ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/06/19(Sat)
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還から一週間が経とうとしています。

帰還の瞬間はワクワクが止まりませんでしたよ。
宇宙ですよ宇宙。宇宙ヤバイ。
JAXAの中継でリアルタイムで見ようとしたら
混みすぎてサーバーに入れなかったので、
あとで動画で見ました。普通の人が趣味で夜空を撮影したやつ。

大気圏突入の瞬間、一面に光が満ちて空がすっごく明るくなってた。
ありゃPCのモニタなんか見ずに、
普通に夜空を見上げてたほうがよかったと、ちょっと後悔したもんです。
事件はモニタ内で起きてるんじゃない! 夜空で起きてるんだ!

中身が入ってるか判明するまでに数ヶ月かかるらしいですね。
開けるだけで一週間かかって、
そこから目に見えないほど小さい試料を探す作業に入るんだとか。
ドリフなら加トちゃんがくしゃみをして吹き飛ばす流れ。

今のところ、X線で確認できるサイズの試料は入ってないらしいです。

もっとも、はやぶさはイオンエンジンの性能の実証がメインだから
行って帰って来ただけで実験としては十分でしょう。
でもやっぱ、試料入ってたらいいな。

まあ、そこまで完璧な結果を期待して、
入ってなかったからといって失敗だと言うのは
ちょっと思考が短絡的ってもんでしょうね。
理系の実験は、結果よりもプロトコル(実験手順)の確立のほうが
重要なのです。

この実証結果を元にしてもっと安定したエンジンが実用化されれば
試料なんてナンボでも取ってこれるんだから。

[追記]
さっきググッたら実験手順をプロトコルって呼ぶのは
分子生物学だけだった。(→Wikipedia
自分の専攻が理系の共通認識だと思い込むのは危険やね。
[ここまで追記]

目に見える結果だけを期待する、というか、
何か行動を起こせば望んだ結果が得られるのが当たり前で
それが得られなければ全く意味がない、なんて価値観は、
冷静に見れば歪んでると思うんだけど、どうなんだろ。

テストの成績を上げるためには勉強するしかないけど
勉強すれば必ず成績が上がるってもんじゃないですよ。

ゲームを作れば完成するのが当然で
エターナったものは非難すべき、とか。

世の中、上手くいかない事のほうが多いんだから
そんな事を続けていれば、いずれ
自分は何をやっても駄目な奴、みたいな
極端な結論に行くんじゃないでしょうか。

「絵の練習をしてるのに全然上手くならない。もう練習なんてしない!」
「ホームページを作ったのに、あいつ(任意の人の名前を入れよう)の
ところより客が少ない。自分の作るものには価値がない!」
「ゲームを作ったのに感想が来ない」
「ゲームを作ったのに賞が取れなかった」
「ゲームを作ったのにそれを目にしたゲーム会社の人から声がかかって
製品化されてその売り上げで一生遊んで暮らせたりしない」

などということで一生苦しまなければならなくなるのです。
人とは欲深き生き物よ。