ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2017/06/13(Tue)
市販のメモ帳の罫線の幅はどうも広すぎると、常々思ってたんですよ。

走り書きって字ぃ小さくなるじゃないですか。行間広いと書きにくい。
B5ノートはある程度の行間があっていいんですが、メモ用途の小さめノートがそれと同じ行間なのはどうも使いにくいと感じるわけです。
あと、手のひらサイズのミニノートあるじゃないですか。ミニチュアなのに罫線の幅が変わらないって、見た目的にもバランス悪いと思いませんか。

ノートの罫線の幅は、A罫7mm、B罫6mm。
B罫でもまだ広いと感じるわけです。5mmでいいと思うんです。
しかし、C罫なんて、ほとんど売ってないわけで。
取り扱ってるのは、キャンパスノートぐらいしかないのが現状で。

そりゃあ、5mm方眼があるから罫線タイプをわざわざ用意する必要がないのはわかりますよ。
でもノートといえば罫線でしょ!
たとえ方眼のほうが便利だとしても、ノートらしさってのは大事でしょ!

というわけで、ないなら作ってしまえのコーナー!

たとえそれが、ほんの1mmの違いだとしても……
覚えておきたまえ……何かを作る人間は、この世界に満足できない人間だ……
何か作ってる系の人間にめんどくさい性格の輩が多いのは、まあ、そういうことでしょうね。

用意したのは無地のダブルリングノートB6サイズ。無印良品。
無地と無印まぎらわしい。おのれ無印。
こいつに罫線を印刷してしまおうって寸法です。



まずは分解。
素手で分解してもいいんですが、なんか専用のツールを見つけたので試しに使ってみます。



リムーバーとやらでゴリーッと金具を開いて。



ページを取り外して。
適当にペイントツールで線を引いたものを印刷して。
手で金具の形を戻して完成だコノヤロー!



B6サイズで5mm罫なので、ちょうどB5サイズの7mm罫を70%縮小したような感じになりました。

今回は普通の罫線ですけど、アイデア次第でいろんなネタ帳作れそうですね。
たとえば四コマ漫画の枠とか……と思ってたら、無印に売ってたわ。作る必要なかったわ。おのれ無印。



ところで無印のノートってば、商品シール剥がすと糊の跡が残るの、あれ何とかならないもんでしょうかね。
消しゴムでは取れないし、テープでぺたぺたやると紙が毛羽立つし。
あと、シールがないとどっちが上かわからなくなるという微妙なトラップ。まあ、表紙が無地だからそうなりますわな。
剥がさないのが正解なんでしょうかアレは。



シール跡隠しってことでマステでデコったった。



はくしゅへんじ。

> また10年後に掘り返すに一票
あ、違うか10年前に5年前の記事を掘り起こしてるから次は15年後か。15年後に一票でオナシャス


15年後にこのサイトが生きてるかどうか……
いやしかし、10年前の自分に「10年後に掘り返す」って言っても「10年後にこの(略)」って言ってただろうな……
しかし15年後って、ここ、何館になってるんだ。


> RPG館が本館で ひょうたん館とかが別館ってことだと

ねぇよ! ひょうたん館ねぇよ!


> 過去の自分を晒す自分を晒すことで間接的に晒していく

晒すのやめてください! という晒し行為。
そうやって人は罪を重ねていく……愚かな生き物だ。

雑記 ] 2017/06/06(Tue)
ツクラー同士で集まって雑談してたんですが、そこでふとしたことで、各自のサイトの過去を語り合う流れになりました。

掘り出される思い出、そして黒歴史。サイト持ちというものは皆、業を抱えているものです。

というわけで今日は、昔の話をしましょうか――

「RPG館」と名前がついていることからなんとなく察せると思いますが、かつてはParaSite2D6の「本館」がありました。

RPG館のブログは最古の記事が2005年なんですが、それより前から本館の日記というものがありまして。
本館の日記からRPG制作関係の記事を分けたのがRPG館のブログということになりますね。

で、本館には何を置いていたかというと。
それがさっぱり覚えていない。

一応、小説サイトだったはずなんですが……
ひょっとしたら日記以外はスカスカだったのかもしれません。
同人誌から再録した小説ぐらいはあったと思うんですが、せいぜい短編が2、3本のはず。
その状態でなぜRPGを別館にしようと思ったのか。

