ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2017/10/18(Wed)
ハロウィンの野郎、最近調子に乗りすぎじゃね?

なんかウェーイなイベントになっちゃってますよね。
おのれウェーイ、光のみならず我々から闇すらも奪おうというのか……!

少なくとも4年前はハロウィンは地味だったという記録があるので、ここ3年ぐらいの出来事だと思います。

ひょっとして、あのときハロウィンが盛り上がってほしいと願ったから、世界の理が変わってしまったんでしょうか。
ああもう、神様わかってない。まったくわかってない。
もっとこう、忖度? ソレをナニしてくれないと。

そんなにカボチャが好きなら冬至に食べればいいじゃない!
あ、でも冬至となると今度はクリスマスですね。
もういっそまとめてしまって、クリスマスに仮装して外を練り歩けばいいんじゃないかな。
プレゼントくれなきゃいたずらしちゃうぞ!



はくしゅへんじ。

> お前は美味しいに見えてしまった…

かゆい かゆい スコットーきた
ひどいかおなんで ころし
うまかっ です。

雑記 ] 2017/10/13(Fri)
キノの旅がアニメ化ってことで、原作(小説)を読んでる途中です。

昔、なんとなく読む機会を逃してそのままだったんですよ。
けっこう昔の作品だと思ってたんですが、新刊出続けてるんですね。すげぇ。

だいたい原作はアニメが終わってから集めるんですが、これは小説で読みたいと思ったので。
ラノベが完全に漫画やアニメの台本と化している今の時代、小説が完成形になっている物語は貴重です。

旅をしながら色々な国を訪れる物語。ひとつひとつの国が寓話のようになっています。
一話完結型の短編集。すっきりとした易しい文体で書かれていてとても読みやすい。
短編だいすき。一冊にたくさん入っててお得感もあるし。ちなみに小説はあとがきを先に読んでしまう派です。

この物語のすごいところは、皮肉が効いた寓話なのに、それでも世界を丸ごと肯定しているところだと思います。

皮肉でありながら否定的ではないというのは、とても難しいことで。
だいたい嫌味やディスりや言ってやったぜ(ドヤァ)な類の、不快なものになるんですよね。

視点はあくまで旅人。それぞれの国にはそれぞれの事情や正義があって、主人公はそこに居合わせただけの客人なんです。
手を出さなかった結果国ひとつ滅びようと、それは滅びるべくして滅んだだけ。
立ち寄った島で自分の正義を押し付けて荒らしていく海賊とは違う。

困っている人にお節介はしない、厄介事には関わらない、殺されそうになったら躊躇なく殺す。
救いのない話が多いのになぜか優しい印象を受けるのは、妙な押し付けをしないからなんですよね。

「世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい」

大きく感情を揺さぶる類いの物語ではないけれど。
嵐が過ぎ去るのを待つしかない長い夜にそっと寄り添ってくれるような、そんな感じの作品だと思った次第でございます。



はくしゅへんじ。

> 色の伝え方で思い出したけど、「BL」を黒って言ってもほぼ通じないだろうなぁ。太陽色彩使わないし。

そんなんボーイズラブって読むに決まってるじゃないか。(※個人の感想です)
「K」のほうがまだ黒って通じるね。BもLもAもCも奪われた黒の哀しみ……CMYにわかるものか……!


> <

必要最小限ー!

雑記 ] 2017/10/10(Tue)
気温が下がる季節は調子が狂うと、以前書いた次第でして。

いきなり漫画の練習を始めたのは、2月だったか3月だったか。
半年間はモリモリ練習していたというのに。
夏が終わったとたんにごらんのありさまだよ!

精神は肉体のコンディションに左右され、肉体は気候の影響を受ける。
人の行動が気候などという不安定なものに影響されるというのなら。
また気温が上昇する季節になれば気力が湧くかもしれないってことじゃね?

人が長い冬に耐えられるのは、いずれ春が来ることを知っているからですよ。人はそれを希望と呼ぶんです。
春が来るまで生きていられるとは限らないんですけどね。

冬の寒さで死んでしまわない、すなわち、絶望して創作意欲を完全に失わないこと。
停滞した時期にやるべきことは、もう無理だとあきらめてしまわずに低速ギアに切り替えることかもしれません。

アウトプットをバリバリやってる時期は、インプットがおろそかになったり偏ったりしてますからね。
急に出力ができなくなるというのは、いろんなものを蓄えるべき時期なのでしょう。冬眠の準備を始める動物のように。
そしてやがて何もしたくない時期が訪れるんです。インプットすればすぐにアウトプットしたくなるなんてのは幻想です。
それは冬眠のように。長い冬、蓄えられたさまざまなものが熟成して、そして目覚めの時が訪れるのだ! 光あれ!

