ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年09月(3)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
ひょうたん ] 2017/09/15(Fri)


ことしはおおきいひょうたんをつくりました、と見せかけて、残念、それは視覚トラップ!
小さいひょうたんと、さらに小さいひょうたんだ!

大きく見えるのは、千成ひょうたんです。
あの、七味唐辛子とか入れる小さいやつ。
千成が2個、こまめが3個。5個……5個しか……

不作! 圧倒的不作!

ひょうたんは栽培技術がモロに出る植物……
うまく育てれば何十個と実ができるはずの千成ひょうたんが2個。たった2個。
もはや千成ではない。何成やねんって感じですよ。でも千成って名前はさすがに誇大広告だと思うよ。

どうしてこうなってしまったのか。それを語るには、少し時を遡ります――

ひょうたんは水を吸い上げる力が半端なくてですね。プランターだと夏になるとすぐ水切れになるんですよ。
なので今年は、保水力重視でプランターを変えてみたんです。
そしたら生育初期に根腐れでほぼ全滅。はい、完全にミスりました。保水力上げすぎて腐りました。

そう、根腐れ! 水やりとは愛情を注ぐことであるが、過剰な愛情は生き物を腐らせる!
サボテンもみんなだいたい根腐れで枯らす!
サボテンを枯らすって自虐があるけどさー。サボテンは枯れるよ。特に室内なんて枯らさないほうが難しいよ。

まあサボテンはどうでもいいとしてですね。

なんとか救出した株も、根っこが腐ってるので長くは生きられず。
完熟したのはたったこれだけでしたとさ。

ここ十数年で最悪の出来ですよ。ボジョレーヌーボーもびっくりですよ。

そのかわりといっちゃあなんですが、めっちゃ小さいのができました。



約3cm。ちゃんと完熟してます。
おそらく今までの中で最小記録。これはこれでレアなのでOK!
普通の(千成とか)にも飽きてきたし。

さて、来年はどんなひょうたんを育てようかねー。

201709153.jpg
ブルーベリーも収穫したヨ。



はくしゅへんじ。

> 自分は円も直線も多角形も何ならパースもそこそこできる自負はあるけど絵は下手ですね
謙遜して自分を下に下に表現していくと腕もいつの間にか下に下に…


精密な図が得意なフレンズなんだね!
形を知らない物は描けないし、円もパースもその情報をできるだけ劣化しないように出力するための補助具なんだよね。上手い絵を描くためじゃなくて下手さを回避するための最低限のスキルっていう。きついぜ!
自信のなさヤバい。何がヤバいかってぇと、妥協してそこで止まってしまうのがヤバい。


> え?丸を描いてもダメなの!?信じていたのに!!
丸描き教信者はともかく、このブログでエロい絵を描いていると絵が上手くなるって書いてあった気がする。乳の絵アップしてましたよね。あっちは本当ですか?


本当ですか?じゃNeeeeeeeee!!
さりげなく捏造するんじゃない!


> よくなかった探しじゃなくてもっとよくできる探しをしよう

最初はそうだったんだ……最初は……
いつのまにか自己攻撃に変わっているのがやっかいなところで。
改善案とイチャモンってわりと境目が曖昧だよね。


> 私も練習と言いつつ結局適当に描いてるだけなことよくあります。関係ないけど円描きで調べたら円描き大会なるものが。11回もやってるし、講師がサイエンスナビゲーターとジャズピアニスト。ネットは広大だわ……

練習とは何なんだろうと思う今日この頃。もっと、こう、練り練りした感じがないといけないのかも。
調べたら普通に面白そうな大会だった!
なんか、こう、時計見ないできっちり10秒数えるみたいな、そういう。


> 何年かに一度生まれるらしい存在「悪魔くん」は、フリーハンドで正確な円を地面に描き、巨大な魔方陣を描くそうです。たぶん「丸描き教の信者」。

きっと毎日丸を描く練習をしてるに違いない。絵の上達を求め訴えたりしてるに違いない。まじエロイムエッサイム。

雑記 ] 2017/09/09(Sat)
絵に限らず、練習というもので最も辛いポイントは、行動そのものよりも、自分の技術の低さに向き合うことだと思う。

認知の歪みに苦しめられた経験のある人ならお分かりいただけると思うんですが、マイナス面にフォーカスされた視界に人間の精神は長くは耐えられないものです。
絵が描けないぐらいで死にはしませんが、自分は無力で無価値だという方向にいったん思考が傾くとどんどんそれを強化するものばかり浮かんでくるもので。死にます。

物事には良い面と悪い面があるというのに悪い面だけを探し出して自己批判をするのは死に至る病。
だというのに、意図的に悪い面を掘り出して向き合おうっていうんですから、なんともえげつない行為ですね、練習ってのは。

