ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2007年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2018年12月(2)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
大樹の守護者の物語 ] 2007/08/13(Mon)
手描きマップだと、石畳とか描くのめんどくさい。

細かい部分を書き込むのは、モノによっちゃ楽しいのですが
タイルみたいに単調なものは、めんどくさいことこの上ないです。

めくどくさいのはいけません。めんどくさいのは悪です。
楽する事ばかり考えて生きてきた自分にとっては、めんどくさい事というのは許しがたい事態です。

というわけで、楽する事ばかり考えてる人間なので
めんどくさい時は真っ先に楽する方法を考えるというわけです。

ドット絵でタイルが楽なのは、タイルパターンを一個作ったら
あとはそれを敷き詰めるだけって点で。

単調なのがめんどくさいのは単調だからです。
単調というのはパターン化できるってことです。

それじゃあ手描きもタイルパターンにしちゃえばいいじゃない?
ドット絵の手法を応用してさ。
というわけでやってみた。

パラタン
パターン

ずっと俺のパターン!
敷き詰めた

なかなかイケる感じ。
あとはこれを地面に貼って切り取って、端をちょろちょろっと調整するだけ。
要はテクスチャマッピング。

一個一個描かなきゃいけないところは一個一個描いて、
パターン化できるところはパターン化する。
フハハ! 完璧ではないか!
めんどくさがり万歳!
ハイル・メンドクサガラー!



おまけ。ドット絵的タイルパターンの作り方。
ドット絵でマップチップを作るときは必須になる科目です。
はいここテストに出るよー。

1. 継ぎ目以外の部分を描く
一

2. ぶった切って継ぎ目を真ん中に持ってくる。要は手動スクロール。
二

3. 隙間を埋める
三

4. さらにスクロールして隙間を埋めたり継ぎ目がおかしい部分を調整する
ダー!

5. できあがり
イノキ! ボンバイエ!



8/9の拍手返事。

>クォータービュー大好き!
じゃあバトルも?

クォータービュー大好き! トップビューより立体感があるのがいい。
バトルはサイドビューっす。

>実際に「ロリ」って書いてくれたパラ犬様に深い感謝を。我等がパラ犬に栄光あれ。
あれはもう、そういう流れだと思った。
心と心が一つになれば愛は勝つ。

>働いたら勝ちかなって思ってます。
真の勝ち組は働かないでも生きていけるか、生きていけると信じていられる人間です。
信じる者は(とりあえず)救われる。

>ローカルディスク (C:) これもでっかい鼻のおじさんに見えませんか?
あ、別におじさんじゃなくてもいいか…

なんとなくハガレンのグラトニーを思い出した。
いつの間にか17巻出てた
自分の絵よりも(C:)のほうが似てて絶望した。

>パラ犬様の作った素体ホコグラが改造しやすそうなのでお持ち帰ってみる。XPデフォの人たちはアンチエイリアンスが激しくて、200XRTPでドット慣れした身には改造しづらいという……
お持ち帰りぃ。
普段アンチエイリアスかけすぎなので、減らす練習も兼ねてるという。
XPデフォはアンチエイリアスが激しいというより
アンチエイリアスのかけ方が独特なような気がします。

>絶望のア(中略)ル
元ネタがわからないから聖戦のイ(中略)ア。

>墓穴を掘っても掘り抜けばよいそうです 
掘って掘って掘りまくれ! 12000kmの墓穴。ブラジルまで!

>パラ犬、焼きそばパンとジャンプ買ってこいよ
焼きそばパンとジャンプを求め、世界を旅することおよそ十年。
辿り着いた吹雪荒れ狂う辺境の地。薄れ行く意識の中で私は確かに「それ」を見た。
ああ、探して求めていたものはこんなにも近くにあったのだ。
最後に見つけられてよかった。焼きそばパンとジャンプは、最初から、私の心の中に――

>ごめんなさい。蜘蛛の糸のカンダタのお話です。
ギャー! ドラクエネタだと信じて疑わなかった!
ゲーム脳だ! 迫害される! 狩られてしまう! 火あぶりだ!

>最近描きかけのまま放置ばっかりで、ドット絵が一向に完成しません。ついにドット絵にまでエターナルの魔の手がっ
経験上、放置された描きかけが完成することはめったにないという。
今日できることは明日。次の休日にやる。そしてまた次の休日に。
これもいきもののサガか。

 | トップ |