ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2017/08/11(Fri)
背景が描けん!(まだ言ってる)

パース方面から攻めるのが間違ってるのか、それとももっと別の問題なのか。

好きな漫画を参考にするのも一つの手ってのはよく聞きますね。

好きな背景の漫画……

好きな「絵柄」の漫画だったら、これを参考にするってのはわかりやすい話で。
好みってのは傾向なわけですから、目指す絵柄も多かれ少なかれそっちに向いてると思うんです。
実際に真似して練習するかどうかは別として。(自分は逆に似ないように意識してしまうタイプ)

しかし、背景が好きな漫画となると、ほぼイコールで「背景がすごい」漫画になるんですよね。つまり真似できない。
背景の話でよく挙がるのはAKIRAとかですね。真似できない。

自分の好きな背景の漫画を挙げると、『ハクメイとミコチ』とか。
絵の細かさはもちろん、魅力的なのは世界観の作り込み。
身長9cmの小人の生活がしっかり描かれてるっていうのがよいんですよ。動物に乗せてもらったりとか。
自分、あんまりこういうほのぼの日常系の漫画には手を出さないんですけど、世界観に惹かれてしまった。

今、ふと思った。
画力以前に、自分には世界をイメージする力がそもそも足りてないのかもしれない。
背景のない漫画が成立してしまう時点で何か問題があるのかも。
うわあ、どんどん問題点が浮き彫りに。

ファンタジーというジャンルの魅力は、その作品独自の世界がいかに描かれているか。
記号化されたゴブリンとかを求めてるわけじゃないんですよ。



ところでハクミコがアニメ化決定だそうで。
なんというか、正気か?って思いましたね。背景的な意味で。
激しい動きがなくてのんびり世界観を楽しむタイプの作品だからアニメ向きではあるんだろうけど。

本日の余談。
ハクミコのミニ絵本とダンジョン飯の手ぬぐい応募券が欲しくて今月号のハルタを買ったら、度し難い厚さで置き場所に困るの巻。
(一緒に置いてあるダン飯は200ページ)


ハクミコのアニメ設定画(線画)が載ってました。
ハクメイがちゃんと女の子に見える。



はくしゅへんじ。

> エっちゃんのジト目がたまらん

ドMめ!
なんか下描きでは特に表情つけなかったのに、ペン入れしたら妙に軽蔑した目付きになった不思議。
こういうたまたまできる線って面白い。


> ほんとだMVウインドウの大きさ変わる…でもこれでいいんじゃないかなとも思う。ゲーム実況とか動画化とか考えたらその時点でドットバイドットでの表示は無理があるし、プレイする側がそれでいいならいいのかも。
拡大表示でもアンチエイリアスとか補正とかかからないようにしてほしい。twitterでもGIFボケるのがほんと悲しい


あー、動画化とかあるのか。たしかにプレイ側が画質が犠牲になるとわかった上でサイズを選んだのなら仕方ないか。
ドット絵はきっちりした倍率で拡大表示して観賞するのも醍醐味なのにねぇ、勝手にボケるとかてめぇがボケとんのかボケェって感じだわ。
ドット絵基準で考えると、ツクール2000の倍角表示は偉大だったなあ。


> バラがないと急に露出度高く見える不思議

そんな気はしてた。
ほ、ほら、夏だから! 暑いからしかたないよね!(えっちゃんコート着てるけど)

web漫画 ] 2017/08/08(Tue)


良い子のみんなー、闇堕ちしてるー?

背景って、目を背けようと思えばわりと描かなくても形になるけど、一度それをやってしまうと無理矢理にでも描かないといつまで経っても描けないというおはなし。

いやだー! 背景描きたくないー!
正確に言うと背景を描けるなら描きたいけど描けないから描きたくないー!
パースとかわけわからん……

なんか久しぶりに出てきましたエルザ。つよい。
キャラを作った順だとシャーレイの先輩になるんですよね。ちっこいけど。
えっちゃんさん先輩つよい。

今回から、シャーレイの腕の薔薇をなくしました。
あれは弓に変形する魔導具っていう設定だったりするんですが、この世界で武器を持つ必要ってとくにないよねってことで。えっちゃんも銃持ってないし。
ああ、そうさ。描きにくいからだよ!!!!

やっぱり背景入れると画面の密度上がるなあ。
ギルドに見えるかどうかは置いといて、背景があるとグッと漫画感が出る。

コラム系漫画って書いたけど、この漫画のジャンルって何だろう。
実録系にしちゃ実を録してないし。まあいいやコラム系で。

こういう、特に場所指定のない四コマって、背景がないのが普通なわけで。
難しい構図も出てこないし。
これで漫画が描けるようになったと思い込んでいたら、いざストーリー漫画に手を出した時に一コマ目で死ぬっていう。

ある程度描けるようになったらストーリー漫画の練習もしないとなあ。
そ、そのうち! いずれ!

ほら、背景が必要な漫画って、ちゃんと背景が描けるようになってから描きたいじゃん。
もう少しうまくなってから練習したほうが…

いやだー! 背景は無理ぃぃぃぃぃ!