本館はもともと、高校時代の生物部の仲間同士で、卒業後になかなか会えないもんだから「各自ホームページ作って日記書こう」みたいなノリでできたような記憶があります。
たぶん、内輪ネタだらけの日記だったから、全世界に公開しても大丈夫なものだけ分離したのでしょう。

十五年前の内輪ネタ日記……
もう、字面だけでヤバい香りがプンプンします。
十五年前って何なんでしょう。自分、今、十五歳ぐらいの感覚なんですが。0歳児の頃の話でしょうか。
この世のほとんどの人は、自分が十五歳ぐらいだと思ってるんじゃないでしょうか。知らんけど。

二つのサイトとなると片方は放置されるのが世の常でして。
本館は、いつの間にか借りていたサーバーがなくなっていて、この世から消滅しました。
広告の少ない無料サーバーってのはそういうもんですね。
バックアップがあったとしても、なにぶんあの頃はMOに記録していたので、もう読むことができません。
記録媒体の寿命が長いのが売りだっのに、流行の寿命が短いじゃねぇかこの野郎!

まあこれで永遠に闇に葬られたのなら、それでいいのです。
黒歴史は闇に、塵は塵に還るのです。
いやー残念残念、読めないのならしかたないなー。
めでたしめでたし。

……と、思っていたら。
今日の日記のために関連資料を探っていたら。

その過去の自分を、過去の自分が晒しているのを発見してしまいました。
何さらしてくれとんじゃこいつ!

2007年に記された、2002年の記録。

なにが「それがちょっとやそっとの昔じゃない。五年前。超昔。」だよ! おまえなんか今から見れば十年前だろうが!
過去の自分を未熟だと称することで自分は成熟してますアピールするのやめてください!
そして十年経っても大して変わってない! 今ここでやってることは、何ら変わってない!
なにこれ無間地獄なの? 怖い!

過去はいつだって、思わぬところから我々の傍に忍び寄り、心臓を貫きに来るのです……



はくしゅへんじ。

> 届け!太古の想い!〇〇〇〇!!←お好きな術、技の名前をどうぞ(詠唱っぽかったので)
そして太古でもあながち間違ってないっていう


(言えない、素で太古の想いって読んでたなんて言えない)
ニ、ニホンゴムツカシイネー。
届け!太古の想い!ニホンゴムツカシイネー!!←とりあえず入れてみた

> ロマンを口から補給する

ロマンを口からであり口マンをロからでありロ口ロロロロ(←間違い探し)


> He,He....Hexション!!!

ヘクすのやめい!(ヘクす:Hexを使ってボケること)

雑記 ] 2017/05/29(Mon)
はい、また蜂の巣ネタですよー。
虫系のネタは需要がない? 知らん!

蜂の巣を食べると、蜜蝋が口の中に残るのが難点でした。
調べたところ、蜜蝋は温めると溶けていいらしいとのこと。なるほど蝋ですからね。
ところで蜜蝋と鉄郎って似てますね。あとメイプルとメーテルも似てますね。

そんなわけで、クロワッサンに切り込みを入れて温めて、巣をインしてみました。
温めた後でインするのがポイント。
ハチミツは加熱すると香りが飛んじゃいますから。

軽く冷ましてクロワッサンの表面がパリッとするのを待って、実・食。

こ、これは……
理想のハチミツパン!

温めたパンにハチミツを塗ると、どうしても染み出てきてしまうじゃないですか。
クロワッサンなんてダダ漏れですよ。
それが、巣があることでほどよくホールドされて、噛んだときに中から蜜がジュワッと出てくるんです。
このジュワッがね、とてもいいんですよ。パンといえばジュワッですよ。
濃厚なハチミツがクロワッサンに含まれるバターと合わさり魔性の食べ物と化す……!

 結論:やっぱり巣の部分いる

蜜蝋が口の中に残るアレは、パンと一緒に食べれば普通に喉を通るので問題なかったです。
そのまま食べたってのが失敗だった模様。



はくしゅへんじ。

> クリスタって3Dを読み込んで漫画作れたような。今こそパラさんのスキルが火を噴くとき……!

