ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2009/12/24(Thu)
前回のあらすじ~

明晰夢で何ができるか、ザ・実験。
たんけん、はっけん、ぼくのゆめ。

夢は我が支配領域<アブソリュート・テリトリー>。
空を飛んだり全ての人間を消去したり
この世の真理が書かれた錬金術書を召喚したりと
やりたいほうだい。

しかし、ぶっちゃけ、何でも思い通りになる世界ってのは
あんまり面白みがないような気がする。
そんな、この世の真理に一歩近づいた
とある真冬の夜の夢。



次の実験。
世界の果てが気になったので、
どこまで高く飛べるか試してみました。

夢の中で“浮遊”ではなく“飛行”する機会はあんまりなかったんですが、
ちゃんと上昇できました。よきかなよきかな。

ビルの三階ぐらいの高さまで上昇すると、
それ以上先に進めなくなりました。
ゲームの3Dマップの端みたいに。
「やっぱこれ以上はモデリングしてないか」と思いつつ帰還。

夢ってのは所詮、記憶をつぎはぎしたものなわけで。
人間、行った事のない空間ってのは、ものすごく多いわけで。

人の行動範囲ってのは、思ったより狭いもんです。
「自分が認識できる」範囲の終わりが「世界の果て」。
つまりはそういうことなんでしょう。
認識できないのなら、あってもなくても同じですからね。

貴方が今見ているこの世界も、本当は、見えていないところは
存在すらしていないのかもしれませんよ……ククク……
いや、そういうのはいいです。

さて、このへんで、そろそろやる事がなくなってきました。

なんとなく流れ星でも見たくなったので
辺りを夜にして星に「流れろ」と命じました。

そしたらなんか、星が五個ぐらい横にスーッと移動したんです。
なんで真横に流れんねん。おかしいだろそれ。
「いや、そういう流れ方じゃなくて! っていうか
それ、渡り鳥のV字隊列やん!」と、ツッコミ入れときました。
なんで自分の夢にツッコミ入れてんの。

夢ってのは、自分が見たことのある物しか出せないわけで。
どうやら、適当な映像を参考にして(この場合は渡り鳥)
流れ星っぽいものを作ったようです。

本物の流れ星を見たことないから夢に出ないのか……?
いや、この前見たわ。見たことあるわ。

そう思い出した瞬間、空に大量に流れる流れ星。
でもなんかワンパターン。
「コピペすんなや!」
またツッコミ。

思えば、このあたりから何かがおかしくなっていたのかもしれません。

本格的にやる事がなくなってきたので、
そのへんをウロウロしていたら、
うちの兄貴(やや男前補正)が出てきて
「このまま続けると戻れなくなる」と警告をされました。

意図しない登場人物が出てきたってことは、
この時点で夢を制御できなくなっていたんでしょう。

どこかで火の手が上がりました。
町が燃えています。
上着が邪魔だったのでポストの上に放置していたんですが、
ポストは大樹に変化して服を突き破っています。
千切れた服はただの紙(なぜかDSのチラシ)に
なっていました。

崩壊する世界。まさに世界の終わり。
これはもうダメだと思ったので、
さっさと夢から覚めることにしました。

夢から覚めるためのカウントダウン開始。

徐々に覚醒状態に移行していると、
全体の色相が変化していることに気付いたので、
ミントガム(いちばんそれっぽい色だったので)で
色の変化を段階的に記録して、記憶に焼き付けて帰りました。

色の記憶は言葉では持ち帰れないので、
クオリアでなんとかするしかないのです。
正直、このへんは感覚的すぎて、こうやって文字で書くのが難しい。
というか、夢の話ってのは全部感覚的なので、
記事にするとわけわからなくなるホント。

