ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2018年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2018年10月(4)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
絵の練習 ] 2018/10/16(Tue)
上手い絵ってなんなんだろうと、ここのところずっと考えています。

絵が上手くなりたいから練習をしている。
じゃあ、どうなったら「上手くなった」といえるのか。
「上手い」の定義が曖昧な時点で、それに到達したとみなすことなんて永遠にできないのでは。

明確な基準がないのなら、自分が満足できればそれでいい。ええ、それが正解でしょう。
しかし、断言できる。自分の性格上、満足することなど絶対にないと!

べつに神絵師を目指してるわけではなくて、ただ立体として破綻していない程度の絵でいいんです。
でも、破綻しないって、それは「立体として完璧」とイコールなんですよね。
完全無欠、すなわち神。

あれ? これって、無理ゲーでは……?



これだけではなんなので、絵の話も。

手のクロッキーをやってて思ったんですよ。
ちゃんと実物を見ながら描けば、手って思ったより難しくないのではと。(描けるとは言っていない)
少なくとも指のアタリ線から描き起こすよりは楽じゃんと。(描けるとは言っていない)

手という難問に対し、絵を描くときは左手をモデルにして指を短くすればいいというひとつの解答を得た気がしなくもない。
しかし、そこには新たな問題が。

指、だいたい深爪。



なんということでしょう。これではキャラたちが全員深爪という十字架を背負うことになってしまう。

人の子は神の似姿。
ああ、こんな神が支配する世界に生まれてしまったばっかりに。
この世界は残酷だ。

絵の練習 ] 2018/09/29(Sat)
やっぱ鉛筆画といえばこういうのだよね!というノリで描いたでござる。



えんぴつしてるぅ~。
シャーペンだとこういうタッチは難しいですから。

さて、デッサンといえば必ず出てくるのが、「マンガ絵にデッサンは必要か」という話。

自分の3.5頭身の絵柄に引き締まった尻のデッサンが必要かっていうと、まあ、必要ないですよね。
でもさ……必要だからだとかそういうのじゃねぇんだよ……
そこに尻があったから描いた。ただそれだけのことさ。

デッサンから徹底的に逃げ続けてきた私から言わせてもらうとですね。
練習が役に立つか立たないかっていうと、そりゃ役に立ちますよ、マンガ絵だろうとなんだろうと。それぐらいみんなわかってるんですよ。
でも、一枚にめちゃめちゃ時間かかるし、デッサンをしたら画力がすぐに上がるってもんでもないし。
結局のところ、プロや神絵師を目指しているわけでもない、趣味で絵を描くだけの人間にはコスパが悪いんです。ハードルが高すぎるんです。何時間もかけてデッサンするのは。

なので、要不要じゃなくて、描きたくなったら描いてみるってのがちょうどいいんじゃないですかね。
ネットサーフィンしてて「おっ、この石膏像ええ筋肉しとるやん」って思ったときぐらいでいいんじゃないでしょうか。

というか、描きたくないけど強くなるために必要だからって理由でできる人って相当の強者ですよ。少年漫画の主人公かよ。

そんなハードルの高いデッサンですが、残念ながら、やってみたらけっこう楽しかったもんで。
しんどいんで、できればやりたくないんですけど。

いかに自分が思い込みだけで絵を描いてるかってのを痛感しましたね。
「考えて描く」は「イメージ(=思い込み)で描く」ではない。
画力ってなんだろう。
目の前に存在している物も描けないくせに、脳内の漠然としたイメージを描けるわけがなかろうよ……

何が自分に合ってたかっていうと、消しゴムで微調整していくところですかね。
おそらく厚塗り派の人はデッサンは性に合うんじゃないでしょうか。
一発で正確な形なんか取れないよ! そんなん消しゴムでなんとかするんだよ!
(実際のデッサンは正確に輪郭線を取りますが、そこはうまくできなかったので許してください)

ところで、デッサンの意外な効用なんですけど。
寝る前にやると、なんかめっちゃ寝つきがよくなる。
写経や瞑想と同じ効果があるのかもしれません。それで画力にも経験値が溜まるってお得じゃね?
まあ、うっかりやり始めると睡眠時間削られるんですけどね!