昔のデータ残ってないYO……
最近はクオリティの高い3Dが多いからモデルデータを簡単に作れるようになってるのかと思って公式見たら、作り方は昔と全く変わってなかった件。
メタセコと六角大王っていつのまにセルシスに版権移ってたんだ。絶好調だなクリスタの会社。



| 。
|00000000000000000000 /000000。
|0000000000000000/⌒丶/
|0000000000000 / 冫、)
| - ⌒ ^000`000/
|000000\00000000000/
|/00000000~000/
|/000000000000000) 
|000”00000000000/
|000000000000//000000_|\○_オネガイシマァァァァァス!!(todoketaikonoomoi)


ずれまくっとるやんけ!!!!!!
想いだけじゃどうにもならない事も……ある!


> Hex is ロマン

ボードゲームも、四角いマスよりヘクスマップのほうがかっこいいと思う。
かっこいいからといって遊びやすいとは限らないけど。
ロマンとは、眺めるだけでいいのさ……(←戦略SLG苦手

雑記 ] 2017/05/24(Wed)
やあ。最近ロマン、足りてる?

スーパーで蜂の巣が売られていたので買ってきました。



巣です。おもいっきり巣です。まじ六角形。
成城石井で1392円。べつに季節限定商品という感じでもなく、普通にハチミツのコーナーに並んでました。



「蜜蜂の巣は食べられる」。
それを知った子供の頃の私は当然のごとく思ったものです。食べてみたいと。
蜂さんが作った巣をグッシャア!して、手づかみでムッシャア!ですよ。
これをロマンと呼ばずして何と呼ぶのでしょうか。

まあ、さすがに手づかみはアレなので、スプーンでサクッと。

201705232s.jpg

実・食。

うん、ハチミツ!
濃厚でありながらえぐみがなくさっぱりとした後味の、うん、ハチミツ。高いハチミツの味。
そりゃ、ハチミツだからね!

美味しいですよ。だが、味のコメントを私に求められても、無理!
じゃあなぜ食べ物をネタにしたって感じですが、これは蜂の巣がロマンなのであって、うん、書けば書くほど食レポから離れていくね!

味はハチミツだとわかっていながら、それでも手を出さずにはいられない。
それがロマンってやつだろうよォ……

美味しいけど、蜜蝋が口の中に残ります。モソモソしてます。

 結論:巣の部分べつにいらない

いいの! こういうのはロマンなんだから!



はくしゅへんじ。

> 今日を中心にチェスのナイトの移動先なんで、タイムリープして3日と13日も更新してください()

もうなんでもありだな!
過去に干渉するんじゃない! 世界が滅亡するぞ!


> RPGツクールを買えばRPGが作れる。そう考えていた時代もありました。そう、環境を整えるだけで満足民です…作るよ…作る。うん

う……うわ……うわああああ!!
RPGツクールを買えばRPGが作れる……作れるはずだったんだ……
うわああああ……


> グロ注意画像見てマリオのアッフンを思い出した

きが くるっとる
デザイナーは何を思ってあんな顔にしたんだ……


> ペン入れ難しいですよね。自分は漫画家の森薫さんのペン入れ動画見てから、線画を描くのが少し楽になりました。線1本描くのに1回で描ききらなくていいんだって、当時は目からウロコでした。

ペン入れ動画!そういうのもあるのか! さっそく見てきた!
すっごい重ねてた! 思った以上に重ねてた! ペンってこんな線の引き方していいんだ!
なんか一本で引かなきゃいけないって思い込みに囚われすぎてたよ。
ただクリスタでこういう線の引き方をすると、補正ツールが完全に役に立たなくなるのが問題……


> ボツのやつ、バランスはバランスでも顔パーツの配置バランスがちがうのかな

まず輪郭が円の時点でどうにもならないんじゃないかな……あと眉毛ないし……
ふと思ったんだけど、福笑いって顔のパーツの配置がおかしくなるのを笑う遊びじゃん?でもあれ、完璧に配置しても美人になったりしなくね? 罠じゃね?


> アニメ化か~。次はフィギュアor可動フィギュア発売で…、製品と先生の作品が勝負する日が来る!

ねんどろいど→figmaの順だな!
そしてその後にスケールフィギュアの企画が出て……原画の立体感の破綻っぷりに原型師さんが苦しむことになる! 勝った!

雑記 ] 2017/04/30(Sun)
見た目につられて買ってしまった品。



蛙田捕太郎さん、コバエ取りです。
コバエいないのに。
この見た目、ずるくないですか。こんなんお持ち帰りしてまうやろ!

