ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2009/12/21(Mon)
FF13、現在4章の終わりまで。
プレイ時間は約9時間半。
M-1グランプリの日なので、プレイ時間はひかえめ。

さて、4章といえば。
そうだね、オーディン戦だね。
初見殺しと恐れられ、全滅の嵐に何人ものプレイヤーが涙を呑んできたと
噂される、あのオーディンですよ。

そんでまあ、自分も例に漏れず、何度か全滅したわけですが、
最終的には 時間余りまくりーの HP余りまくりーの で星5つ余裕でした。

本日は、このオーディン様を攻略するまでの
愛と感動のドキュメンタリーを綴っていこうと思います。
いややっぱり感動はないです。

FF13プレイ中で、まだここまで行ってない人は
ネタバレ(というか戦闘の緊張感を損ねる)なので、
読まないほうがいいと思います。

さて、召喚獣戦は、単にダメージを与えるだけではなく、
召喚獣に認めてもらえる行動を取って好感度ゲージ的なものを
上げることが重要な鍵となっています。

まずはライブラで特性をサーチ。
それによるとチェーンボーナスを溜めると認めてくれるらしいので
「そんなん言われなくても溜めるわ」と思いつつ
普通にチェーンを繋ぎつつ戦ったら、普通に全滅。
うん、普通。これは初見殺しだわ。

チェーンボーナス溜めるの苦手なんですよ。
正攻法の戦い方ってのは、どうも苦手なのです。
シヴァ戦みたいに空気読んでれば何もせずに勝てるような戦闘と違って、
チェーンでゴリ押しなんてのを条件に出されたら、
かなり厳しいです。

正攻法しかなくても、なんとか楽な道を探すのが私のジャスティス。
ライブラでは特性2が伏せられていたので、
その穴を探る方向でいきます。

リトライ。
オーディンが出てきたシチュエーションから見て
これは仲間を思いやる系の行動がキーだなということで、
ふたりはプリキュア作戦(ダブルキュア)で耐えてみる。
結果、あんまりゲージ溜まらないわ妨害されるわで全滅。

次。
この章のマップの宝箱に連続して雷属性の防御アクセが入ってたので、
ボス戦で雷耐性が必要になると判断。
正直、戦闘中の敵の行動なんて見てる暇はないのでわかりません。
装備してたら、なんとなく長いこと耐えたような気がするので
たぶん雷属性の攻撃をして来てたんでしょう。たぶん。
とりあえず、ここは様子見なのでおとなしく全滅。

さらに次。
ライトニングの召喚獣ということは、
ライトニングの固有技でなんとかするんだろうと予想。
でもスノウみたいに防御できるわけじゃないし、うーん……
ライトニング……サンダーかなぁ……
雷属性の敵に雷攻撃って試練っぽくてよくね? という流れで
サンダーを使ってみたら、チェーンなしでもゲージが増えたので
これで行くことに決定。
(雷属性うんぬんは関係なくて単にブラスターのロール効果かも)

様子見タイムここまで。
ここから全力で倒しにかかります。

まずは新しくオプティマを作って、
「ライトニング → ブラスター」
「ホープ → ヒーラー」
にしました。
この組み合わせってデフォにはないんよね。

装備は二人とも雷の腕輪。
相変わらずどれぐらい有効なのか確認できてませんが、
まあたぶん有効でしょう。

そしてイベント前にパワースモークで味方を強化。
これはまあ、お約束。

さて、ここまでが前準備。
戦闘に入ります。

ロールは、さっき作ったオプティマで
ブラスター+ヒーラー。
コマンド入力でひたすらサンダーを撃ちます。

雷属性うんぬんやブラスターのロール効果を狙うなら
スパークブロウのほうが(物理依存なので)ダメージが大きいんですが、
ここはあえてサンダーを使いました。

なんでかというと、接敵するのを避けるためです。
その場から移動しないので、
ライトニングとホープが二人で固まって
範囲攻撃で一度にダメージを食らう危険が少なくなるというわけ。

サンダーを連発して間合いを取っていると、
オーディンは無防備なホープに攻撃してきます。

さてHPの低いホープくん。健気に自分でケアルをかけて頑張ります。
ここは心を鬼にして、耐えてもらいましょう。

名付けて、「ドキドキ☆囮大作戦」!

オーディンがホープくんに構っている間、
こっちは安全圏からサンダーを撃ち続けます。

たまにホープくんが力尽きるので、そのときはフェニ尾で復活させて
また頑張ってもらいます。
鬼畜ですね、ライトニングさん。

これで、なんともまあ、あっさりと勝てました。
やっぱり囮は有効だよね! 尊い犠牲というやつです。

「仲間を思いやる」から激しくかけ離れましたが、
結果オーライというやつです。
勝てばよかろうなのだ!

私はホープくんを厳しく育てようと思う。
愛だよ、愛。

あ、ちなみに、隠されてた特性2は
「治療して痛みを癒す者を主として認めます」でした。
なんだ、プリキュア作戦で合ってたじゃん。サンダー関係ないじゃん。