超大型台風がまた来てますね。
なんで休日に来るねん、会社あるときに来いや。はたらきたくないでござる。

こないだの超大型の直撃をくらった者として、これだけは伝えておかなければならない。

PCで絵を描いたりツクツクしたりするなら、こまめに保存をするんだ!
急に電気がチカチカしてめっちゃ不安定だった。

あと、台風が過ぎ去って油断した頃に停電したりするぞ!
うちのエリアは停電しなかったけど、なぜかテレビとネットだけ繋がらなくなった。

電源系統に気をつけるんだ! スマホの充電も忘れずに!
ぱらいぬせんせいとのやくそくだよ!

絵の練習 ] 2018/09/27(Thu)
絵の練習をしようとする → 練習用のノートを買う → もっとしっくりくるノートが欲しくなる → 練習用のノートを買う → そして永遠へ

ノートを最後まで使い切ったことって、ほとんどない気がする。

絵の練習には、最初、使い道がなくて放置していたノートを使ってたんです。
100均の、雰囲気はいいのに微妙にイラッとするノートを。
さっさと使い切りたいがためにガンガン消費できるだろうって。

ちなみにどのへんがイラッとするかっていうとですね。
中の紙は薄い茶色なんですけど、その茶色、印刷なんですよ。
消しゴムかけたら消えるんですよ、茶色。
なぜ最初から茶色の紙を使わないのかと問いたい。そっちのほうがコスト低いだろうに。セリアめ。



表紙とか全体のデザインは気に入ってるのに。
しかし、やっぱり使っててイラッとするレベルのはダメですね。
あと、罫線も邪魔だった。
そこで、新しいノートを探す旅が始まりました。

条件はだいたいこんな感じ。

 1.無地
 2.リング綴じ(ルーズリーフは穴の形が気に入らないので不可)
 3.サイズはB6程度(A5~A6)
 4.デザインが変じゃない
 5.安定して入手できる(限定品はもったいなくて使えない)

たくさん検索しました。いろんなノートを買いました。
数ページだけ使っては新しいノートに手を出しました。

タチの悪いことに、べつに気に入らないから新しいノートを買うわけじゃないんですよ。
単に使いもしないノートをコレクションするタイプです。
まあ、放置していたノートとやらがある時点でお察しなんですが。

素晴らしい手触りのノートもありました。
しかし、なめらかな紙って、鉛筆のとの相性が悪いんですよね。
というか鉛筆って、むしろ安いガサガサの紙のほうがいいんじゃないかと。

そして無情にも導き出された結論。

一周して、ごく普通のクロッキー帳がいい。


表紙には何か描くもんだってばっちゃがゆってた

ですよねー。絵を描くために作られてるんですもんねー。
使いやすいの当たり前ですよねー……

気をつけろ……探すことにハマると、「普通」を選択肢から外してしまうんだ……
誰も知らないところにこそ自分の答えがあるのだと思い込んでしまうんだ……

練習用のノートを探して彷徨っている人がいるのなら、どうか私の声を聞いてほしい。
探す時間を……絵の練習にあてたほうがいい……

まあ、でも新しいノートは買い続けるけどね。
それはそれ、これはこれ!

絵の練習 ] 2018/09/22(Sat)
手癖で絵を描くのをやめたいと日頃から思っているわけで。
同じ角度の顔しか描けないのは困るので、アタリ線をまず引いてるわけですよ。丸と十字線のあれ。

しかし、気付いてしまった……気付いてしまったのです。
そのアタリ線が手癖で描かれているから、結局は同じ角度しか描けないことに。

しかもそのアタリ線、球体になってない気がする。丸にふにゃっとした十字線が張り付いてるだけ。
アタリ線が信用できないってなんやねん。ハズレ線やんけ。

そもそも、アタリ線が描けたところで、球体のアタリにどうやって目鼻を乗せるのかもよくわかってない気がする。
鼻って出っ張ってるし、ヒトの目は球面に沿わずに正面向いてるし。
ちょっと奥さん、二次元の顔って難しくない!?