たしかガチャにもこんな感じの座ってるカエルがあった気がしますが、フィギュアじゃない商品にくっついてるというのがロマンなのです。
※ 当サイトにおける「ガチャ」は基本的にカプセルトイのガチャであり、ソシャゲのガチャではありません
※ 「ガチャポン」はタカラトミー、「ガシャポン」はバンダイにより商標登録されています(豆知識)




どうですか、このたたずまい。すばらしいと思いませんか。

あと、これは個人的にとても重要なことなんですが。
「カエルは取り外し可能か否か」。重要ですねここは。



可能です。
接着等はされていません。



この腹のプヨり具合が非常によろしい。
これ作った人はわかってるねー。

さて。
問題はコバエがいないことですが、どうすっぺ。

せっかくなので虫を捕らせようと思ったわけですが……
ほら、やるでしょう、食虫植物に虫をつっこんだりルンバに餌をやったり。

わりと守備範囲狭いんですよ、これ。
ショウジョウバエオンリー。「チョウバエ、キノコバエ、ノミバエなど種類によっては誘引されない場合があります」って。



コバエの中でも効きづらい種類があるって、商品としてはわりと痛手ですね。
普通はコバエの種類ってあんまり気にしないと思うんですよ。
効果をレビューしたサイトがありましたが、写真に写ってたのはキノコバエだったぐらいですし。

自分の周りでショウジョウバエってあんま見かけないんですよ。
見かけたら無駄に観察しますよ。目の色が赤か白かチェックしますよ。メンデルの法則。
そろそろ虫の話についてこれない人がいそうですが気にしません。
うそごめんちょっと気にする。

たまに見かけるのはチョウバエ。なんかハエと蛾を混ぜたみたいな見た目してるやつ。
小さい頃に「こんな小さな蛾、図鑑に載ってない! 新種だ!」と思ったもんです。ぬか喜びさせやがってハエじゃねぇかコノヤロー。しかもわりと普通にいる。

なんか虫の記事が続いているので、虫好きみたいな感じですが、別にそうでもないです。
ほら、虫っていろんなのがいるから、ひとまとめにできないし。
そういう意味で、好き度ランキングは人間と同列ですね。虫ケラ共め。



はくしゅへんじ。

> 次の更新は30日か(強い正の相関関係)

そんなんじゃないしー! 全然そんなんじゃないしー!
……あれ?


> (なに書こうとしたか忘れた)

なぜ送った貴様ァァァァ!!


> ソビエトロシアではDVDがあなたを監視する!

くっそ、素で上手いと思ってしまったせいで返しが思いつかない。
君が持っている二頭の牛を没収してやろうか!


> クレティアがビンタで尋問してる絵が見たーい!!><

ねぇよ!


> 登場人物ほぼ全ての人生を語れるせいで本編がどうしようもなくつまらないのをどうにもできない地獄。

作者と読者の知識が違いすぎて面白さを語りづらいってのはあるね。
違うんだこいつが萌え要素を発揮するのは本編にないシチュエーションでー、みたいな。

雑記 ] 2017/04/24(Mon)
「DVDミレル」という名前のDVDドライブを見かけましてね。
DVDミレルて。なんというRPGツクール感。

動詞をそのままつけちゃうネーミングって、地味にすごいと思いませんか。
用途がすぐにわかるっていう。
ドラえもんの道具っぽい。あと、小林製薬。

RPGツクールって、RPGを作れるソフトです!って、見ただけでわかるじゃないですか。
それでいて語呂がいい。語呂の良さ、大事。

「○○できる」といえば、「ら抜き言葉」って最近あまり問題に上がりませんね。
「見れる」も本来は「見られる」が正しいわけですが。
「DVDミレル」が「DVDミラレール」だと、ちょっと冗長ですし、まるでDVDに見られているようです。
我々がDVDを見るとき、DVDもまたこちらを見ているのだ。

わかりやすさとオリジナリティが大事というのは、作品のタイトルにも言えることで。
そういうタイトルをつけたいなあ、と、常々思うわけです。

ラノベにありがちな「○○が××した件」系のタイトルも、萌え属性がわかりやすいという点では機能的なんですよね。
二番煎じが出る前にこれ系のタイトルをつけた人はすごいと思います。タイトルの概念を破ってますよ。
もっとも、最初につけられたものとなると、VIPとか江戸時代の絵巻物とか、とにかく古いものを探すゲームになってしまって何がなんだかわからなくなってしまうのがオチですが。