さて夢の色。
どうやら深い夢(制御できない)はやや青緑色寄りで
浅い夢(明晰夢)はベージュっぽい空気のようです。

そうこうしている間に、減っていくカウントダウン。
3、2、1、0。
きっちり0のタイミングで目が覚めました。
おはようございました。



明晰夢を見るために一番重要なのは、
「明晰夢を見れる」っていう思い込みだと思います。

「夢の中で夢だと自覚する」なんて事を
そもそも知らない人もいらっしゃるかもしれません。
「え?そんなのできるの?」って。

この記事を読んで、「こいつがこんだけ自由にできるんだから、
自分もできるだろ」って、気持ちになったのなら、
きっと近いうちに見れると思います。
もちろん、慣れててもホイホイ見れるもんじゃないので、
すぐにってわけじゃないでしょうけど。

なに、同じ生き物なんですから、脳の構造はそんな変わりませんよってに。
ただ、「自分にはできないと思い込む」「そもそも知らない」、
この二つは、大きな枷になっていると思います。

明晰夢を見る方法ってのは、ネットで探せばいろいろと見つかりますが、
どの手法もだいたい「夢を意識する」ことが最大のポイントなんですよね。
夢の中(自分の手を見るとか)でも、夢の外(夢日記をつけるとか)でも。

見ようと思って見れるもんじゃないですが、
見ようと思うことが、見る確率を上げる。
この記事がそのきっかけになったらいいよね、なんて
そんなことを思ったりなんかしたり。



11/22までの拍手返事。

>制限量+もふもふけものは、キャラ関係の画像は主催からの一律配布とか 配布素材は募集、偏ったりすると素材元さんがちょっと寂しむ
そして募集が集まらないとパラ犬さんが泣く


一律配布だとまた違った趣旨のパーティーになるね。
シナリオの鉄人なんかは最初に知ったときに感動した。
しかしケモノ素材は募集してもたぶん集まらないと思われ。
せめてケモノ素材リンク集を作ろうと思ったけど、
グーグル先生の力を持ってしても
素材屋さんが一件も見つからなかったという罠。
なんということだ。世界はこんなにもケモノに厳しいのか。


>ケモノパーティーと聞いてドキがムネムネしすぎて昼もぐっすりできません!

くそっ、ツッコんだら負けだ。
もうこんだけ支持票入ったらケモパーで進めるしかないね!
返信が一文で終わってしまった。
しかし、ツッコんだら負けだ。
ケモノはロマンですね。なんたってケモノですからね。
ドキがムネムネしちゃいますよね。そりゃあもう昼も眠れな……夜寝とるやんけー!なんてツッコんだりしないんだからねっ!


>どうでもいいですがXG音源がすごいです。パラ犬さんは一度でも聞いたことがありますか?

XG音源とだけいわれても激しくピンキリだけど、
無料のS-YXG50とMidRadioぐらいならあるアルよー。
ただ、音源変えると、midi鑑賞するにはいいんだけど、
ゲームのBGMはプレイヤーにどう聞こえるかのほうが重要なわけで、
素材決めにはあんまりよろしくないという。
自分がプレイヤーの側でも、ゲーム作者さんの意図と違った音に
聞こえるってのは、やっぱりなんかアレ。
ツクールXPとVXのソフトウェア音源まんせー。


>ふむ、ケモノでBL……ウルですね。 たしかそんなのを造る計画が(エイプリルフールに)ありましたよね。

なんでBLを足すねん! なんでBLを足すねん!
あとアレ、計画じゃないから! ネタだからね!
コランダムはケモノゲーなのかと問われれば、うーん、どうなんだろ。
ウルはモフモフしてるけど、あいつ一匹だけだし。
もっとケモノまみれでフルモッフじゃないと!


>トップにも名もなき花の咲く頃にってあったのでそういうタイトルだと思ってました!ごめんなさい!

