ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
] 2009/03/09(Mon)
前回のあらすじ]
アニメ塗りやってみてぇー。
ペン入れできねぇー。

そんなわけで、結局のところ、ちゃんとした線が引けるまで
練習するしかないよねって結論に達したわけで。

とりあえず、線まみれの、明らかにアニメ塗りと相性悪い自分の絵から
ちゃんとした線を取り出せるようになるまでトライ&エラー。

今回は、目標とするものがはっきりしてるんだから、
丁寧にやればできるようになるはずなんですよ。
漠然とした「絵が上手くなりてぇー」は、きっと一生到達できないけれど。

てなわけで、やってみた。
もう描いては消しーの、ひたすら微調整しーのと、これ以上やったら
全身の毛穴からウボァーと音を立てて何かが噴き出すんじゃないか
ってぐらい、とにかく時間かけて丁寧にやってみた。

目の塗り方はたぶんエロゲ塗り.jpg

できたんだぜ!

これが、今の精一杯……ぐふぅ。

ちなみに塗り方の参考にしたのは、アクツクのパッケージ絵だったりします。
雰囲気だけ見ると全然違いますが、それは絵柄の違いってことで。
塗りの参考にしただけで、似せて描いたわけじゃないもの。

普通に下絵を描いてペン入れしたんですが、
なんかもう下絵の線と全然違う、ってか、下絵が雑すぎた。

使用前→使用後が別人なのは基本.jpg

いつもより下絵が雑な気がしますが、
描き方自体はいつもと同じです。
そりゃアニメ塗りできんわ。

この機会にSAIを導入しました。
Painterはアニメ塗りに弱いのです。
そんなわけで、今回は主線も塗りもSAIで。
主線は制御点をひたすらポチポチやりました。

で、このポチポチ微調整ってのが、
ドット絵と同じで無限ループなわけで。
微調整を繰り返せばいいものができるのがいい点なんですが、
いつまでも微調整を繰り返してしまうのが悪い点。

ふー、満足満足。全力出し尽くした。
たぶんもう二度とやらない。っていうかできない。



志村ー! 臨時ニュース臨時ニュース!

ツクール新聞が復活するよ!

トモタカにゃん帰ってきたー!
サーバー消えてたときは悲しかったよ。

それは、アクションゲームツクールがもたらした奇跡。
みんなもアクツクやろうぜ! 盛り上げようぜ!



2/21までの拍手返事。
携帯で読んだらコメと返事が繋がってわけわかんなかったから
今回から一行開けてみた。


>出そう ・・・ でそう とも だそう とも読めて一瞬何のことやらと (2/17)

拍手返事が遅くなることを見越して日付つきとは親切な。
文脈はフィーリングで! 文字で読むんじゃない。ハートで読むんだ!


>figmaってあいかわらず微妙なとこつきますね。ドアラがあると知ったときは地元民としても複雑な気持ちになったものです。

しかもそれでクオリティが高いのかまたなんとも。
「よく動く、キモイ」のキャッチコピーどおり
どんなポーズ取らせても素敵にキモイ。


>ブログの全てのログ見させて大爆笑させてもらいました!(※この後の文は省略)

そんなにいっぱい見ちゃらめぇ!
なんというか、お疲れ様です。
いつの間にか全部読むのが大変な量になってた。
一日10記事ずつ読んでも全部読むのに3ヶ月以上かかるという。
これが……積み重ねて来た、日常という名の罪の重み……!


>君が望まない永遠 - パラ犬流シナリオ製作(25) で、「この先、生き残る」が「この先生、キノコる」に見えてしまった(´・ω・`)

それはもうバグではなく仕様だヨ!


>わたしまけましたわ

負け犬め! めぬいけま。


>音声素材にmp3ないし画像素材にjpgもないので、雑感では特記すべきフォーマットだけ限定列挙されてるだけだと思ったのですが・・・ >ツクール

そして、実際WAVとAIFFオンリーだったという。
そういやjpg使えないんだ。
たぶんゲームデータ書き出すときに圧縮入るんだろうから
非圧縮のWAVとか使うんだと思うんだけど、
どれぐらいサイズ変わるか調べてないや。


>機能紹介見てアクションゲームツクールが欲しくなってきた!でもノートパソコンで動かす自信が無いッ!

そういや低スペックでの動作どうなってるんだろう。
VXの時ほどカクカクになったって話を聞かないんだけど、
そもそも手を出してないのか。うーん……


>フライパンの女の子最強武器はmotherが本家。

やっぱ最強武器はネタアイテムにしたくなるのが人情。
料理好きっ子の武器ならフライパンより包丁のほうがいいと思うんだけど
生々しいからダメなんでしょうか。


>みんなそろそろ忘れてるだろうから一挙大放出!

何を!?
みんなが忘れてる頃には本人も忘れているというオチ。
なんだかわからないけど残念だったな!


>いまさらですが、
学科、リクエストでもいけるとおもうんです


いまさらだ!
がっかりクエストもバッチリクエストネタも、いまさらすぎるよ!


>WRRRYYYYY!!!!

ネタちげEEEEE!!


>日記凄い面白いです。テンション高くて素敵!

テンションアゲアゲだよ!
ニューエイジをニューアゲって読んじゃうぐらいage-ageだよ!


>もしや、モンテという謎の生命体Mは、プチプチできる梱包材を潰す感覚でできる某ゲームのやつなのだろうか。そして、これは世紀の大発見なのだろうか。

何を言ってるのかさっぱりだよ!
いや、しかし世紀の大発見というものは人に理解されぬもの。
ならばきっと世紀の大発見なのでしょう。