ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
奈落の歌と青い鳥 ] 2010/06/21(Mon)
さあ、そろそろ反撃の狼煙を上げようではないか!

そんなこんなで、そろそろなら歌をVXで復活させようかと。
一週間に一日ぶんずつしか進まないかもだけど、
ちまちまボスのHP削る感じでいってやるぜグヘヘ。

まずはどれぐらい課題が残ってるのか洗い出して、
少しずつ潰していくことにしましょう。

1. キャラグラフィック

さて、ツクールDSのやつをVXに移植するにあたり、
最もネックになってくるのは、なんといってもグラフィック。

特にキャラのイメージは自分の中で
ツクールDSのグラで固定されちゃってるわけですよ。
今さら違う姿に変えられない。

遺影.jpg
↑コレ

まずはこいつらを作るのが、最初の敵ってところか。

2. BGM

BGMはツクールDS限定版のやつをフル活用!
DPサイズの制約のせいで使えなかったぶんを
きっちり使ってやるぜ!

ダンジョン曲4階層!
通常戦闘! フロアボス戦! シナリオボス戦! ラスボス戦!
そしてエンディングとタイトル画面の計10曲!
フハハ、ツクールDSの三倍の量だ!

そう、PC版なら、BGMをいくら使おうと
容量的に痛くもかゆくも――

 合計サイズ:17.5MB

OGGの容量DEKEEEEEEEEE!!
痛い! かゆい!

容量め、また私を苦しめるというのか……!
誰もツクールDSの呪いからは逃れられない――

3. マップ

DS版でのダンジョンマップは、いかにパーツを使いまわして
容量を節約するかに全力を傾けていたわけで。
これはもう、ダンジョンの構造から変えたほうがいいかも。

作るモノとしての難易度はそれほど高くないくせに、
いまいちモチベーションが上がらないのがマップ作り。
マップめんどくさいよーよーよー。

4. モンスター

モングラは絵柄の統一が必要ですから、
一つのサイトの素材だけを使うのが基本なわけで。
その素材セットとツクールDSのモングラでは
当然、モンスターの種類の違いはあるわけで。
アフロが昇天ペガサスMIX盛りになっちゃうぐらいの違いは出ます。

モンスターの種類が違ってくれば、名前も能力も変わります。
これがボスクラスになると、シナリオにまで影響が出たりします。

モンスターについては、もうまるごと全部
作り直すと思ったほうがいいさね。

5. 戦闘バランス

主人公の成長曲線もダメージ計算式も変わるから、
ぜんぶ計算しなおしだ……

DS版は戦闘バランスが全く取れてなかったから、
こんどはきっちりするように前向きに善処する次第であります。

6. シナリオ

今見ると、ラストがあまりにもご都合主義な上に
微妙にホリナイっぽい感じになってるので、
ちゃんとした結末に変えることにします。

DS版をプレイした(してしまった奇特な)人でも、
VX版はまた別に遊べるようになるはず。

結論

多い! やること多い!
なにこれ、移植ってサクッと終わるもんじゃないの!?
ほとんど作り直しじゃん!

まあ、一から作るよりは楽だけどさ……
道は長い。



今日はいっぱい拍手返事しちゃうけんね!
5/23までの拍手返事。

>盾を持ってる手に負荷がかかって痛い思いをする、に一票

「この矛はどんな盾でも貫くよ。この盾はどんな矛でも防ぐよ」
「その矛で盾を突いたらどうなるのさ?」
「盾を持ってる手に負荷がかかって痛い思いをする」
禅問答かYO! あんたは一休さんか!


>特製カレンダー早速壁紙に使わせてもらいました!

使っちゃったー!
無茶しやがって……
大きいサイズも用意しといたほうがよかったかなと思ったけど
もともとのサイズが小さいからしょうがない。


>うお、このカレンダーは売れますね!小指が一番可愛い。

売れるのかー!
五本とも微妙に顔が違うのは、それぞれの指の性格を出すために
細かいところまで頑張って描画……してませんハイすいません。


>五月も下旬と言うのに五月のカレンダーとは…パラ犬さんはよほど読者のみなさんを五月病にかけたいと思っているのだろう

五月があるから五月病にかかるというのなら、
いっそ五月なんてなくなってしまえばいい。
だが、覚えておくがいい。たとえ五月が滅びようとも
第二第三の五月病が……ぐふっ


>た、たんじょうび、だと?そうさ!パラいぬのサイトのたんじょうびのふつかごがたんじょうびだが、まさかいわわれるとは!ほれてしまいそうだぜぇ!

