ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年07月(4)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
シナリオ製作実況生中継 ] 2009/02/12(Thu)
~前回のあらすじ~

次回へ続く!



「システムは世界を表現するもの」なんて書くと、
なにやらややこしい、ってか、めんどくさそうな感じですが、
別に難しい事を書いているわけではなくて。

たとえば、キャラクターに魔法を持たせる。
こんな単純な事だけでも「この世界には魔法がある」という「世界観」になります。

当たり前のことなんですが、
これを意識しているのと意識していないのでは、大きな差があります。
要はシナリオに関連付いているか、
システムがシナリオを表現する小道具の一つになっているかです。

「なんとなくヒロインに回復魔法持たせる」のと
「ヒロインは巫女だから回復魔法が使える」ってのは
シナリオとの関連性という意味で違うってなもんです。

そんな感じの、まあ、普通っちゃあ普通のことです。
前回はちょっと無駄に語りすぎた。
シナリオ製作講座じゃないんだから、薀蓄なんて語ってないで
実際に作らないと。
薀蓄を語るぐらいなら、うんちくんを語るほうがまだマシってなもんです。
うんちくんキャンディって最近売ってないよね。

んで、コランダム。

コランダムは、主人公側は「魔法を使えない」のがポイントで。
魔法は、上流階級と下流階級を分ける特別な力です。
力を持たない平民は圧倒的な力の前にただ成す術も無く蹂躙されるしかないのだフハハハハ! 泣け! わめけ! 愚民どもめ!

ここで、魔法使いに対抗できるスキルを、ってなことで
剣技で剣から炎とか出したりしたら、台無しです。
それ魔法と変わらんじゃん、と。

じゃあ、どんなスキルを持たせるべきでしょうか。

ぼくのかんがえたさいきょうスキル「イレブンレイヴ」!
ひかりのはやさで11回きりつけるぞ!

とか、そんな感じになるんでしょうけど。
(なお、ホリナイのイレブンレイヴは11回も攻撃しません。あと最強でもない)

そもそも「MPを消費して強力な技を使う」というやりかたが、魔法と変わらない。
炎を出すのはダメだけど無属性ならいいなんて、そんな単純な問題ではないと思います。

第一、ビジュアル的に似合わない。
そもそも、エステルの強さって何なんでしょう。
少なくとも、光の速さで斬り付けるとか、そういうのではないと思います。

たとえば大樹の戦闘ビジュアルは、
斧で地面を叩き割ったり弓からビーム出したり、
そんな感じのガンガン攻めるタイプです。

コランダムは大樹とは違って、ひたすら地味です。ビームとか出ない。
無力な一般人が地面に這いつくばって泥を舐めながら
気合いだけでなんとかする話です。

……あれ? このシナリオ、地味すぎてRPGに向いてないんじゃね?

うん、まあ、地味なもんはしょうがない。
こうなったらひたすら地味にいきましょう。

いっそのこと、スキルなんてものは封印してしまいましょうか。
短編なんだから、スキルをたくさん出してもしょうがないし。

スキルがなかったら戦略性がなくなるんじゃないかってな懸念もありますが、
スキルがたくさんあれば戦略性が上がるかというと
そういう単純なものではなく。
攻撃系のスキルがたくさんあったところで、どうせ使うのは
いちばん威力の高いやつだけ、ってことになりがちです。

スキルがモノを言うのは補助系ですが、
エステルが足払いとかそういう気の利いた技を使うとは思えないし。

そんなわけで、スキルはナシ。
昔のゲームは、戦士はスキルなんて使わなかったもんさ!
かしこさ0。

使えるコマンドは攻撃と防御。
この二つでどういう戦い方ができるか考えましょう。

防御って、あんまり使わないコマンドだと思うんですよ。
だって防御してたら攻撃できないじゃん。

防御しつつ攻撃(ただし攻撃力は落ちる)コマンドを
スキルのかわりに入れるってのはどうでしょう。

防御攻撃でどれぐらい攻撃力が落ちて防御力が上がるか……と考えると
バランス調整が難しいような。

いっそ、通常攻撃時は防御力0にしてしまうとか。

・攻撃力普通+防御0
・弱めの通常攻撃+防御普通
・攻撃なし+防御2倍

普通と弱めがバラバラでわかりにくいですね。
もうちょっとなんとかなるはず。

・攻撃力2倍+防御0
・攻撃力普通+防御普通
・攻撃なし+防御2倍

こっちのほうがわかりやすい。

結果的に、防御攻撃にあたるところが通常攻撃になって
「攻撃力2倍+防御0」のコマンドが加わる形になりましたが、
こっちのほうが必殺技っぽいのでアリでしょう。

普段より強い技を使うには、何かを捨てなければならない。
MPやらSPやらを消費するよりも、
エステルなら防御捨てて攻撃のほうが似合ってる。
OKOK。ビジュアル的にOK。

コマンド名は「全力攻撃」にしましょう。
というわけで、戦闘中に使えるコマンドは
 攻撃
 全力攻撃
 全力防御
 アイテム
の四つ。

うん、地味。
まあ、こんなもんでしょう。