手癖で描いていたものは、意識しだすと途端にわからなくなる。息の仕方がわからなくなるように。

というわけで、作ったった。



立体がわからないなら立体で作ればいいじゃない!

ドール用のハゲヘッド(オビツ11)に、自分の絵柄に似るようにアタリ線を引きました。
画材はリキテックス。筆でまっすぐ線引くのむずい。いや、ペンでもむずいけどさ。

手癖で描いてるときはあんまり意識しなかったんですが、目って位置だけでけっこう絵柄に影響するもんなんですね。形や塗りだけじゃなくて。
ちょっとずれるだけで全然違う絵柄になる。

オビツ11はデフォルメ素体だけど自分の絵柄はデフォルメではないので、目がわりと上の位置になってます。
既製品ですゆえヘッドの形が若干合わないところはあったりもするんですが、だいたい似たのでOK。
どのみち絵に落とし込むときに目で補正しますよってに。精密にスケッチしたりトレスしたりするわけではないので。



ナナメ向き。
陰影のつきかたがわかる、わかるぞー。



はくしゅへんじ。

> 超分かります!!自動のやつだとぼそぼそになってかっこ悪いし、角度も調整できないし。特に濃いめの鉛筆だと自動のだと中で折れて削りなおすこともしばしば…いい買い物したと思いますよ
鉛筆削るのって楽しいですよね。もう使えないサイズ(2cmくらい)の鉛筆をおしり(?)(消しゴムとかついてるところ)の部分まで削って遊んだりしてました


わかってくれた!!
角度調節、自分はデッサン目的じゃないから鉛筆を寝かせて描くことはないけど、鉛筆削りは角度が気に入らなかったわー。もっと芯が鋭角なら丸くなりにくいのに。あと電動→手回しだと角度が違って変な形になるのも。
そういや小さくなるまで鉛筆使い倒したことないなぁ。やってみたい、尻まで味わいたい。


> 初めまして。たまたま飛んだRPGツクールのサイトから参りました。卒論の関係でウェブ上の文章から用例を読みまくっているのですが、長く続いてらっしゃるサイトさんを見ると元気が出ます。これからもお元気で。

はじめましてー。卒論の時期かぁ。うちも昔は修論も書かずにクリスマスゲー作ってたなぁ。
サイトを長く続ける秘訣は、ツクツクしなくても何かをしておくことかも。
何サイトかわからなくなっても続けていないと、サーバー代払い続ける意味ないやってなってこの世から消滅するわけで。
そうやって苦しみ悩んだ数多のサイトが消えていった……ツクールに限らずどんなジャンルにもある話さ……


> 専門学校時代にカッターナイフで鉛筆削ってたけど、木目とか気にしたことなかったな……

おー、やっぱ専門学校生は手で削るのか。いいねぇ、風情があるねぇ。
案外日常的すぎると気にしないものなのかも。鉛筆のメーカーによっても木目の出やすさがあるのかもしれない。

絵の練習 ] 2018/09/18(Tue)
人生初・鉛筆削り。



もっとウボァーな削り口になると思いきや、けっこう綺麗に削れた!

なんか鉛筆らしすぎてフリー素材写真みたいな雰囲気になってる。ブログの見出しに貼って「読みやすい文章を書く10の方法」みたいなタイトルついてそうな雰囲気になってる。
じゃあこれフリー素材ってことで。(適当)

これでもう「近頃の若者は鉛筆も削れんのか」なんて言わせないぜ! 若くないし。

そうそう、おかんに鉛筆の削り方を教えてもらおうとしたんですよ。
そしたらですね、削り方知らないって。ばあちゃんにやってもらってたって。あと鉛筆削り器あったって。
うん、なんかそんな気はしてた。
まったく、近頃の年寄りは鉛筆も削れんのか。

