ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2009/12/11(Fri)
勢いが足りなくて、くだらない事を書くのがためらわれる。
なら、勢いをつければいいんだ!
というわけで、KA・SO・KU☆

そう、もっとくだらなく!
言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズン。

というわけで、昨日見た夢の話をします!
夢の話なのでヤマもオチもイミもないです。

なんか舞台はFF13で、ライトニングさんとの親密度を上げる
ギャルゲーでした。

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…
二次創作だとか原作レイプだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

いや、普段、ゲームキャラの夢なんて見ないんですよ。
それがなんで、よりにもよってFF13なのやら。
手を出さないようにしてるのに。
自作品の夢ですら見たことないのに!

自分(=主人公)はホープ(ショタっ子少年)でした。
なんかめっちゃいいショタボイスで喋ってました。
ちなみに実際のFF13のキャラの声なんて、さっぱり覚えてません。
アフロだけ覚えてる。

重ねて言いますが、普段はゲームキャラの夢なんて見ませんマジで。

しかし何故にショタっ子。なんて微妙なポジション。
どうやら自分をスノウやアフロにするのは
深層意識が拒絶したようです。

んで、親密度ですよ。
とりあえずセーブデータを複数作って
まずは親密度を下げる選択肢を選ぶ方向でいきました。
ゲームの中の世界からどういう原理でセーブデータを管理してるのか
よくわかりませんが、形而上学的な何かなんでしょう。

そしたらライトニングさんが行方不明に。
誰かの話によると、このまま放っておくと消えてしまうそうです。
「そんな……僕、探して来ます!」と、自分。
めっちゃいいショタボイス。
「……」の間の取り方なんて完璧でしたよ、もう。

聞き込みをして回ると、どうやらライトニングさんは
ユウナに変装しているらしいです。

もうわけがわかりません。
よくもまあ、まだプレイしてないゲームのキャラをこんなにいじれるんだか。
ちなみにFF10も未プレイです。

うん、書いててわかったけど、夢の話って
本当にヤマもイミもオチもない。これはヤバい。
夢見てる時は楽しいのに。

今回はそれに加えて「FF13知らない人はおいてけぼり」という要素も加わって
どうしようもなさ倍増です。これはヤバい。

ただひとつだけ主張したいことがあります。
和服のライトニングさんは意外とよかった。
それだけだ。



誰かの作った物語というものは、どんなものでもそこそこ楽しめるのに、
他人の夢の話は、誰しも反応に困ると思います。

なんでかというと、基本的に意味のない
ランダムな事象の組み合わせだからなんですよね。

人が人の話を聞く目的(というか楽しさ)の一つは
「話し手の意思に触れる事」だと思うんですよ。

「なんとなくサイコロを振ったら出た目は3だった」とか話されても
へぇーとしか返せないじゃないですか。

夢みたいに意味不明でカオスな作品も存在します。
しかし、同じ「カオスな話」でも、
創作物のそれと夢の話は根本的に違います。

どんなに不条理な物語でも、作り手の意図は存在しています。
しかし夢には、それがない。
いやまあ深層意識とかそんなレベルでは、なくはないんでしょうけど。

一見すると物語的な体を成しているように錯覚しがちですが、
そこにはヤマもオチもイミもないわけです。
それはただの、事象の羅列です。

たまにネット小説やシナリオでも
物語というより事象の羅列に近くなっているものを見かけます。

「事象の羅列」と「物語」の違いは何でしょうか。
お、これ、シナリオ論的な話になるんじゃね?

ある程度シナリオを書き慣れてる人は
そのへんちゃんと意識できると思うんですが、
区別が付かないと、漠然と「なんかつまらない」という感想で
終わってしまうのではないでしょうか。
整合性さえ取れていれば物語でしょ、みたいな。

このへん、いつかちゃんとまとめて語りたいもんです。
やるとしたら、パラ犬流シナリオ製作実況生中継カテゴリになると思う。
つまりコランダムの製作であり、なもさくを完成させてから!

そもそも、シナリオメインのなもさくも出さずに
シナリオについて語っても、ぜんぜん説得力ないし。

まあ、出したら出したでレベルの低さが露呈して
「このレベルでシナリオについて語るなんて百億万年早いわ」って
なるかもしれないでしょうけど、
出さなかったからといって自分のレベルが変わるわけでもなし。



11/6までの拍手返事。

>少年のような心があれば、それは少年なのです。しかし少女は違う。
つまり、少女⊂少年


しかし最近は「オトコの娘」という属性が流行っていたりするから
そうとは言い切れないのです。
少年と少女は重なり合うベン図でありド・モルガンの法則。


>タイトル見てこれ→http://www.nicovideo.jp/watch/sm5998492 思い出しました

豚は死ねって、それ違うルカ様ー!
駆り立てるのは野心と欲望 横たわるのは豚は死ね!


>どうでもいいけど昔のファミ通で、パワプロに「ラメーン」という食べ物があることが紹介されて、文字を入れ替えたらどんな意味になるのかを考察する企画(?)があった。

昔のゲーム雑誌は真剣に馬鹿企画やってたねー。
れとろげーむまにあさんのまとめとか、面白すぎる。
(→ファミ通が面白かった頃のネタを採り上げてみた
カインの顔がヤバイ。何度見てもヤバイ。
しかし、ファイナルクエストは普通にツクゲーでゴロゴロありそう。


>駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのはパラ犬とモンテ
ごめんなさい、言ってみたかっただけです


僕にモン手を汚せというのか。
モン手をとりあって。
うん、二個目のはちょっと無理がある。誰も僕を責めることはできない。

>「ラメーン」だと、流石に小池さんが「らめぇぇぇぇえええん」言ってる姿しか思い浮かばない

ちくしょう言ってる姿を想像してしまったちくしょう。
小池さんといえば、すごい昔に、シャ乱Qが小池さんの歌を出してた記憶が。
兄貴がCD持ってた。
これがわかさゆえのあやまちか。


>シナリオは割り切り。拘ってるといつまでたっても終わらないので潔く諦めて、今の後悔を次の作品に活かすべし。…とはいっても自分の場合、全然諦められないですがなんというかまぁ、気分的に?

終わったものは割り切らなきゃならないけど、
まだ完成してないコレについては、
活かすべきは「次」ではなく「今回」!
そう、後悔するにはまだ早い! なぜなら公開していないから!


>どれが自分が送った拍手か判らないです。 なもさく、恐ろしい子!!

フハハ、拍手コメの海で溺れるがいい!
こっちももう何の記事に対するコメントかも微妙にわからないぜ!