ほれてもいいんだぜ。
きみがこのよにうまれてきたことは、とてもすばらしいことなのだから。
おたんじょうびおめでとうございました!


>なら歌制作、大変だとは思いますが、影ながら応援しています!もし間に合わなくても、VXに移植を待っ…ん?今玄関から物音が

そして間に合わなくてVXに移植というオチ。
CMの後もまだまだ続くよ!(待ち時間が)


>パラ犬先生の次回作(ならうた)にご期待ください。

もうなもさく行っちゃうのかー!? と思ったら、ならうただった。
「ならうた」と「なもさく」まぎらわしいっちゅーねん。
誰だこんな名前つけた奴!


>今、昔の記事を読んでいます。 http://para.blog14.fc2.com/blog-entry-145.htmlがとても参考になりました。そういう記事にリンクしてもいいんですか?

いいよ! どんどんやっちゃって!
記事を引用するときは、日記トップにリンクすると
あとで読む人がわざわざ探さなきゃならなくなっちゃうから、
むしろ記事リンク推奨なのです。


>あと10分で日付が変わる…このままでは、カレンダーの市松模様が…

ふっ、その程度、時空を操作すれば!
そうそう、シメキリブレイクのゴタゴタでネタにするタイミングを逃したけど
カレンダー市松模様コンプリートなんだぜ!
ナナメなめなめ.png
ああ、これ一つで日記一日ぶんのネタになったというのに……
この一発ネタのために一ヶ月続けたのに……
タイミングは大事。


>メラは火球。ギラは電撃または熱線。デインはどちらかと言えば雨乞いの術のような気がします。でもメラが火球だとするとグループ攻撃できないのはイメージに反するんですよね。どちらかといえばギラの方が単体ぽい。

なるほど、たしかにデイン系は雷雲を呼び寄せるイメージが。
攻略本のイラストのイメージは偉大だ。
ギラは回りの空気も熱せられるから範囲広いんじゃないかな。
なんかピンポイントの熱ってイメージしにくいし。


>エンペドクレス先生の四大元素にはさらに憎愛だの輪廻だのとかも加わるから難しい。けど,四大元素を愛するなら是非知っておいてほしい名前だよなぁなどと思ってしまった。

このへんは、アレだ。
ギリシャ人の語彙がロマンチックすぎるせいだ。
憎愛は単に分解と結合のことだし、
輪廻は正と反を止揚したものが新たな正になるようなもんだし。
四元素論は中世の占星術とか錬金術とか医術にも通じてる理論だから、
本格的な中世ヨーロッパを舞台にした世界を作る場合は
ファンタジックな言葉に惑わされずに本質を知って欲しいところだね。


>マジレスすると、私も上手い事まとまらなくて、自分を納得させる為には「熱」「冷」「地」「風」「心」「雷」「撃」「鋼」「光」「影」「星」「闇」「時」「夢」と、属性まみれになってしまいました。
しかし、その「エンペドニクス」って人は、たった4元素だけで自分は納得出来ていたのでしょうかね?


多いYO! どんだけー!
とりあえず「熱⇔冷」「地⇔風」「心⇔撃」「雷⇔鋼」「光⇔影」
「星⇔闇」「時⇔夢」で対になってることはわかった。
闇の反対に星を持ってくるっていいね。ロマンがある。
エンペドクレス先生はべつに攻撃魔法の設定を
作りたかったわけじゃないからいいんじゃないかな。
そもそも哲学だし。
現代科学でも、元素が100個以上あるのにRPGの魔法は説明できないのさ。


>属性といえば五行にも手を出しちゃって金ってなんだよってなりますね。そうか、元素の属性と魔法の属性は違うということ・・・です・・・か?