丸を描き続けると絵が上手くなるとかいう、都市伝説というかまあなんというかアレなアレあるじゃないですか。
あれを真面目にやる人がいるのは、あれが「行動」だけで済むからだと思うんですよ。
少なくとも自分の技術の低さには向き合わなくていい。技術の低さを感じはするでしょうけど、ただ自覚があることと向き合うことは全く違うもので。

丸描き教の信者は、きっと向き合うことに疲れた人なんだろうな、と。
あれは練習じゃなくて祈りですよ。無力感にうちひしがれてもう前に進む気力すら残っていないとき、人はただ祈ることしかできないんですよ。
斜め向きの輪郭線を手癖でいっぱい描いて練習した気分になってた頃に戻りたい。いや、べつに戻りたくはないけど。



はくしゅへんじ。

> >10年後ぐらいに~ ということで10年前の記事を見てみました。 2007年9月、どれどれ・・・毎日更新・・・だと・・・?おまけに記事が休みの日すら休み報告の記事・・・ウワァァァ!

ウワァァァ! あの頃は寿命削ってやってたなー。
10年ぐらい経って最大HPを見てようやく悪魔に魂を売っていたことに気付くんやで。具体的に言うと睡眠時間を削るとか。
若さゆえの愚かさよ。だがそれは本当に愚かだと言えるだろうか。それほどまでにやりたい事があった、それは幸せだったのではないか。
10年前の自分が今の自分を見ればこう言うだろう。「愚かって言うほうが愚かなんですー!」と。

雑記 ] 2017/09/04(Mon)
> パラ犬さん!キノコ図鑑もいいですよキノコ図鑑!なんか無駄にファンタジー感あるし

キノコいいよねキノコ。めるひぇーん。

そんじゃあちょっくら秘蔵のキノココレクションでも披露しちゃいましょうかね!
べつに秘蔵ってほどでもない。うん、なんかノリで秘蔵とか言っちゃった。



ドイツの古いキノコ図鑑。
東欧のヴィンテージ雑貨を扱ってるお店で購入。

古い図鑑ってのはいいもんです。うっすら端っこがヤケてるところとか。
そんでもってカラーページの紙がいいんですよこれ。ざらっとして繊維とかちょっと混入してて。
今だとカラーページって真っ白なつるつるの紙使うじゃないですか。

図鑑は写真タイプより絵のやつが好き。
この本の絵のタッチがなんともいい感じでねー。
本文? ドイツ語なので読めません!



毒があるやつには†みたいなマークがついてます。
みんなだいすきベニテングダケさん。



特にヤバいやつは††。死ぬ系のやつ。
ドクツルタケ。通称、破壊の天使。ヤバい。名前ヤバい。
ひと昔前の厨二ネームっぽく書くと「†破壊の天使†」。ヤバい。
10年後ぐらいに黒歴史を思い出してウワァァァってなって死ぬ。

キノコいいよねキノコ。



はくしゅへんじは続くよどこまでも。

> 巡り巡って「なんかそれっぽい形の木」こそが描きたい品種だったりしません?針葉樹林とか大枠はあっても、品種はあえて特定しない木というか・・・。そう、背景に溶け込んでる木のモブみたいな!

それな! ほんそれ。木のモブとは上手いこと言う。
あくまで背景であり主役以上の存在感を出してはいけない!
結局のところ品種にこだわるのも、掘り下げると、明らかに変な種類のが生えてると目立ってしまうから、という理由に行きつくんだよね。


> 木萌えといえばジブリ背景…!

ジブリの森と聞いてトトロの森を思い浮かべるかもののけ姫の森を思い浮かべるかで世代がわかるぞ!(トトロ派です)
千と千尋は一つのシーンにすべての季節の花が咲いていることで神々の世界を表現してるってばっちゃがゆってた。


> 3DCGで樹を描こうとして挫折した。メタルギアソリッド3すげぇ。木も草もあるよ~。

やったわー、背景描けないから3DCGでやろうとして挫折したわー。同志よ。
最近のゲームの3Dはすごいよねーと思ったら3かよ! プレステ2やないかい!
この時代のゲームらしく板ポリをアルファチャンネルで抜いて葉っぱ作ってる……やったわー、この作り方やったわー。

雑記 ] 2017/08/30(Wed)
背景といえば木。やっぱ木を描くのは必須ですよ。

んで、「よっしゃ、練習するぞー」と、資料を探していて、ふと思ったわけです。

なんの木を描こうとしてるんだ? と。

木の描き方講座って、いっぱいあるじゃないですか。
でも、そこで描かれている「木」って、何の木なんだろう?
我々が木と呼んでいるものは何なんだろう。

木っていろんな樹形、いろんな樹皮がありますよね。

資料を探すとき、「んー、この形は描きたいものと違うなー」って感じでハネていくじゃないですか。
頭の中にある「理想の木」と照らし合わせながら選んでいくわけですけど、その「理想の木」は何なんだ、と。