ちくしょうあんなに堂々と間違えてるとはちくしょう。
堂々としすぎて自分も気付かなかったYO……
はっ、これを応用すれば他人騙し放題じゃね?
敵を欺くならまず己から! 敵って何だ。


>けものパック……いえなんでもありません

新RTPが出ない以上、ここはebにケモノパッケージを作ってもらわざるを得ない。
キャラチップはすべてケモノ! モングラもケモノ! マップは森オンリー!
BGMは野性味あふれ、効果音はあらゆる獣の声だ! 狼の遠吠えだけで十数種類!
素晴らしい。これは売れ……ないな。


>あぶそりゅーと・ふぃーるど。あれ?昔クレティアさんの絶対領域イラストに
>すいません切ってしまいました。クレティアさんの絶対領域のイラストに「アブソリュート・テリトリー」って書いてあった様な気が。すいません細かい事を。

わ、忘れてなんかいなかったんだからねっ! ほんとだよ!
た、ただ、誰も覚えてないだろって思っただけで……!
いやほら、テリトリーよりもフィールドのほうが必殺技っぽいというか
なんていうか、えっと、なんでわざわざフィールドにしたんだろ?
きっと何か大きな力が働いたのさ、うん。運命という名のね……


>エターナルチャンピオン祭り

それはムアコック的な共有世界祭りなのか、
エターナった作品をリメイクしようぜ祭りなのか。
容量制限祭りとエターナル祭りを組み合わせたら
大規模にならないからエターナルから救い出せる!ってのを考えたけど、
その程度でエターナルの呪いから逃れられる人なら
そもそもエターナらないと脳内会議で言われたので没。


>Death Dog Question -DDQ-

まず蓋のある箱の中に犬とラジウムと青酸ガスの発生装置を入れておく。
ラジウムがアルファ粒子を出すと青酸ガス発生装置が作動して犬は死ぬが
アルファ粒子が出なければ装置は作動せず犬は生き残る。
原子核がアルファ崩壊を起こしてアルファ粒子が放出される確率が
50%だとすると、箱の中の犬は生きているだろうか死んでいるだろうか?
原子の位置は波動関数として与えられるため重なり合って存在し
観測されることによって初めて位置が確定する。
ゆえに原子の位置によって導かれる箱の中の犬の生死は
人間に観測されるまで生きている状態と死んでいる状態が重なり合っているのだ。
これが有名なパラディンガーの犬のパラドッグスである。D.D.Q.


>俺のなかのカオスがけものパッケージを作れと騒いでいる……作れそうな気がしない
そういうのあればけもの作る人増えますかね。けもの(語尾)


作るんだけもの!(語尾)
ハードウェアの普及にはソフトウェアを充実させることが
必要不可欠ですけもの。
そう、ケモノを広めるには、思わずケモノゲーを作りたくなるような
ケモノ素材は大きな武器となるけもの!
てかマジで作ってくださいケモノ絵師さんたちお願いしますけもの。


>案の定ツクールDS発売延期・・・。

よく訓練されたツクーラーは、ツクールBlogの雰囲気で
進捗状況がわかるというもの。
何回延期してもいいから、いいものを作ってほしいねー。
あんまり締切に追われて作ると、それなりのものになっちゃうからさ。


>受験生ですがいつでもいけます><(

だめじゃん!
いや、まあ、ゲームばっかで勉強しない人は、
どうせゲームがなくても勉強するようになるわけじゃないから
いいっちゃあいいんだけど。
でも、受験生。プレイするほうはいいけど、
作るほうはダメ。ゼッタイ!


>聖なる夜のホーリーナイト、戦闘がとてもよかったです。クリスマス前にできてよかったです。ありがとうございました(^-^)

こちらこそプレイありがとっす!
クリスマス前に返信できてよかった。メリークリスマス!
そんなこんなでクリスマスイブ。
みんな、せっかくだからホリナイやろうぜ!
プレイするタイミングが掴めなかった人はちょうどいい機会だよほらほら!


>DSiにはメモリスロットがついてるから、外部からの読み込みが可能なら容量制限は大丈夫かと。むしろ外部から素材が読み込めるかどうかが大事かな?ツクール4みたいにLOADING頻発でも困るけど…

DSi専用だったら私が泣くッ!
カードリッジならロード時間は大丈夫っしょ、たぶん。
SDカードに保存するにしても、プレイする時はROMに全データロードするんじゃないかな。
ツクール4みたいに光ディスクだったらROMに書き込めないから
マップ切り替えのたびにメモリカード読みに行ってエラい事になるけど。
素材は、まあ、もう自作できないと割り切ろうじゃないか、同志よ。