結局何が言いたいかというと、RPGツクールというネーミングは、やはり天才的だと思います。



はくしゅへんじ。

> 虫にこんなに接写できるなんて…よく逃げられちゃうんですけどコツとかあるんですか
(言えない、最初、武士に拙者、って打ち間違えたなんて。どこの武士だよ


拙者、蚊を殺気を放たずに指先で潰す技を持っているでござるが、風を起こさなければ虫は案外捕まえやすいでござる。
今回は単純に、間に窓ガラスがあっただけでござるよ。
あとトリミングしているから実はそれほど接写でもなかったりするでござる。


> 小説が書かれないという流れがある意味すでに物語というか

何かが生まれ、死んでゆくことは、一つの物語。
見よ、我々はひとつの大きな物語に立ち会っているのだ。
没を悲しむことなかれ。書かれなかった作品は、存在したこと自体が物語なのだ。

雑記 ] 2017/04/18(Tue)
休日のできごと。
唸るような羽音と窓に何かが断続的にぶつかる物音に目を覚ますと、ガラス戸と網戸の隙間にこいつがいました。

201704181s.jpg

ニホンミツバチですよ! レア! 実物はたぶん初めて見ました。
よく見かけるセイヨウミツバチと比べると明らかに小さいです。
写真では区別がつきにくい二種ですが、肉眼で見るとはっきりと違う種類だとわかる感じです。

それにしても、ミツバチってアップで見ると面白い造形してますね。

まずモフモフ。虫のくせにモフい。
花の蜜を吸う虫はだいたいモフいですが、ミツバチのモフっぷりは群を抜いています。
これもうケモノに分類してもよいのではないでしょうか。よくないです。

あと脚。前脚は隠れてるから中脚。なんなのこの幾何学的なギザギザ。
くっそ細い。こんなんフィギュアだったら一発で折れる。

ミツバチに限らず、自然物って細かいところの造形がすごいですよね。
萌えは細部に宿る。



はくしゅへんじ。

> 4面ダイスは転がらないですね。逆に。

転がらないね。ちょっと尖りすぎじゃないですか四面体。
そもそも4面ダイスっていつ使うんだろう。
必要だから買うって類のアイテムじゃないよねアレ。買ったけど!
わざわざ用意しなくても、普通の6面で5と6が出たら振り直したほうが早い件。


> 犬先生の作品を尊敬してます。特に好きなのはブレイブクエストです。応援してます。大樹期待大。
昔風RPG好きなので自作可能と思い、ツクールXP買いました。でも作れなかたです。どしたら作れますか?RPG作成講座がDOT絵講座の横に鎮座する時を待つ。RPG館に期待なり。


応援ありがとう。
どう見てもツクール歴長い発言であり講座いらない系だな貴様ァ!


> 更新が1日→5日(4日後)→13日(8日後)ってなってるから、次は25日(12日後)か29日(16日後)かな。。。

どんな法則やねん!
日記の更新関数f(x)の式を求めるんじゃない!


> いつも「軽く短編でも書こう」というところから設定の作り込みをしているうちに完成しない人間ですが、最近遂に明確な没を経験しました。すっきりしますね! 癖になりそうです!
でも作り込んでいる方は「いつか完成させるつもりだから……」とずるずる続けてしまうんですよね。主人公の人生を語れるのに一切外に出せるものがない……つらい!


隅々まで同意。やったー仲間だー!
重荷が負担だから軽いものを新たに作ろうとしたのに、実際は重さがプラスされる繰り返しっていう。
そうやって積み重なった重みは、他の事をやろうとするたびに存在感を主張して邪魔をするんだ。
そして長引けば長引くほど追加される「こんなに時間かかったんだからいいものにしなきゃ」という気持ち!
愛がなくなったから捨てたんじゃないんだ。抱えきれないから没にしたんだ。
この世のあらゆる作品において、完成を最も望んでいるのは他の誰でもない作者自身だというのに! つらい!

雑記 ] 2017/04/05(Wed)
~エイプリルフールあるある~
4月までには公開してるだろうと思ってネタにしたのに、元ネタが完成しなかった。

201704022.png

ここ数年のエイプリネタは、もはや「やることに意義がある」レベルの苦し紛れだったので、今年は気合い入れました。
気合いを入れたら変な方向に行ってしまうのはいつものことです。
ワタシハゲンキデス。

以下、裏話。

■××をぬすんだカエルの話

4月までには完成してるだろうと(以下略)

なんというか、いろいろひどいですね!