実はRPGには四大元素よりも五行の方が使いやすいんよね。
力関係がはっきりしてるから。
金属性は使い勝手いいぜー。
金属製武器の切れ味をアップさせるとか、防御力上げるとか。
克木できるから、武器の柄にかけて破壊してもいいし、
森系ダンジョンでは無敵!


>>属性の強弱で、火属性は水に弱くて水属性は火に弱い。 どっちですか先生! 光あるところにまた闇あり的なあれですかー? 水中花火なら見たことあるけど…あれは水中で火が起きてるってイメージじゃないなぁ…

水と氷がごっちゃになってたギャース!
そう、この私もまた、氷を水属性に分類する社会が生んだ
哀れな犠牲者なのさ……


>そんな私の元素は日月火水木金土+空時。 某動かない大図書館は関係ないけど!
金:無機物的な物を操る力。 従って魔法で武器を作るとかはそんな感じ。 空:空間を操る力。 でも結局はっきり言って風の力。
時:時間を操る力。 ざっくり雷と言うには無理があっ…  ウボァー!  まぁ西洋の四元則も良いけど 東洋の陰陽五行思想も良いよねと言いたかっただけでした。


じつは風と雷は木行……ってのは知らないほうがいいかもNE!
空間とか時間って大魔法すぎてバランス崩壊しそうな気が。
でも直接ダメージ与えるなんてみみっちい事には向いてなさそう。
自分が空間魔法使いなら、攻撃魔法なんかなくても
相手を石の中にテレポートとか鬼畜なことをやっちゃうけどね。
っていうか、そもそも正面切って戦ったりしないけどね。
つくづく、自分の発想ってコンピューターRPG向きじゃないなと思う。


>青銅の剣、鉄の剣、鋼の剣と書かれると「けん」か「つるぎ」か分からない・・・です・・・

どっちでもいいさ!
「パラいぬ」を「パラけん」と読んでもいいように。パラ剣。
我は聖犬エクスカリバー!
「けん」は突き「つるぎ」は斬りに適してるとか
そういう違いはあるけれど、使い分けるのは
突きと斬りを区別するシステムを作ってるときだけでよいのです。


>お、自分の拍手コメに返事が付いてる!返事してもらえると俄然コメントしたくなるぜ。武器の名前、凄い剣→グレートソード。英語に変換すると途端にカッコイイ。日本人だから海外文化に憧れてるだけかな?と思いまし
外人さんは逆に「漢字」カッコイイという人いますね、字の意味は分かってないようですけど。まあ漢字は元は中国の文化何でしょうけど


フッ、そういわれると俄然返事したくなるんだぜ。
ドイツ語とか無駄にカッコイイね。英語の次に行き着くところ。
クーゲルシュライバー!(←ボールペン)
「凄い剣」なんてグロースアルティヒシュヴェーアト……くどいわ!


>属性…ドラクエはきっとFFと違ってライブラとかないし、プレイヤーが呪文ないし敵の属性を詳しく知る術がないからFFとはちょっと違ってくるんじゃないですかね。7以降のドラクエは知りませんが
FFはモンスター図鑑で敵の属性見れましたし、弱点属性を突く、というのを含めてのバランスだった気がします。属性の関係性に例外がなければ何でも許されると思います。このゲームではそういうモンなんだと


9ではこっそり設定されてるんよね、耐性属性。
プレイヤー側としては実際に掛けてみるまでわからないけど。
言われてみれば、たしかにFFは属性を意識して
戦略立てることが前提のバランスだわ。
FF3のサラマンダー戦なんて、ものすごく苦戦した記憶が。
ブリザラで攻撃することを重視したら防御面が弱くて全滅するし
炎耐性の防具を装備するために戦士系で固めたら
全然ダメージ与えられないし。
こう考えると、FFとドラクエの戦闘ってだいぶ違うね。
このへんツクツクするときに意識すると面白い戦闘になるかも!


>鋼といえば、玉鋼、すごいよね。どうすごいかわからないけど・・・(´・ω・`)

玉はすごいね。玉露とか。最高級品に冠される称号。
ゆうこうに かつようして くれ
おじさんの きんのたま だからね!