削りやすいよ肥後守。
彫刻刀と違って刃が横向きについてるので、両手でしっかり固定できる。
カッターだと刃が薄いのでどうしても木に食い込んだり滑って上に逃げてしまうんだけど、刃が厚い肥後守はオラァ!って感じでまっすぐ突き進める。つよい。
安定感があるので、狙ったところに刃が通るんですわ。

201809182.jpg

グリグリ回すタイプの鉛筆削りと比較。
左が鉛筆削り、右が肥後守。

鉛筆削りは削り面がざらついてますね。

そう、ここ、昔から気になってたんですよ。
回して削ると、木の繊維は縦に通ってるのに刃は横向きに入るんですよ。
これがずっと気持ち悪かった。

ナイフだと繊維に逆らわずに刃が通るので切り口が綺麗。
そして綺麗に削られたことによって浮かび上がる木目。
そう、鉛筆には木目があるのです! それが鉛筆削り器では十分に見えない!

せっかくなので、手持ちの鉛筆で削り心地を比べてみました。
芯の硬さはバラバラなので主に軸について。

三菱 uni
→なめらか。木目が綺麗。

トンボ MONO R
→カリッとした感じ。

ファーバーカステル 9000
→ふわふわしてる。バルサ材を削ってるみたいな感触。これならカッターでも削れる。

ステッドラー カラトアクェレル(水彩色鉛筆)
→弾力がある。水彩色鉛筆は芯が軟らかいので軸を削るために力を入れると勢いで芯にざっくりいって悲しいことになるので要注意。

個人的にこの中で削り心地が一番好みなのはMONO R。
でも描くのはuni派。

手持ちの鉛筆を削り倒しても、まだまだ削りたくなって困る。禁断症状が出てくる。
今宵の肥後守は血に飢えておる。



はくしゅへんじ。

> 青紙ってなんじゃらほいってググったあとに更新したらお高いやつって一文が追加されてて心読まれたかと思った

くっ、上げたてほやほやを見られたか……!
なぜ人間の校正能力は投稿ボタンを押した後で上昇するのだろう。
疑問点をすぐググるとは……貴様、なかなかやるな……


> いい! お手頃価格! 買います! ありがとうございます!

わーい、好みが合う! おそろい!
そう、ナイフ類って基本的に高いのに、肥後守は文房具の価格帯なのがいい!

絵の練習 ] 2018/09/15(Sat)
絵の練習にはもっぱら紙と鉛筆を使ってまして。
だってペンタブのためにPCの電源入れるのめんどいんだもん。

シャーペンじゃなくて鉛筆、しかも3Bなもんですから、すぐ先が丸くなる。
そのたびに鉛筆削りを出してきてグリグリやるのって、めんどいわけで。

手で回す小さい鉛筆削りってあんまり好きじゃないんですよ。
ピンピンに尖らせようとすると削りすぎた芯の先がペキッって割れるのがやだ。
子供の頃は電動鉛筆削りにつっこむだけなので楽だったんですが。

めんどくさいので芯先だけ彫刻刀で尖らせてみたら、これがなかなかいい感じ。
もういっそ鉛筆削り自体を彫刻刀でやっちゃえばいいんじゃね?
いや、どうせなら、もっと鉛筆削りに相応しい道具にするべきだ。

鉛筆を削るために道具が欲しいのか、道具が欲しいがために鉛筆を削るのか。
いつものことです。
いつものことなので後者です。ドウグホシイヨー。

というわけで買いました。



肥後守 青紙割込 背黒。中サイズ。
折り畳み式の小刀です。

柄は真鍮無垢で、なんとも良い感じの輝きがあります。
青紙というのは刃に使われている鋼の名前で、ちょっぴりお高いやつ。



背の部分は鍛造時の鋼材の表面をそのまま残したものだとか。
黒錆で覆われているので赤錆(いわゆる普通の錆)でボロボロになることがないってなもんです。
通常モデルだとここは綺麗に削られています。

