正解には近付いた気がする。

しかし、底の縫い目が目立つのが、なんか。
縦方向の縫い目は味になるけど、横方向の縫い目はなぁ。
なんかサンドバッグっぽいし。

立体的にしようとすると、縫い目が出てしまうのは避けられないんですよ。

縦の縫い目ならええやろってことで、次は縦長のパーツを4枚はぎで。

201812242.jpg

これだー!
この形だよ、金貨を入れる袋!
中身が多ければドサッて感じで、少ないと持ち上げたときにプラ~ンって感じの。

難点があるとすれば。底。



中心点、よりによって一番力が集中するところに継ぎ目が。
小さい物を入れると貫通して落ちそう。豆なんか入れた日にはポロッポロやで。歩く後ろからハトポッポやで。

しかし、いい線いった感はある。
この方向性でもう少し詰めれば!

クリスマスだからね、天啓も降ってくるさ。

全ての時をとおして 主よ 導きたまえ
汝の御力によって 迷いは消え去る



はくしゅへんじ。

> 素晴らしい! いい大人がちょっとしたロマンを求めて頭をひねるの、とっても大好きです、応援します。しかし、コラボカフェ等で見かける世間で見かける「漫画肉を再現しました!」みたいな骨付き肉の様に
世間で見かける空想を再現した商品って、別のロマンの求道者にとっての、そこが限界だったのだとしても、割とコレジャナイ感がある物を見かけてしまいますので、その先を目指す人大好きです。


ありがとう! ひねるよ! 雑巾のごとく!
商品はやっぱり、商品として提供する以上は大人の事情があるんだろうなあって思う。コストもそうだし材料を安定して調達できるかとか。
その点個人製作は強いわけで。いろいろ度外視できるからね!