ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

10月 « 2018年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2018年11月(1)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
ツクール雑談 ] 2009/01/26(Mon)
マップ組みが苦手、という方は、けっこういるかと思います。
自分も苦手です。

マップが作れないと大変です。
なんせ、土台がないとイベントが置けないわけで、
イベントが置けないとツクツクが進まなくて、いつまで経っても完成しなくて
いろいろあって円高になって日本の輸出業が打撃を受けて景気が悪化します。

素材は何でも用意してくれているツクールですが、
その素材を組み立てることだけは自分でしなければなりません。

適当に配置するも、なんかもう、ショボショボなダメマップになって
自分センスないッス! と、なってしまう。

そんな人のための、楽してちょっといい感じに見せるコツみたいなものを。

似たような原因でイマイチになってる人がいるかも知れないので、
そんな人の参考になれば、と。
決して「マップ組みは得意だからコツを教えますわよ」というわけでは
ないので、よろしくお願いします。

ありがちなパターンとして、
町マップを普通に組んだらこんなふうに
スカスカになってしまうという。

スカ.jpg

スクショではわかりにくいですが、
このマップで主人公を動かしてみると、かなりだるいです。
広すぎるわけです。

マップが無駄に広すぎると、大抵ショボく見えます。
意図的に広さを演出したいわけでないのなら、広すぎるのは
あまりよろしくありません。

マップが広すぎるとプレイヤーは「やってられるかー!」となるもんです。

普通のマップを広く組んでしまうと、「広さを演出したいマップ」を作るには
さらに広く組む必要があって、どんどん大きくなっていくという
恐ろしい流れが。

なんか、広い広い書きすぎてゲシュタルト崩壊して来た。

マップってのは油断するとどんどん広くなっていくものですから、
意識して小さく収める必要があります。

じゃあどれぐらい小さくすればいいのかというと、
そのへんは、人それぞれお好みによりますが、
自分としては、町の建物なんてのは
これぐらいあれば十分だと思います。

ちいさいえ.jpg

建物の幅を半分にすると、町全体の面積は四分の一(ぐらい)になります。

まちまち.jpg

小さく収めたことでさっきよりもスカスカ感が減りました。

あとは、隙間を埋めるように木とか草とか生やせば、

草と木と風とおじいちゃん.jpg

できあがり。
もうスカスカとは呼ばせない。

ツクールVXぐらいのデフォルメっぷりなら、
思い切ってもっと小さくしてもいいかも。

おへやさがしはミニミニへ.jpg

むしろこれぐらいのほうが、VXキャラのちまっこさが引き立って
かわいいと思います。

最初の広すぎるマップの例だと、キャラが寸詰まりに見えてしまってます。
VXのRTPキャラは頭身低すぎておかしい、という人は
マップのスケールに問題があるのかもしれません。

マップを小さく作ると、なんかいい感じに見える上に、アレです。
作るのにかかる時間も短縮できるって利点も。

超広い町を今日中に3枚作らなきゃならないというと無茶ですが、
一画面に収まるような小さいマップなら、3枚ぐらい余裕です。

マップがサクサク進めば、早くイベント置きたい!となって
ツクツクが進んで、ゲーム完成しまくりで
いろいろあって円高になって日本の輸入業が儲かって景気が回復します。

ツクールVXで説明しましたが、XPでも同じ要領です。
むしろ、マップ広すぎ事件はXPのほうが陥りやすい罠。

XP時代によく言われていた(自分も言ってた)
「画面に対してキャラが小さい」ってのは、
マップを大きく組んでしまっているのが原因のような気がします。
今回のVXのスクショでも、最初のスカスカマップと最後のマップでは
体感的なキャラのサイズがだいぶ違う。

XPの罠はアレです。
おしゃれ模様の関係で、高さ6未満の建物が作りにくいところです。

おしゃれ工房.jpg
↑おしゃれ模様チップ

縦の長さがあるから、縦横比を保つために
横幅もそれにつられて大きくなって、マップ広すぎってなわけです。

XPはキャラチップの頭身が高いからスケールもVXとは違うんですが、
キャラのスケールを無視した、ただ無計画に広いマップってのは
XP・VXを問わず陥りやすい罠だと思います。

さて。
マップチップの話を散々して来たものの、
そもそも自分の作ってる大樹は
マップチップじゃなくて一枚絵マップだったりするわけなんですが。

むしろ広さの問題は、一枚絵マップのほうが危険。
うっかり油断すると、半端ない広さになってしまうという。(→過去の例
半端ねぇ。まじパネェ。

とりあえず、建物サイズはこれぐらいの比率にする予定。
ちまっこくちまっこく。



1/20までの拍手返事。

>赤さは分からんですが、むしろ円くないですな。 これは くうかんの ひずみを とらえて しまった のか
欠けた月の流した血が月を赤く染めたという。
きっと、裏ではそんな物語が。