肥後守を買う前に悩んだのは、きちんとメンテしないとすぐ錆びるってとこで。
自分の手って、なんかすげぇ金属を腐食するんですよ。高校生の頃は「さびる手」と呼ばれてました。そのまんまやんけ。
ステンレスすら腐食する呪われし両手。この手に抱くには鋼の刃は脆すぎる。

錆が避けられないのなら錆を利用しろってわけです。だから黒錆。
真鍮製の柄を選んだのも、錆びると味わいが出る金属だから。新品の真鍮のほうが好きだけど。

さて、鉛筆削りの話に戻りますと。

肥後守。自分の親世代あたりだと、みんなこういった小刀で鉛筆を削っていたそうで。

自分、小刀で鉛筆削ったことってないんですよね。
我々の世代って、すでにPTAによる刀狩りが完了していて、「子供に刃物を持たせるな!」って風潮でした。

兄貴は切出し小刀を持っていたような気がするんですけど、まあ、ヤツは修学旅行で木刀を買う小学生でしたし、刃物ぐらい持っていてもおかしくはありません。

自分はいろいろと危なっかしかったからか、包丁すらあまり握らせてもらえませんでした。
たぶん、3才の頃に金属の缶に足をつっこんで遊んでたら転んで全体重がかかって大きい筋を切って長いこと入院する羽目になったせいだと思います。
ドジっ子キャラは命に関わる。覚えておきたまえ。
切り系ダメージの凶器はほとんど与えられなかったですね。せいぜいカッターと彫刻刀ぐらい。

そんな幼少期を過ごしたせいか、今でも刃物らしい刃物ってあんまり持ってない気がします。

ハサミや安全カミソリや包丁あたりを除いて、いま手元にある刃物はというと。

カッター、アートナイフ、ロータリーカッター、円切りカッター、彫刻刀(5種類)、ホビーのこぎり、別たち

ごめん、わりと普通に持ってた。
そういえば道具買うタイプだった。ドリルもあるヨ。
やっぱり刃物は専用のものを使わなきゃ。

肥後守って万能ナイフなだけに、これといった使い道がどうも思い浮かばない気がする。
鉛筆を削るか刺青人皮を剥ぐぐらいしか。

いいんです。浪漫アイテムだから!



はくしゅへんじ。

> もげないに100ペソ
100ペソって200円くらいじゃん(思ったより高かった)100ペリカで


金は命より重い・・・・!
100ペリカって10円か。安いな、命。


> 「おてもと」をもじって「おてもんて」っていうのを思いついた(だからどうした

モンテ、お手! おかわり!(箸だけに)

絵の練習 ] 2018/05/04(Fri)
犬「クリスタえもーん! 体が描けないよー!」

CLIP STUDIO「はい、3Dデッサン人形ー!」

犬「すごいや! さっそく自分の絵柄に合わせてカスタマイズしよう!」

3.5頭身

犬「ウボァー!!」(死亡)

~ここまで前置き~

そんなクリスタのデッサン人形に新素体が追加されました。

ver.1とver.2の比較

リアル調のボディだったのが、ほどよくアニメ調になった感じ。

体型のカスタマイズのスライダーも、操作しやすくなってます。
肩幅の変更ができるようになったのが大きいですね、低頭身派には。
肩幅を制するものが低頭身を制す――覚えておくことじゃな。

さあ、期待の新素体、その力を見せてみろ!

3.5頭身 ver.2

……顔はそのままなんかい。

ないわー、この頭身でそのアゴはないわー。せめて目の高さを変えられれば……
ボディはいいんだけど。

やはりこの世界は……低頭身には……優しくないのだ……!