まあ、若い頃はですね、やる気を出せないのは怠けてるせいだというファッキンな周りの声(脳内含)を真に受けて随分と精神をすり減らしたもんです。ファッキン!
だいたい他人を怠けていると責める奴ってのはですね、相手が自分を満足させるために動くのが当たり前でそれができないのは相手の性格に問題があるって言ってるようなもんですよ。ファッキン!

何をやっても上手くいかない時期があるってことを無視して根性論に走ると……死ぬ!

まあ、偉そうにこんな事を書いていても、脳内では常に何かに追い立てられて、何もしなくてもMPが減っていくステータス異常に見舞われているんですけどね。
そりゃおめぇさん、焦っていない人は「焦らなくてもいい」なんて、わざわざ自分に言い聞かせやしませんよ。

さて。
何をして過ごしましょうかね。



はくしゅへんじ。

> 好きな色をDIC色番号で伝えるよりカラーコードの方が伝わると言われる時代……うっ

DIC色番号わかんないよ!
画材屋で売ってる単語帳みたいなやつ持ってないと付き合わせできないよ!


> モンテのモデルってイシクラゲ?

彩度低いけど! 低いけどぉー!
あれ小学生の頃は毛虫のフンとかとか言われてたなあ。自分は桜の実が落ちて腐ったやつだと思ってた。
探偵ナイトスクープで「あの謎の物体を食べてみたい」って依頼を見て正体を知ったんだけどさ。
ちょっと食べてみたい……いややっぱり食べたくない。


> _<)メイドインアビス品薄らしいですよ一巻買うのに三軒くらいハシゴしました。続きも一緒に買えば良かった…手持ちさえあれば…

引用符を顔文字に利用するんじゃありません!
元々マイナー本だからね……売れない事を折り込み済で単価も高い……
アニメ効果でファンが増えて嬉しいわー。マイナー作品を共に語れるっていいね!


> ブーツとか、目の美しさとか、まるで製品品質!私はそのデッサン人形の完成度に涙するっ!パラ犬卿、あなたはウマ過ぎます!!
…でも、パラ犬さんはきっと眉一つ動かさずに「アレをデッサン人形としては運用していません」とか言い放ちそう。


んなぁー、そんなに褒めるなよぉー……
あなたの愛があれば私は不滅です。
デッサン人形とはデッサンに使うものだけを言うのでしょうか。私はそうは思いません。愛です、愛ですよ。

雑記 ] 2017/09/29(Fri)
好きな色とよく使う色って、必ずしも同じじゃないですよね。

自分は茶色をよく使うんですが、別に一番好きなのが茶色ってわけでもないです。
もはや水や空気のような存在。
好きなドリンクは水!って言わないじゃないですか。

それにしても茶色使いすぎですね。
魔法少女になったときにイメージカラーが茶色になってしまうかもしれない。
視聴者に「うんこマン」って呼ばれたらどうしよう。

好きな色はというと、緑色です。少し黄色寄りでやや彩度が低めでそのぶん明度を上げてバランスを取った緑色。
茶色と緑色は相性がいいのがよいところ。

しかし日用品とかのアイテム系で茶色×緑の配色というと、なぜか青緑のチョコミントカラーなことが多いんですよね。黄緑を出してくれ黄緑を。
まあファンシーグッズで茶色使うってのがレアなんですが。

好きな色を聞かれたときって地味に困りませんか?
そもそも口頭で答えて色が伝わるんだろうかっていう。

好きな色を緑って答えると、だいたいみんなカラーコードでいうと#008000→あたりを思い浮かべると思うんですよ。
でもそれは違うんですよ。そんな20年前のホームページの背景みたいな色じゃないんですよ。ネットスケープナビゲーターで動作確認しなくていいんですよ。

カラー占い的なもので「その緑じゃねぇ」ってときは、だいたい黄色を選ぶことにしています。
黄色は各人の色の認識のズレが比較的少ないところがいい。

もはや茶色でも緑色でもない。
いや逆に頑張れば茶色にも緑色にもなれる色ですよ黄色は、うん。やればできる子です。気合いと彩度と色相でなんとか!