警告なしでページを開いてもセーフでありつつ、パッと見てエロ同人ってわかるギリギリのラインを攻めたつもり。
カエルはけしからんですね。

同人誌の成年向マークって、決まったデザインはないんですよね。とりあえずそれっぽく作りました。
黄色いロゴを入れたら一気にエロ漫画っぽくなった不思議。
成年向マークの存在が僕らの遺伝子に刷り込まれているんでしょうか。

サンプルページは、エイプリルフールらしく!
わずかでも期待しながらリンクをクリックしてくれてたら嬉しい。残念だったな。

ちなみに「××」は「チョメチョメ」と読みます。だからどうした。


■正ねじれ双五角錐のパラダイム

正ねじれ双五角錐って何ぞ?って感じですが、こういう形です。

201704021.jpg

10面ダイス。ふたつ振って片方を10の位として、1から100の乱数を出します。
100面体のダイスも売っていますが、ほぼ球体なので机から転がり落ちて探し回る羽目になる難儀なやつです。

そんなわけで100面=100本収録となったわけですが。
ショートショート100本なんて書けるか!

小説本の値段設定って難しくないですか。
創作ジャンルで1000円超えって、有名サークルでもないと手を出しづらい気がする。
文庫サイズだと、どうしてもページ数が増えるので、印刷代がかさんでしまう。だからといってページ数が少ないと、文庫本の雰囲気が出ない。
多く刷らないと単価が高くなる、しかし小説本はなかなか売れない、という、厳しいジャンルです。

なんとか手に取りやすく、と、表紙をモノクロ印刷にしてコストを抑えたという設定。紙は雪色のレザック。
ここにトレーシングペーパーで半透明のブックカバーをつけてもいいかもしれない。
さらにオビを巻けるように下のほうを開けときました。

なんかここだけ熱く語ってるのは、文庫サイズの同人誌を作るのが同人時代の夢だったから!
そんな小説書きでございました。


■べすてぃフレンズ

同人誌といえば二次創作、ってことでやりました。突発的に。
ほら、けものいっぱいいるからさー。やりたくなったんだもん。

コピー代が110円かかるので100円で売ると赤字です。表紙をカラーになんてするから!
16pだと多くて、12pだと物足りない。12pって、表紙とトビラとあとがき抜いたら6pしかないもの。
さらに突発本ならフリートークのページが多くなる……愛ゆえに。

ジャンル混ぜ本という地雷なので、すぐに(全く売れなくて)無料配布になると思います。悲しい。


■缶バッジ

最近の同人グッズの定番のひとつと聞いたので。
これ聞いてなかったらグラデーション便箋とかにするところだったよ。あぶねー!


■聖なる夜のホーリーニート

クリスマスネタなのに12月に完成しない。それがホリナイ。

突発本のせいで落とした原稿……にするには、けもフレの放送開始が1月からなので、ちょっと辻褄が合わない。
いや、ネタなので辻褄とかどうでもいい気がしますが。
なので、冬コミには間に合わなかったけど3月の地方イベントで出そう! → 突発本たーのしー! → そうだ、らいねんの12がつにしよう! という流れだと思います。




はくしゅへんじ。

> 正ねじれ双五角錐のパラダイム1冊ください

それそれ選ぶか! しぶいとこ突いてきたな!
ショートショート100本なんて書けるか!


> やった―――!!!今年もエイプリルフールが来たぞーーー!!!

そこにある安心、エイプリルフール。
踊るフールに見るフール。同じフールなら踊るんだ! シャル・ウィ・ダンス!


> パラ犬生きとったんかワレエエエエ!俺は嬉しいぞおおおお!!!!

フハハ、死んだと思われていても、この日になればチェックに来ると思っていたぞ!


> (1ページの)漫画の完成おめでとうございます 次は小説ですね

理想ばかり高くてやる前から諦めていた自分が、まともに完成させたよ! ほんの1ページかもしれないけど、0が1になったよ!
小説は、(ある意味)方向性が(没方向に)決まったので次回の日記で詳しく書きますわ。

雑記 ] 2017/04/01(Sat)
4月です。新年度の始まりです。
長かった冬が終わり、植物たちは暗い土の中から目を覚まします。

そんな始まりの日。
今までコツコツ描き溜めてきた漫画をようやく形にすることができました!
それもこれも、陰ながら応援してくださった皆様のおかげです。

別館を作りました!