自分の絵の頭身って中途半端なんですよね。
いわゆるデフォルメキャラ、2頭身ぐらいのねんどろいど的なのとはまた違うわけで。
アニメ頭身とSD頭身の間にある別ジャンルって感じ。
これぐらいの頭身って需要ないのか、あんまり見かけない。
チビキャラとして描いてるならともかく、素でこの頭身ですからね。



はくしゅへんじ。

> タブPCとPCの両方のクリスタをアップデートしたのですか?約300Mbyteでしたっけ?大変でしたね。

3Dデッサン人形を一新!って予告してたもんだから時間かかる大型アプデかと思ってたけど、それほどでもなかった感じだなあ。
それよりPC同士の素材の同期に地味に時間かかるのが二台持ちの難点かな。

絵の練習 ] 2017/08/22(Tue)
背景の練習なら写真から、ってことで、写真を元に描いてみることにしました。

↓写真


ゆんフリー写真素材集様の素材。
ビジュアルノベルあたりのジャンルでよくお世話になる素材屋さんですね。

よっしゃー描くぞー、と、勢い込んで新規キャンバスを開いて目線の高さに線をズバーン!と引いてですね。
手が止まりました。

あれ、この写真、消失点、どこ……?

よく観察すると。

・建物同士は平行に並んでない
・奥に向かって微妙に下り坂になってる
・道が途中で曲がってる
・道の真ん中に排水溝がある(つまり道路自体も排水のためにV字形に傾斜していると思われる)

ですよねー。現実の土地は傾いてるし家も平行にならないですよねー。
この世界は残酷だ。

ぼくのしってるさんじげんとちがう!
パースの説明に出てくる建物はみんな平らな土地で建物同士も平行じゃん! 京都か!
大人は嘘つきだ……!
都合の良い世界で! 作図などさも簡単であるかのように我々を甘い言葉で丸め込もうとする!

写真を参考にするってだけで、こんなにも速攻で詰まるとは。
これは「参考」という軽い気持ちで描いたら、理解できないところを適当に誤魔化して結局何も学べないやつ!

「参考にして描く」から路線変更。
「写真から消失点を見つける」へ。
この写真に教えてもらおうじゃないか、いろいろ斜めになってるやつの消失点を。
三点透視はしんどいので、縦だけ脳内補正で平行投影。

・左の建物(二点透視)
・左の建物の接地面
・右の建物(二点透視)
・道の手前(一点透視)
・道の奥(一点透視)



こっちの心が消失するわ!

今気付いたんですけど、右の建物の接地面を坂にするの忘れてますね。

なんでこの写真、描けそうだなんて思ったんだろう。いくらなんでも節穴すぎですよ自分。
少年漫画のトーナメントの一回戦で主人公チームと当たって「なんだガキじゃねぇか、今回は楽勝だな」とか言っちゃって一方的にやられるザコですよ。
バカな、こんなに強いだなんて……

消失点を取ったところで、パースの線に沿ってトレス。


(所要時間:5時間)

なんかもう「定規でいっぱい線引いた」以外の感想が思い付かないですが、いいんです。
やった、やったよ僕。
いろいろ省略したけど、立体を描いたよ……

案の定というか、やっぱり脳のキャパシティ超えますね。処理しきれない。描いてる間は線を引くだけで精一杯。
この感覚、覚えがある! 漫画を最初に描いたときと、ペン入れしたときだ! 知ってる感覚なら怖くない。

しっかし、パースに沿って描いたとはいえトレスでこれ。参考にして描くだなんてやってたら、どうなってたことか。
一から描くなら、もっと描きやすい地形にしよう。
漫画を描くときは、坂道とか出さない! 建物も平行!

この残酷な世界に、いつか自分だけの楽園を作ろう。
そこはあらゆる建物が平行で、二つの消失点だけで全てが描けるんだ。
そんな理想の世界を、いつか――



はくしゅへんじ。

> 気がつけばほとんど鹿の話だったでござる

おっかしいなー。ペンタブのペンってなくしやすいよねーっていうあるある話のはずだったのに……


> マンガのパースはさくらももこ先生とか車田正美先生みたいな方もいるしあまり気にし過ぎない方がいいかも

さくらももこ先生の背景ってそんな特徴的だっけ?と思って改めて見たら、一点透視と平行投影しか使ってない!すげぇ!
車田正美先生……ベタフラか効果線のイメージしかなかったけど、だいたいあってた。
全然違和感なかった。堂々とやればそれが画風になる! なるほど!
パースパースってちょっと気にしすぎなのかもしれないね。

 | トップ |