ちょっと表現が抽象的すぎてわかりにくいですね。えーっと……
木に限らず、何を描くのにもあてはまる話なんですが。

犬のイラストは、猫のイラストより難しい。
これは「犬」を描こうとしたことがある人にはわかってもらえると思うんですが――
犬って犬種によって外見がかなり違うじゃないですか。描こうとして初めて気づくんですよ。「犬って、何犬?」って。
耳が尖ってるのか垂れてるのか、マズルが長いのか短いのか。
猫はいろんな種類がいるものの、大枠はわりと似てるのでイラスト化しやすいです。
どうでもいいけど「描」と「猫」ってまぎらわしいですね。

恐ろしいものです。
いざ描こうとするまで、自分が何を描こうとしているかわかっていない事すらわかっていなかったなんて。

「なんかそれっぽい形の木」という曖昧なイメージは、漫画を描くときには危険ですね。
それが何の木なのか把握せずに「木」と記号化してしまうと、本来その木がどこに生えるか、とかの情報が欠落してしまう。
極寒の地に常緑広葉樹が生えてたらおかしいですやん。

そんなことを考えていたら一日が終わってしまったわけです。
樹木図鑑って、読みだすと止まらないね!
木の練習? うん、してない!



はくしゅへんじ。

> ありがとうございますありがとうございます!

 _, ,_ ∩))
( ゚A゚)彡   この変態め!!
  ((⊂彡☆∩  _, ,_
   ⊂(⌒⌒(;゚Д゚)
      `ヽ_つ ⊂ノ

雑記 ] 2017/08/27(Sun)
残暑厳しき折、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

くそ暑い。
冷房ついてる間は寒くて、温度調節のために切れたとき暑い。
夏バテの見本みたいな夏バテになっております。寝ても回復しない!

HPが減るとMPも減るのが問題で。
MPってなかなか回復しないんですよね。
癒しが欲しい。

そんな夏の日。ほんのちょっぴり、一滴の水のような癒し技を編み出したので、皆様のMP回復の助けになればとご紹介いたします。

.:*゚..:。:. 夏にピッタリ☆MP回復メニュー .:*゚:.。:.

【用意するもの】
わらびもち

スーパーで売ってる安いやつでいいです。わらび粉使ってないやつ。
夏にわらびもち。まあ、これだけだと普通ですね。

ポイントはここからです。
このわらびもちを、素手でつまんで食べる!
なんとなくやってみたかった……そう、出来心でした……

そこにあったのは、未知の感触。
プルンプルンとした、えーっと、なんだろう、モンテスキューって感じの感触!
語彙力がマジヤバいですが、夏のせいです。わたしは元気です。

普段、触覚って視覚や聴覚に比べてわりと軽視されることが多いんですよね。
ですがそこに原初のエネルギーを呼び覚ます何かがあるのです。
何言ってるのかよくわかりませんが夏のせいです。

そして、感触に加えて、行儀の悪さという背徳感。
どうですか、わらびもちを素手でつまむなんて行儀の悪いことができますか?(※個人差があります)できないからこそやるのです!

そう、背徳感ですよ。
世に出回っている癒し系グッズというものには、これが欠けているのです!

癒しという単語に微妙な落ちつかなさを感じる人、いるでしょう。わたしです。
癒し系魔法でダメージを受けるタイプ。
そんな属性持ちは、闇属性で回復するのだよ!

しかし背徳的なら何でもいいというわけでもなく。
たとえば「あれやらないと……早めにやっとかないと……」みたいなことを思いつつ寝てしまうとかだと、回復しないどころかMPが減るんですよね。
「明日になればやる気が出るはず」で、翌朝やりたくなったためしがない。

闇の力を人が制御することは難しい。
我々のような弱き存在は、わらびもちぐらいの背徳感がちょうどいいのです。

というわけで、みんなも試してみてね! 背徳的だよ!
(※効果には個人差があります)



はくしゅへんじ。

> 技法書や講座によっては「パースをきっちり考えすぎても不自然な背景になる」とか書いてあったりして難しいですよね。個人的なとっかかりとしては「パース!マンガでわかる遠近法」という本がよかったです

書いてあったなあ。写真でもレンズの歪みがあるからきっちりしてるわけじゃないとか。ムツカシイヨー。
そ、その本は、昔、難しそうなので手を出さなかったやつ! 今なら理解できるかもと思ってポチったったぜー。
ちゃんと読んだら、けっこう基本的なことから書かれてた! 読める!読めるぞー!


> いっそ最初のうちは京都のストリートビューとかでパース練習してもいいかもしれない

よろしおすなあ。今度描かしてもらいます。
(訳:ストリートビューの画質でお手本とか無茶振りすぎるわ! 描けるか!)


> 5時間……! 早々に投げ出して背景の描けないままの自分をひっぱたいてください!

自分もさ……もう投げ出したいさ……背景描けないままさ……
 _, ,_ ∩))
( ゚A゚)彡   ひっぱたくけどな!!
  ((⊂彡☆∩  _, ,_
   ⊂(⌒⌒(;゚Д゚)
      `ヽ_つ ⊂ノ