はくしゅへんじ。

> ParaSite2d6 ひょうたん館
ParaSite2d6 ひょうたん館


なんで二回言うねん!
なんで二回言うねん!


> にゃーんにゃーん

にゃーん
にゃーん

雑記 ] 2017/09/27(Wed)
みなさんはこんな経験はありませんでしょうか。

定期的に更新しているものの更新がなんとなく遅れたら、しょうもない記事出すのもアレだよなあとか遅れた理由を書かなきゃいけないとか、いろいろ考えてしまって余計に更新しづらくなる。

――はい。
更新が遅れた理由は、以上です。

メールとかの返事をすぐに出さなかったら出しづらくなるのと同じです。
きっとこれはあれですよ。学校や会社に遅刻したら理由を述べなきゃならない世の中で育ったせいですよ。
だいたいよのなかのせい。

遅刻の理由なんて「あと5分寝たかった(5分で起きるとは言っていない)」とかそんなんじゃないですか。
でもそんなしょうもない理由を言って怒られるのが怖いから言い訳を考えなきゃならないんですよ。
しかし寝たことと嘘をつくことのどちらが大罪か、我々はもっとよく考えるべきではないでしょうか。死後さばきにあう。神と和解せよ。

それにしても、季節の変わり目というのはどうにも調子が狂います。
気温が下がる側、夏→秋と秋→冬に自分は特に弱い。
呼吸が明らかに苦しいですもんこの時期。あと常に何かに追い立てられてるような焦燥感とか。
書いててわかったけど自律神経系ですねコレ。

きっかけはそういう些細な不調なんです。
しかし、理由が些細であるからこそ、間が空くと更新しづらくなる。これがトラップ。

Twitterの人らが特につぶやくことがない時に「にゃーん」とか言うような姿勢を、我々ブログ勢も見習うべきですね。

にゃーん



はくしゅへんじ。

> 何成って、そりゃフタナ・・・(文章はここで途切れている)

くっ、くそっ、だれうま! その発想は、その発想はなかった!
負けたよ……お前がナンバーワンだ……


> ちっさいひょうたんかわいい! 最近緻密なミニチュアもありますが天然ものは格別ですわ……

木彫りのミニひょうたんもいいけど、なんか違うんだよね。
ミニチュアはひょうたんの似姿ではあるがひょうたんではない……悲しき偶像なのだ。


> 捏造でなく本当に過去記事にありますよー
乳の絵も記憶にあります


> 捏造?…あれ?え~と…私の記憶違いですか?それとも解釈が間違っていましたか?乳の絵だったら「乙π」でこのブログ内をレッツ検索ぅ!

やれやれ、そういう捏造は引き際が肝心……えっ、ちょっ、なんで複数人の証言が……?
http://para.blog14.fc2.com/blog-entry-1375.html
うわあああああマジだったあああああ!!!
き、記憶にございません! 秘書がやったことですー!
(本気で忘れてた)


> ひょうたん館まだやってるじゃないですかー

館じゃないもん!
RPG館ですー! RPGやってないね! ガッデム!


> にゃ~

にゃーん

雑記 ] 2017/09/09(Sat)
絵に限らず、練習というもので最も辛いポイントは、行動そのものよりも、自分の技術の低さに向き合うことだと思う。

認知の歪みに苦しめられた経験のある人ならお分かりいただけると思うんですが、マイナス面にフォーカスされた視界に人間の精神は長くは耐えられないものです。
絵が描けないぐらいで死にはしませんが、自分は無力で無価値だという方向にいったん思考が傾くとどんどんそれを強化するものばかり浮かんでくるもので。死にます。

物事には良い面と悪い面があるというのに悪い面だけを探し出して自己批判をするのは死に至る病。
だというのに、意図的に悪い面を掘り出して向き合おうっていうんですから、なんともえげつない行為ですね、練習ってのは。

丸を描き続けると絵が上手くなるとかいう、都市伝説というかまあなんというかアレなアレあるじゃないですか。
あれを真面目にやる人がいるのは、あれが「行動」だけで済むからだと思うんですよ。
少なくとも自分の技術の低さには向き合わなくていい。技術の低さを感じはするでしょうけど、ただ自覚があることと向き合うことは全く違うもので。

丸描き教の信者は、きっと向き合うことに疲れた人なんだろうな、と。
あれは練習じゃなくて祈りですよ。無力感にうちひしがれてもう前に進む気力すら残っていないとき、人はただ祈ることしかできないんですよ。
斜め向きの輪郭線を手癖でいっぱい描いて練習した気分になってた頃に戻りたい。いや、べつに戻りたくはないけど。



はくしゅへんじ。

> >10年後ぐらいに~ ということで10年前の記事を見てみました。 2007年9月、どれどれ・・・毎日更新・・・だと・・・?おまけに記事が休みの日すら休み報告の記事・・・ウワァァァ!