別館が別館に見えないときは、ブラウザのリロードボタンを押してね!

それでは、今年度もよろしくお願い致します。



ここからいつものはくしゅへんじ。

> 器用貧乏でもいろんなことに手を出すのはいいことだと思うんです

ですよねー。
器用貧乏になるからって理由で手を出したいものがあるのに出さないって、もはや何がしたいのかわからんね、これ。
器用貧乏って呼び方がマイナスイメージな感じでよくないんだ。
博愛精神って呼ぶのはどうよ。Love and peace...


> (twitterの件)

フォロー通知が来ても「すまねぇ、もう使ってないんだ」って申し訳ない気持ちになるんで、動いてないことがわかるようにログ消したったんよ。
でもアカウントはなんかもったいなくて消せない!
消してしまったら僕と君の繋がりまで消えてしまいそうだからさ――

雑記 ] 2017/02/19(Sun)
年度末進行ですゆえ、更新頻度はとくに上げない方針にするよー。

さて。困ったことに、余裕がないときほど何か新しい事をしたくなるわけで。
何もやる気が起きないよりはいい事なんだろうけど……
この一時の感情、やるべきかやらざるべきかというのが問題です。

たとえばですね。
マンガ描いてみたいなーと、漠然と思う。
しかし! マンガは修羅の道! いったい何年かかると思っているんだ!
「時間ができたらやる」では、たぶんやらない!
いつやるの、今でしょ! でも今やったら身動きがとれなくなる!

元々、いろんな物に手を出して沼を拡張するタイプのフレンズですゆえ。
無駄な知識などない……知識が偏ってたら壁に突き当たったときに詰むやん? 解決の糸口になるのってだいたい他方面の知識の応用やん?
ちしきってすごーい! たーのしー!

しかし、いろんなことをやりたくても、体はひとつしかありません。
何かをやるということは、他の何かをやらないと選択することなわけで。
趣味にゴールなどないのですから、やりかけで放置するものが増えていくことになるわけですよ。

お前は色んなことに手を付けるが、ひとつだってやり遂げられない……誰もお前を愛さない。
ひとつの事をコツコツと続けられる人ってすごいよね。ゲームを何年もかけて完成させられる人とか。
へーきへーき!フレンズによって得意なこと違うから!(涙目)

趣味に対する正しい姿勢って何なんでしょうね。
新しい事をやろうとすれば、途中で投げ出す奴だと脳内の声に責められ。
ひとつの事に執着すれば、世界が狭いと脳内の声に責められる。

ほどほどがいいっていうけれど、ほどほどの基準ってなんやねん!



はくしゅへんじー。

> 土曜が祝日でも月曜日が振替休日になる法律まだー

法律上は土曜が休日じゃないからねー。
ハッピーマンデー制度で祝日を月曜日にするのって、そんな事して何の意味があるんだって思ったけど、今はわかる。これなら土曜とかぶって残念な思いをしなくて済むからだ!


> 今3時なんですが、いつ更新してるんですか、もう(うれしい)

寝なさい! いや人の事あんま言えないけど!
草木も眠る丑三つ刻には人は眠るべきなんやで。
それ続けると睡眠不足で精神も肉体もやばくなることにもっと早く気付くべきだったと、体力がなくなってからつくづく思うわけで。
悪霊のしわざじゃ!


> マンガ……私も昔描いてました。5年ぐらい漫研所属だったのにネームの意味を卒業後に知ったり、絵が全く以って上達しなかったり。何もかもが懐かしい。

漫研所属! すげー! いかにも青春って感じ!
うちはクッソ厳しい学校で固い部活しかなかったから漫研とかはなかったんよね。
そのかわり生物部でスクリーントーン貼ったりTRPGしてたけど。
ネームかー。小説だって長く書いてる人でもシノプシスをプロットだと勘違いしてたりするからねー。


> 2017年、永い沈黙を破ってパラ犬先生が活動開始したかと思いきや、かの西瓜さんが新作出してて、まだ2月なのに多幸感ヤバい

そのちょっと前には永い沈黙を破って新作ツクールも出た……ってMVの発売から一年以上経ってたわー。ちょっとじゃなかったわー。
活動開始したといってもまだ目覚めたての魔王みたいなもんですからねー。力が足りぬ。むしろ寝ぼけてる。