ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(5)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
シナリオ製作実況 ] 2009/03/01(Sun)
妄想とは楽しいもの。
それは、シナリオでもシステムでも同じこと。

しかし、妄想だけでは何もできないのも、また現実。

特にシステムというものは、考えるのはいくらでもできますが、
実装となると、そう簡単には行かないものです。

超斬新でオリジナリティ溢れるシステムを考えたところで
それが実現できなければ、何の意味もありません。
その上、複雑で斬新なシステムであればあるほど
難易度は跳ね上がります。
こう考えると、システム派の人って大変なんだなと思う次第です。

さて、そんなわけで今回は、前回までに考えたシステムの
実装に入ろうと思います。

パラ犬流「シナリオ製作」どこ行ったんだって感じですが、
それはそれ、これはこれ。



要となるシステムは二つ。
全力攻撃とフォース。
まずは、フォースからいじっていきましょう。
フォースシステムの仕様は以下のとおりです。

・攻撃したりダメージを受けたりするとフォースゲージが溜まる。
・フォースポイントの最大値は100。それ以上は溜まらない。
・フォースを使うと、そのターンは全能力値がフォースポイント%上昇する。

さて、これをどう実装するか。

今回の企画では、「なるべくスクリプトを自作しない」という制限があるので
そこんとこ気をつけなければいけません。
早くも制限つけたことを後悔し始めてます。後悔早っ。

まずは、素材屋さんのスクリプトで
できるかどうか考えてみましょう。

攻撃したりダメージを受けたりするとゲージが溜まる。
この仕様で思いつくのは、KGC Softwareさんのオーバードライブ。

行動ごとにゲージの増加量が決められたりと、
親切仕様すぎてウハウハです。
しかし、全部が全部、自分のワガママ仕様に沿うはずもなく。

オーバードライブは、ゲージが最大値まで溜まったところで
オーバードライブスキルを使用可能にする、というものです。

フォースは、最大値まで溜めなくても使えて、
かつ、フォース量に応じてボーナス値が変わるというものです。
ワガママすぎます。

あと、コランダムではSPをフォースとして置き換えていたのが、
オーバードライブはHPやSPとは別にもう一本ゲージを追加するタイプ。
増えちゃったよ。またSP余っちゃったよ。

いろいろ違う部分はありますが、根幹部分はマッチしてるので、
オーバードライブを改造するってな方向でいきましょう。



まず、SPをどうするか。
選択肢は二つ。
オーバードライブの値をSPに突っ込むか、
もうSPは封印して、オーバードライブゲージのほうを使うか。

SPに突っ込んだ場合、どういうメリットが生まれるか。
SPはデフォの能力値ですから、管理しやすい。
しかし、SPを使ったところで、肝心の「フォース開放で常に全消費」
「フォースぶんだけ能力値ボーナス」は、どっちにしろできません。

なら、SP封印。OK。
SPゲージを闇に葬って、オーバードライブゲージを鎮座ましますようにしましょう。

バトルステータスは、なんとなく顔グラを表示させたい気分なので、
顔グラ表示のスクリプト素材を改造することに。
出でよ、おほしさまのXP風バトル!
さらに、バトルステータス++! 後付オーバードライブゲージ!

SP表示処理、パイルダーオフ!(#で)

SPなんていらねぇぜ、夏。.png

そして、空いた部分にオーバードライブゲージの表示位置を
動かしてやれば!

画像は仮のものです.png

できたー!

もちろん、SP関係の処理はここ一箇所だけじゃないですが、
そのへんは三分クッキング的な省略ってことで。

あ、ちなみにカーソル画像はもやっさんの素材です。
指カーソルなだけに、表示位置調整してる途中で
「ちょ、どこ触ってんの」的なことになったりしたのは秘密。
顔グラの表示位置って大事だね。

とりあえず、表示だけはなんとかなりました。
表示だけ。
なんか表示だけできたら満足して、
もうシステム完成したような気分になりますが、もちろん錯覚です。
まだ始まってすらいません。
俺たちの戦いはこれからだ!

長くなったので、続きは次回。



2/16までの拍手返事。

>ああ……地味だけどいいなぁ……「こうげき」「ひっさつ」「ぼうぎょ」「どうぐ」シンプルでわかりやすいけど意外に戦略ありそうですね!
ありがとっす。地味だけといいって言ってくれたから
今のシステムがあるんだよ!
自分、油断するとどうしても複雑になりすぎてわけわかんなくなるから
こういう思い切った事をしないと。
やっぱシンプルいいなぁ。

>全力攻撃。皆でやれば怖くない
なんという全滅フラグ。
しかし全力攻撃はエステルだけになったという。
防御捨てるエ捨てる。

>技を切り捨てるというところにしびれたぜ。 しかも代替措置を取るなんてさすがだ。   地味コマンドのほうが燃える僕はきっとマイノリティ。
ありがとっす。マイノリティだけど、燃えるってゆってくれたから
今のシステムがあるんだよ!
短編で技たくさん用意しても使い切れないってか、
たくさん用意するネタもないんで、もう、バッサリやっちゃったんだぜ。
コランダムは地味に! とにかく地味に!

>そういや犬さんはUTAUには手を出してないんでしたっけ? 音声ライブラリ多すぎで笑えます。使えないのもありますが。
UTAUといえば重音テトだね。
できた経緯がドラマチックすぎる。
ボカロあったら、わざわざUTAUは使うことはないかなー。
というか、ボカロもあんま使ってななななな

>戦士は鎧の防御力が倍になるんですよ。
ええい、元ネタがわからぬ!
イメージとしては、受け流してうまく鎧の硬い部分に当ててる感じで
なかなか現実的で理にかなってるスキルだけど、
作る側から見ると、パーティ内の防御力の差が開きすぎて
戦闘バランス取りにくいと思った。

>魔法に対抗できる力は自然か科学だと思うのですがどうでしょう。
魔法といっても世界ごとに定義が違うわけで。
そっちの世界では対抗できるけど、うちの世界では対抗できないよ的な。
言うなれば、魔法に対抗できる力は、作者すなわちゴッド!