ウワァァァ! あの頃は寿命削ってやってたなー。
10年ぐらい経って最大HPを見てようやく悪魔に魂を売っていたことに気付くんやで。具体的に言うと睡眠時間を削るとか。
若さゆえの愚かさよ。だがそれは本当に愚かだと言えるだろうか。それほどまでにやりたい事があった、それは幸せだったのではないか。
10年前の自分が今の自分を見ればこう言うだろう。「愚かって言うほうが愚かなんですー!」と。

雑記 ] 2017/09/04(Mon)
> パラ犬さん!キノコ図鑑もいいですよキノコ図鑑!なんか無駄にファンタジー感あるし

キノコいいよねキノコ。めるひぇーん。

そんじゃあちょっくら秘蔵のキノココレクションでも披露しちゃいましょうかね!
べつに秘蔵ってほどでもない。うん、なんかノリで秘蔵とか言っちゃった。



ドイツの古いキノコ図鑑。
東欧のヴィンテージ雑貨を扱ってるお店で購入。

古い図鑑ってのはいいもんです。うっすら端っこがヤケてるところとか。
そんでもってカラーページの紙がいいんですよこれ。ざらっとして繊維とかちょっと混入してて。
今だとカラーページって真っ白なつるつるの紙使うじゃないですか。

図鑑は写真タイプより絵のやつが好き。
この本の絵のタッチがなんともいい感じでねー。
本文? ドイツ語なので読めません!



毒があるやつには†みたいなマークがついてます。
みんなだいすきベニテングダケさん。



特にヤバいやつは††。死ぬ系のやつ。
ドクツルタケ。通称、破壊の天使。ヤバい。名前ヤバい。
ひと昔前の厨二ネームっぽく書くと「†破壊の天使†」。ヤバい。
10年後ぐらいに黒歴史を思い出してウワァァァってなって死ぬ。

キノコいいよねキノコ。



はくしゅへんじは続くよどこまでも。

> 巡り巡って「なんかそれっぽい形の木」こそが描きたい品種だったりしません?針葉樹林とか大枠はあっても、品種はあえて特定しない木というか・・・。そう、背景に溶け込んでる木のモブみたいな!

それな! ほんそれ。木のモブとは上手いこと言う。
あくまで背景であり主役以上の存在感を出してはいけない!
結局のところ品種にこだわるのも、掘り下げると、明らかに変な種類のが生えてると目立ってしまうから、という理由に行きつくんだよね。


> 木萌えといえばジブリ背景…!

ジブリの森と聞いてトトロの森を思い浮かべるかもののけ姫の森を思い浮かべるかで世代がわかるぞ!(トトロ派です)
千と千尋は一つのシーンにすべての季節の花が咲いていることで神々の世界を表現してるってばっちゃがゆってた。


> 3DCGで樹を描こうとして挫折した。メタルギアソリッド3すげぇ。木も草もあるよ~。

やったわー、背景描けないから3DCGでやろうとして挫折したわー。同志よ。
最近のゲームの3Dはすごいよねーと思ったら3かよ! プレステ2やないかい!
この時代のゲームらしく板ポリをアルファチャンネルで抜いて葉っぱ作ってる……やったわー、この作り方やったわー。

雑記 ] 2017/08/30(Wed)
背景といえば木。やっぱ木を描くのは必須ですよ。

んで、「よっしゃ、練習するぞー」と、資料を探していて、ふと思ったわけです。

なんの木を描こうとしてるんだ? と。

木の描き方講座って、いっぱいあるじゃないですか。
でも、そこで描かれている「木」って、何の木なんだろう?
我々が木と呼んでいるものは何なんだろう。

木っていろんな樹形、いろんな樹皮がありますよね。

資料を探すとき、「んー、この形は描きたいものと違うなー」って感じでハネていくじゃないですか。
頭の中にある「理想の木」と照らし合わせながら選んでいくわけですけど、その「理想の木」は何なんだ、と。