はくしゅへんじ。

> 漫画だけまとめたんだー、とpixiv版見てきましたけど、一つ一つにパラ犬さんの文章がくっついているところに安心感が溢れてくる……

おー、そう言ってもらえると書いた甲斐があったぜ。
なんやかんやで日記だからねー、この漫画。
それまでの経緯やら記事の本文やらがないと読む人がおいてけぼりになると思って。
そして、画像に文章を描くと修正ができないことに気付く。
次からは説明文のとこに書くよ……


> ドット絵講座を更新してくれー!って書こうとして思ったんですけど、ツクールMVのマップチップもホコグラでけえ!2000サイズじゃないと初心者にはきついっすよ

MVの画面サイズ横816×縦612って中途半端だなと思ってたら、チップサイズが48なのか。
ドット絵講座、完全に時代に置いていかれてる!
48ピクセルのホコグラはきついなあ。かといってイラスト縮小で作るには小さすぎるし。
ところでMVの「ゲームプレイ時にウィンドウサイズをドラッグで変更可能」って、これ完全にドッター殺しに来てるよね? ドット絵ぼやけさせる気満々だよね?
どうやって素材を作る想定で設計されてるんだろうMVは。

雑記 ] 2017/08/03(Thu)
日記で描いていたweb漫画をpixivに置きました。
解説だかなんだかよくわからない裏話つき。

漫画をどっかにまとめておきたいなーと思っていてですね。
そういやpixiv放置してたな、と。
日付を見たら、最後に絵を上げたの2010年ですよ。7年前て。

マンガシリーズとかいう機能ができていたので、試しに使ってみました。
シリーズものの第何話って形でまとめられるんですよ。
pixivで連載モノを読むときって、タイトル見ながらわざわざ探し出さなきゃならないのが手間だったんで、これは嬉しい。
作品名のタグがあれば絞りやすいんですけど、オリジナルで自分の作品名のタグつけてる人ってほとんどいないんよ。

シリーズ名どうしよっかなーと悩んで、「漫画が描けない漫画」になりました。
特にテーマとか決めずに描いてたせいで、いざシリーズとして扱うとなると困る。
名前というのは一種の呪い。
タイトルをつけたことで、そこから外れたネタを描きづらくなるんじゃないかという懸念はあったんですが、まあ、なんとかなるでしょう。

最新話は日記で、しばらく経ってからpixivに上げる方針でいこうと思ってます。
ちょっとした修正が後からできないので(再投稿はプレミアム会員用の機能)、完成したてのテンションで上げたりしないほうがいいかなって。

pixivってさ、みんな楽しそうな空気なのがいいよね。
pixivといえば「おえかきたのしす」。これ。
物を作るのには常に苦しみが付きまとう。だからこそ、この気持ちを忘れちゃいかん。



はくしゅへんじ。

> うおお見てない間に2記事きてるやんけやったー!
サイズといえば、twitterのタグで#普段描くイラストのキャンバスサイズ教えてください っていうのがあってどの大きさで描けばいいんや?って疑問に対して、適当でいいやって結論が出た


チェックしたときに複数記事あったときのお得感よ。勝った!
身も蓋もない結論。だが真理。適当なプリセットで描いてあとでトリミングしたらいいねん。
縮小前提か原寸かで初期サイズ変えるぐらいかなー。


> ちょちょちょっ!!!もやっさんがHP閉鎖するってよ!?今のうちにHPごとDLするしかないじゃない!!!

同じ時代を生きたサイトが閉鎖していくのは寂しい……クリプレも閉鎖しちゃったし。
自分もずっと更新停止していたわけで、サイト放置は精神的負担が大きいけど素材屋やってると閉鎖もできないってジレンマがわかるだけに、決断するのは大変だったろうなって。
一つの趣味を10年以上も続けるのは難しい――うちはゲーム制作を切り捨てて続ける事を選んだわけで、閉鎖まではいかなくともホームページを整理しようと思ってるところ。諸行無常だね。

雑記 ] 2017/08/01(Tue)
無理のない更新頻度って、なかなか難しいですね。
今のところ週一で安定してる感じなんですが、果たしてこれは本当に安定なのだろうか。

一回書いたら次は7日後だから気合い入れないと!ってなって、一本にやたら時間を食うわけで。
読む方も、長いと読みにくいし、興味のないネタだと残念感が大きいじゃない?

逆に少し更新頻度を上げて、もっと軽いネタをホイホイ書くほうがハズレが少なくなるんじゃないか、と思ったある夏の日。

ネタ切れしてからが本番だぜぇ……
あまりにも書く事がなくなって、そうめんのアレンジレシピとか書き出すかもしれん。

でもその程度なら書いたところで特に違和感なかったわ、うん。通常運行!



はくしゅへんじ。

> かわいい上にしゃべってる、というのが魅力な気がします。静止画で見ることが多いですからね。自分はえっちゃんも好きですー

なるほど! 漫画って動きがあるもんね。今までになかったパターンだ。(だいたい本編がエターナるから)
シャーレイもえっちゃんも好きでいてくれるとは嬉しいわー。ありがとう。よくばりさん!

 | トップ |