>何というハーレムエンド……ッ!
女主人公でもハーレムエンドはできるということさ。
そう、そこに百合という要素があれば……!

>大きい樹が長編で、粉ランダムが短編なら、やっぱり粉ランダムしかプレイしない気がします。
ぶっちゃけ長編ってプレイするのめんどいよね。なんとも厄介な。
やっぱ手軽さって大事だと思う。
しかし作る側は長編のほうが燃えるという罠。
コランダムは製作途中で全部ネタバレするから、
プレイする必要すらないという、お得な仕様になっております。

>となると、ヒーラーは猿が兼ねることになるんですか?それともアイテムオンリーですか?偉そうにすいません……
ゼンゼンエラソウジャナイヨー。
魔法でホイホイ回復できると戦闘が単調になりすぎるし、
お金も余りまくっちゃうんで、アイテムオンリーにしようかと。
猿にアイテム効果二倍効果つけるんで、
回復役は猿にやらせるとお得でございます。

>もっと国民的な行事があるでしょ!ツクールイブなんてツクラーしか分からないYO!
ないね! 全然ないね!
一年前からこのネタやろうと思ってとっておいたのに
バレンタイン→ツクールの日ネタを先に公式でトシ重さんに出されて
出遅れた感があるのも私だ。

>100万+100万で(ry
ベアークロー2本で100万+100万で200万、いつもの2倍のジャンプで400万、
更に3倍の回転を加えれば、バッファローマン、お前の1000万パワーを超える
1200万パワーだ!

>なるほど、私は読んでてMP消費0で魔法使用+大魔法=隙が多くてDEF減。小魔法=隙は少ないが威力減かな?と思ってました
でも気づいたらキャラ毎に特徴わけされててウマー

全力攻撃=大魔法って感じだね。
ただ、通常攻撃を魔法にしてしまうと、戦士系と術系の
違いがなくなっちゃうという。
それと同じ理由で戦士系にスキルを持たせたくなかったんだ。

>フォースがしっかり溜まると、電撃系の戦隊を結成するに至るのですね。ハートに火がつくぜ!
元ネタが戦隊物だということはわかる! しかしその先が!

>バトル中のイベントでフォースが減ったり増えたりするわけですね。
怒りのパワーとか不思議な力でパワーアップ!
燃える展開だけど、それを入れる機会があるかどうか。

>関係ないですけど、レベルアップによる能力値の上昇や技能の習得にもゲームバランス以外の浪漫を感じますよね。逆にその辺りにこだわりを感じるようなゲームは当たりが多いような気がしますよ。
そう、それ重要なんだよ。
最初は苦戦した敵にいつの間にか勝てるようになってる爽快感とか。
市販ゲームの話になるんだけどけど、FF5って、
ちょうどレベル5デスが出てくる古代図書館で
だいたいキャラのレベルが5の倍数になってて、必ずデスくらってた。
でも全員が同じレベルにはならないから全滅はしないという、
あの絶妙なバランスは感動モンだよ、ほんと。

>魔法使いの特殊コマンドはサポート系にすればいいんじゃないかなぁ、と。 状態異常や攻撃力アップですね。 で、通常攻撃が魔法、と。 あ、強すぎですか?
だったらいっそフォースを無くしてボス戦ではサポート主体にとか。 雑魚戦ですげー使えるキャラですかね。
人様のネタで妄想するのは楽しいなぁ。 版権同人ってこんな気持ちなんでしょうかね。

その妄想こそ、このシリーズの正しい楽しみ方さ!
フルネタバレ前提で書いてる甲斐があるってもんさ。
通常攻撃で魔法ってのは、戦士系と術系の違いが以下略。
今のところ、魔法使いはフォースありでサポート主体にしようかと。
フォースで精神力上げれば補助魔法の成功率も上がるし。

>更新日時が15日の件について一言
家に帰るまでが遠足であるように、眠りにつくまでが2/14です。
0時を過ぎたら日付が変わるなんて誰が決めた!
むしろ時間を決めるのは自分! ザ・ワールド!

>>お代はラヴで結構 マジ……バケ……ッ! と思ったらLOMだったのか、と少し切なくなった今日この頃
製作元のブラウニーブラウンはセルフパロディしすぎと思う今日この頃。
なんで聖剣シリーズって、新約から
セルフパロデイに走るようになっちゃったんだろう。
と思ったら、ブラウニーブラウンが作ったのって新約とHOMだけだった。

>絶望した!つい最近日記に出てたメガネのネタがシンクロしてて絶望した!パラ犬さんおめでとう!(何が?
ネタかぶりぐらいあるさ。
なぜなら、ありとあらゆる生き物の意識は大宇宙で繋がっているからです。

>ずっとずっとずぅ~~~~っとパラ犬さんのブログ徘徊して早1年・・・・。私のブログもパラさんのに似て異なるような文章っぽくなってしまいました。きっと
朱に交われば赤くなると申しますか、文章とはいわば、感染する病。
でもこの日記に決まった文体はないという。
そのときの気分でいろんな文体に変化するでござるよ!ニンニン。

>何気に80万HIT達成してますね!おめでとうございます!!
80万HITありがとうございます!
返信の頃にはだいぶ過ぎちゃってるけど。
80万HIT記念に昔の素材を表に置いたら、なんか8万ヒットとか書いてあって
時の流れを感じました。
あれから3年か……