ちょっと表現が抽象的すぎてわかりにくいですね。えーっと……
木に限らず、何を描くのにもあてはまる話なんですが。

犬のイラストは、猫のイラストより難しい。
これは「犬」を描こうとしたことがある人にはわかってもらえると思うんですが――
犬って犬種によって外見がかなり違うじゃないですか。描こうとして初めて気づくんですよ。「犬って、何犬?」って。
耳が尖ってるのか垂れてるのか、マズルが長いのか短いのか。
猫はいろんな種類がいるものの、大枠はわりと似てるのでイラスト化しやすいです。
どうでもいいけど「描」と「猫」ってまぎらわしいですね。

恐ろしいものです。
いざ描こうとするまで、自分が何を描こうとしているかわかっていない事すらわかっていなかったなんて。

「なんかそれっぽい形の木」という曖昧なイメージは、漫画を描くときには危険ですね。
それが何の木なのか把握せずに「木」と記号化してしまうと、本来その木がどこに生えるか、とかの情報が欠落してしまう。
極寒の地に常緑広葉樹が生えてたらおかしいですやん。

そんなことを考えていたら一日が終わってしまったわけです。
樹木図鑑って、読みだすと止まらないね!
木の練習? うん、してない!



はくしゅへんじ。

> ありがとうございますありがとうございます!

 _, ,_ ∩))
( ゚A゚)彡   この変態め!!
  ((⊂彡☆∩  _, ,_
   ⊂(⌒⌒(;゚Д゚)
      `ヽ_つ ⊂ノ

雑記 ] 2017/08/27(Sun)
残暑厳しき折、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

くそ暑い。
冷房ついてる間は寒くて、温度調節のために切れたとき暑い。
夏バテの見本みたいな夏バテになっております。寝ても回復しない!

HPが減るとMPも減るのが問題で。
MPってなかなか回復しないんですよね。
癒しが欲しい。

そんな夏の日。ほんのちょっぴり、一滴の水のような癒し技を編み出したので、皆様のMP回復の助けになればとご紹介いたします。

.:*゚..:。:. 夏にピッタリ☆MP回復メニュー .:*゚:.。:.

【用意するもの】
わらびもち

スーパーで売ってる安いやつでいいです。わらび粉使ってないやつ。
夏にわらびもち。まあ、これだけだと普通ですね。

ポイントはここからです。
このわらびもちを、素手でつまんで食べる!
なんとなくやってみたかった……そう、出来心でした……

そこにあったのは、未知の感触。
プルンプルンとした、えーっと、なんだろう、モンテスキューって感じの感触!
語彙力がマジヤバいですが、夏のせいです。わたしは元気です。

普段、触覚って視覚や聴覚に比べてわりと軽視されることが多いんですよね。
ですがそこに原初のエネルギーを呼び覚ます何かがあるのです。
何言ってるのかよくわかりませんが夏のせいです。

そして、感触に加えて、行儀の悪さという背徳感。
どうですか、わらびもちを素手でつまむなんて行儀の悪いことができますか?(※個人差があります)できないからこそやるのです!

そう、背徳感ですよ。
世に出回っている癒し系グッズというものには、これが欠けているのです!

癒しという単語に微妙な落ちつかなさを感じる人、いるでしょう。わたしです。
癒し系魔法でダメージを受けるタイプ。
そんな属性持ちは、闇属性で回復するのだよ!

しかし背徳的なら何でもいいというわけでもなく。
たとえば「あれやらないと……早めにやっとかないと……」みたいなことを思いつつ寝てしまうとかだと、回復しないどころかMPが減るんですよね。
「明日になればやる気が出るはず」で、翌朝やりたくなったためしがない。

闇の力を人が制御することは難しい。
我々のような弱き存在は、わらびもちぐらいの背徳感がちょうどいいのです。

というわけで、みんなも試してみてね! 背徳的だよ!
(※効果には個人差があります)



はくしゅへんじ。

> 技法書や講座によっては「パースをきっちり考えすぎても不自然な背景になる」とか書いてあったりして難しいですよね。個人的なとっかかりとしては「パース!マンガでわかる遠近法」という本がよかったです

書いてあったなあ。写真でもレンズの歪みがあるからきっちりしてるわけじゃないとか。ムツカシイヨー。
そ、その本は、昔、難しそうなので手を出さなかったやつ! 今なら理解できるかもと思ってポチったったぜー。
ちゃんと読んだら、けっこう基本的なことから書かれてた! 読める!読めるぞー!


