ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

10月 « 2005年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2024年05月(2)
2024年04月(5)
2024年03月(2)
2024年02月(3)
2024年01月(4)
2023年12月(6)
2023年11月(1)
2023年10月(2)
2023年09月(1)
2023年08月(4)
2023年07月(1)
2023年06月(2)
2023年05月(4)
2023年04月(5)
2023年03月(4)
2023年02月(5)
2023年01月(5)
2022年12月(9)
2022年11月(4)
2022年10月(10)
2022年09月(5)
2022年08月(5)
2022年07月(5)
2022年06月(3)
2022年05月(9)
2022年04月(5)
2022年03月(3)
2022年02月(5)
2022年01月(6)
2021年12月(4)
2021年11月(5)
2021年10月(1)
2021年09月(2)
2021年08月(5)
2021年07月(1)
2021年06月(5)
2021年05月(7)
2021年04月(7)
2021年03月(3)
2021年02月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(3)
2020年11月(2)
2020年10月(6)
2020年09月(1)
2020年08月(2)
2020年07月(1)
2020年06月(2)
2020年05月(3)
2020年04月(5)
2020年03月(5)
2020年02月(5)
2020年01月(6)
2019年12月(3)
2019年11月(1)
2019年10月(5)
2019年09月(6)
2019年08月(4)
2019年07月(2)
2019年06月(7)
2019年05月(7)
2019年04月(11)
2019年03月(3)
2019年02月(3)
2019年01月(4)
2018年12月(5)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2005/11/30(Wed)
日記のネタがありません。
ところで世の中には、スラスラ文章が書けちゃう本!みたいなものが多数存在していまして。
何を書いていいかすら思いつかない私のような愚民に、ストーリーの作り方までレクチャーしてくれるのです。

ほとんどの本がまず触れているのが、「5W1H」。

 いつ(When)
 どこで(Where)
 誰が(Who)
 何を(What)
 なぜ(Why)
 どうやって(How)

これが基本骨格。
まずはこれを決め、あとはそれに準ずるエピソードを加えて行けば
簡単にストーリーが完成する、と。
物語だろうと、報告書だろうと、日記だろうと、
全てはこれによって成り立っているのです。

すごいですね。さすが基本。全ては始まりに帰結する。

でも、これ、どう埋めてもマトモな文章になりそうにないと思うのは
自分だけでしょうか。
逆に、これが揃ってなくても文章は書けそうな気がするんですが。

てか、自分が今まで書いた日記、5W1Hがありません。
つれづれなるままに駄文。だっふんだ。

5W1Hがありませんでした、で終わるのもアレなので、
ちゃんと物語の形を成している物の5W1Hを探してみましょう。
なんか手段と目的が入れ替わってますが、気にしません。

では、すでにプロット(だけ)が完成してるツクヨミのシナリオの5W1Hを抜き出してみましょう。

 いつ(When)…知らんがな
 どこで(Where)…森に囲まれた村で
 誰が(Who)…ルーク(主人公)が
 何を(What)…なんだろ
 なぜ(Why)…出られなくなって
 どうやって(How)…敵とか食ってレベルアップしながら

……何一つわかりません。
ていうか、どこにオチ書くのさ、これ。
述語もないのに「何を」とか訊かれても困るんですが。

さて、今日の日記も、見事に5W1Hが不在のまま
ここまで引っ張れました。
主よ、そのお恵みに感謝します。

「5W1H」…そんな言葉は使う必要がねーんだ。
なぜなら、オレや、オレたちの仲間は
その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!
実際にストーリーを作っちまって、もうすでに終わってるからだッ!



>い…いやらしいっ…!不潔だわ!不潔よ!パラ犬さんの…ばか!
クックック、本当は好きなんだろ? こういうの。
ネタがなくなると下ネタが出るのは、売れないアイドルが脱ぐのと同じようなものです。
つまり、自然の摂理。

>同じくにこにこぷんの世代ではありますが、飲酒OKです。次のどれみふぁど~なつも見てたのに…
にこにこぷんはみんな見てるけど、どれみふぁど~なつは同年代でもけっこう分かれるかも。
同年代のテレビ視聴に関する興味深い調査結果として、
風雲たけし城をリアルタイムで見てたかどうかがあります。
不思議なことに、一年上の先輩はほとんどが見ていたものの
同年代または後輩になると、知っている確率が激減しました。
あたかもそこに見えない壁があるかのように。
なんなんでしょうね。

>今の高校2年生は昭和生まれと平成生まれで熾烈な戦いを繰り広げてるというのは本当ですか?
そんなん高校生に聞いてください
昭和を生きてきた自分には、平成生まれの人間がもうすぐ社会に出る年だという事が信じられません。
昭和63年生まれなら、まあそんなもんだなとは思えますが。
それほどまでに年号の壁は大きいと。
昭和最終生まれの人って、留年すると世代差ダメージ倍増しそうな気がします。

 | トップ |