>自分のゲームで大量に戦闘系スクリプト併用してるのにATBから併用バグが全く出ない件について
なんという神
ATBは間違いなくツクールの歴史に残る神スクリプト

修正回数の多さはダテじゃないぜ!
デフォの構造をできるだけ残して作ってあるんで、
大掛かりなスクリプトじゃない限り併用できるはず。
やっぱりスクリプトはいろいろ併用できたほうが楽しいよね!
まあ、ネット上の全部の他サイトの素材試したわけじゃないから
併用できないのも確実にあるだろうけど、そのへんはもうサポート外です。

>実は月に見せかけた魔王の心臓だったりして。銀の針をビックライトで大きくしなきゃ・・・!!
それだ! その発想はなかったわ。チンカラホイ!
魔界大冒険はファンタジー好きにはたまらんね。
というか、劇場版ドラえもんは全部ファンタジー好きにはたまらん。

>自分も月の大きさに驚きました。何故あんなに大きく見えるんでしょうね?やはり何か特別な力がっ…!?
この広い空の下で、同じ月を見ていたという奇跡。
ああ、あの月はやはり特別な力があったんだ。
君と僕をめぐり合わせたという力が、ね。

>赤くなる月には色々と要因があるようですけど、主なのはやはり月食です 一昨年の夏に皆既月食を皆で撮影したのを思い出しましたw
おおー、なるほど、月食だったんだ。
光量が減って赤く見えてるから、シャッタースピードの遅い携帯で撮ったら
露出上がって白くなるのか。

>昔赤銅に近い月を見て、卵黄に食紅を混ぜたようだと言った知り合いがいました。なんていうか、もっと綺麗な表現をお願いしたかった;
綺麗な表現……
卵黄、それは生命の輝き。
金色の星を染めしは紅、生まれる事あたわなかった鶏達の血の涙。

>アルトネリコの謳う丘がお好きでしたら、エンヤ(ENYA)の曲なんかツボだと思います。剣と魔法の世界が浮かんできて、とっても創作意欲が湧き上がってくると思います。ちょっと気になったら是非!
エンヤが流行した時期の人間でございます。
エンヤはハイ・ファンタジーって感じだよね。
ロード・オブ・ザ・リングの主題歌もエンヤだった気がする。

>フリゲ=フリーダムゲームの略ということですね。
最近のフリゲ、というか、ツクールゲーって
フリーダムさが足りないと思わない?
なんというか、小ぢんまりとしてるというか。
完成度が高い低いに関わらず「作者が楽しんでる」ってのが
伝わって来るゲームをプレイしたい。
いやむしろ完成しなくてもいいから楽しんでツクってるところを見たい。

>Sa・Ga1のプロテインで成長するシステムが好きでした
サガってそんなシステムだっけ?
あんなにプレイしたのに忘れてら。なんてこった。

>どっとっと
おっとっとって、中身は空洞になってて、そこが美味しいポイントなんだけど
おっとっと中部の空気はおっとっとと見なすべきなのか。
ならばちくわの穴はちくわなのか。
ちくわ大明神。

>マリオの年齢は24~25くらいらしいですが……おっさんにしか見えないですよね。因みに誕生日は九月十三日
まじで! ひとつかしこくなった。ふたつか。
あと、マリオの本名はマリオ・マリオとか。ゴリラかよ。
サザエさんの24歳といい、キャラの年齢ってたまに妙なものが。

>マリオ64ならジャンプ中にしゃがむでヒップドロップですよ。
ファミコン版マリオなら、ジャンプで画面の上に行って
コインアイコンと重なってしゃがむでウンコマリオですよ。

>何気にURLを見てみたら1000件目の日記ということで。おめでとうございます。おめでたいのかどうかは知らないけど。
リアルタイムで気付いたの君だけだよ! レア発見おめでとう。
というわけで、1月18日で日記の記事が1000件になりました。
社会人になってからほとんど日記書かなくなると思ったのに
なにげに1.5日に1回以上は書いてるという計算に。

>最近の若者はゲームボーイな気分にはならないだと!けしからん!!
今のボーイはゲームボーイ本体触ったこともないような。
人々の記憶から消えていくゲームボーイ。
かつてゲームボーイだったボーイたちも
今やゲームおっさんですよ。

>ハジメテノオートがハジメテオノートに見えた。メテオノートってなんかかっちょいい!
このノートに名前を書かれた者はメテオが直撃する。相手は死ぬ。

>>パラ犬ターマッ!  スパイダーマッ!
わかんないよ! ぜんぜん共通点ないよ!

>最近ドット絵練習はじめました。たった1ドットの威力を思い知りました
ドット絵楽しいよね!
1ドットの差は大きい。そこが楽しい。
そして、そのうちアンチエイリアスを極めだすと、
明度差による「1ドット未満」という世界が君を待っているぜ……

>ウィアド!完成待ってますよ!!何年も
まーじーでー。
ウィアドって正直、趣味に走りすぎて、需要はないもんだとばかり。
ゲームボーイ世代じゃないボーイ置いてけぼりだし。