> いっそ最初のうちは京都のストリートビューとかでパース練習してもいいかもしれない

よろしおすなあ。今度描かしてもらいます。
(訳:ストリートビューの画質でお手本とか無茶振りすぎるわ! 描けるか!)


> 5時間……! 早々に投げ出して背景の描けないままの自分をひっぱたいてください!

自分もさ……もう投げ出したいさ……背景描けないままさ……
 _, ,_ ∩))
( ゚A゚)彡   ひっぱたくけどな!!
  ((⊂彡☆∩  _, ,_
   ⊂(⌒⌒(;゚Д゚)
      `ヽ_つ ⊂ノ

雑記 ] 2017/08/11(Fri)
背景が描けん!(まだ言ってる)

パース方面から攻めるのが間違ってるのか、それとももっと別の問題なのか。

好きな漫画を参考にするのも一つの手ってのはよく聞きますね。

好きな背景の漫画……

好きな「絵柄」の漫画だったら、これを参考にするってのはわかりやすい話で。
好みってのは傾向なわけですから、目指す絵柄も多かれ少なかれそっちに向いてると思うんです。
実際に真似して練習するかどうかは別として。(自分は逆に似ないように意識してしまうタイプ)

しかし、背景が好きな漫画となると、ほぼイコールで「背景がすごい」漫画になるんですよね。つまり真似できない。
背景の話でよく挙がるのはAKIRAとかですね。真似できない。

自分の好きな背景の漫画を挙げると、『ハクメイとミコチ』とか。
絵の細かさはもちろん、魅力的なのは世界観の作り込み。
身長9cmの小人の生活がしっかり描かれてるっていうのがよいんですよ。動物に乗せてもらったりとか。
自分、あんまりこういうほのぼの日常系の漫画には手を出さないんですけど、世界観に惹かれてしまった。

今、ふと思った。
画力以前に、自分には世界をイメージする力がそもそも足りてないのかもしれない。
背景のない漫画が成立してしまう時点で何か問題があるのかも。
うわあ、どんどん問題点が浮き彫りに。

ファンタジーというジャンルの魅力は、その作品独自の世界がいかに描かれているか。
記号化されたゴブリンとかを求めてるわけじゃないんですよ。



ところでハクミコがアニメ化決定だそうで。
なんというか、正気か?って思いましたね。背景的な意味で。
激しい動きがなくてのんびり世界観を楽しむタイプの作品だからアニメ向きではあるんだろうけど。

本日の余談。
ハクミコのミニ絵本とダンジョン飯の手ぬぐい応募券が欲しくて今月号のハルタを買ったら、度し難い厚さで置き場所に困るの巻。
(一緒に置いてあるダン飯は200ページ)


ハクミコのアニメ設定画(線画)が載ってました。
ハクメイがちゃんと女の子に見える。



はくしゅへんじ。

> エっちゃんのジト目がたまらん

ドMめ!
なんか下描きでは特に表情つけなかったのに、ペン入れしたら妙に軽蔑した目付きになった不思議。
こういうたまたまできる線って面白い。


> ほんとだMVウインドウの大きさ変わる…でもこれでいいんじゃないかなとも思う。ゲーム実況とか動画化とか考えたらその時点でドットバイドットでの表示は無理があるし、プレイする側がそれでいいならいいのかも。
拡大表示でもアンチエイリアスとか補正とかかからないようにしてほしい。twitterでもGIFボケるのがほんと悲しい


あー、動画化とかあるのか。たしかにプレイ側が画質が犠牲になるとわかった上でサイズを選んだのなら仕方ないか。
ドット絵はきっちりした倍率で拡大表示して観賞するのも醍醐味なのにねぇ、勝手にボケるとかてめぇがボケとんのかボケェって感じだわ。
ドット絵基準で考えると、ツクール2000の倍角表示は偉大だったなあ。


> バラがないと急に露出度高く見える不思議

そんな気はしてた。
ほ、ほら、夏だから! 暑いからしかたないよね!(えっちゃんコート着てるけど)