ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/07/08(Thu)
見た瞬間、プリン好きの血が騒いだ
本日のドリンク!

ファミマの「とろける食感 飲むプリン」。

飲むプリンといえば、一時期、自販機で売っていた
ポッカの振って飲む缶プリンがありましたが、
あれはまだ飲み物としての遠慮がありました。
薄味だし、あくまでプリン味のドリンクというラインを守っていた。

しかしこれは容赦ない。
プリンです。プリン味じゃなくて完璧にプリンです。
しかもお値段高めの本格的なカラメルカスタードプリン。

っていうか、飲ませる気ないだろこれ!
固形物すぎるよ! ストローで吸えないよ!

プリンを買ってきて、ぐっちゃんぐっちゃんにかき混ぜて
ストローで吸ったらこんな感じになると思う。
中身は見てませんが、きっとドロリッチレベルの
食欲のなくなる見た目だと思われます。

値段は178円。
これぐらいの価格帯でコンビニスイーツとして売っている
カスタードプリンと同じレベルの味なので、
買って損はないはず。

とりあえずストローがついていて
飲み物としての体裁は整っているので、
仕事中や大学の授業中に飲むのに適してると思います。

あと、ファミマなら、いちごチョコレートオレも美味しい。
アポロっぽい味がする。
ただ、アポロなら仕事中に食べても問題ないので
プリンほどの禁忌感がないのが残念。

プリンもいちごチョコも、とにかく喉が渇くので、
ドリンクとして買うのは危険ですのでご注意ください。
別途ドリンクを用意しておきましょう。

なんともドリンクとしての意義が問われる品。
「カレーは飲み物」レベルだ。



6/22までの拍手返事。

>製作、間に合わなかったようで、、ドンマイ。よくあることさ

そうさ、よくあることさ。
人は何度も失敗を繰り返して成長する……
そう、いずれシメキリブレイクしても心が痛まないように!
……なんでシメキリブレイクしないって方向で
成長しないんだろう。


>実際、何を成果と見るかっていうのは、立場だったり畑の違いによって左右されてしまいますし、難しいものですよね。

だねぇ。はやぶさの予算削減だって、
科学技術のことをわかってない文系官僚がやったと見るか
官僚の天下り先だから減って当然と見るかで
また大きく変わってくるしね。
それにしても、はやぶさのカプセル内に微粒子十数粒が入ってた件は
どうしてあんなにもニュースにならないのか。
みんなもうはやぶさのことなんて忘れてしまったんだろうか。


>いつの間にか物置とか更新されてる!

>パラ字が!!

いやー、ツクールVX体験版が出たときに作った
フォント変更スクリプトがずっと埋もれたままだったことを
思い出したわけで。
公開ついでにパラ字梅もセットで載せとこうってわけです。
しまった、パラ字ごんぶとのこと忘れてた。
まあ、そのうちそのうち。(また忘れるフラグ)


>最近のボスは平気で体力とか自動回復しやがりますから困りますよね。そういえば何かの記事で、リメイクや移植作業の方が新規で作るよりハードルが高くて難しいって書いてありましたね。いばらの道でしょうけども
是非、完成版をプレイしたいです。


気合入れて完成版作っちゃうけんね!
何かの記事で読んだけど、FF7をPS3でリメイクしようとすると
10年ぐらいかかるんだとか。
そりゃあプレイヤーもアドベントチルドレン以上の画質を期待して当然だし
マップもけっこう凝ってた印象があるから
グラフィックだけでもものすごい時間がかかるだろうねー。


>なら歌がんばってください!ぜひエイプリルのサイトを使って大々的にVXデビューを!

そういえばウチってXPサイトってイメージやね。
ここらでいっちょVXも使えるってことをアピールせにゃ。
公開中のゲームの製作ツールは
 VX→ 1(F@F)
 XP→ 2(ブレクエ、ときグモ)
 2000→ 3(ホリナイ、ふつクエ、がっかり)
……あれ? 2000多くね?
ウチのことを2000サイトだと思っている人なんて
一人もいないだろうに!


>そう そのままのみこんで・・・ ぼくの ふっかつのじゅもん・・・

らめぇ! ふっかつのじゅもんいれちゃらめぇ!


>うーむ、パラさんはウチとは逆のタイプか。ウチはキャラクターは性格とポジションさえ固まっていればグラフィックやテーマ曲は最後で良いという考え方だから…

逆ってわけでもないかな。ポジションは最重要。
テーマ曲はどうでもいい。
っていうか、キャラにテーマ曲つけたことナイヨー。
性格は、言葉で「こういう性格」とは決めないな。
必要なだけの土台を固めてイメージの中に放流すれば
勝手に動いてそのキャラなりの価値観を持ってくれるもの。


>もう中途半端なところまで移植しちゃいなYO!

中途半端っていうか、今の状態だと
できるところなんてテキストぐらいしか。
魂があっても“器”がないのと同じ。
貴様の肉体を生贄に捧げよ!


>矛で盾を突く → 両方壊れる

それならば矛盾しない、と思っていた時期が僕にもありました。
でも、壊れた直後に矛の柄で殴りかかれば
「どんな攻撃でも防ぐ」ことにはならないんよね。
とりあえず、抜け道なんかを探すより、おとなしく
JAROに訴えられるのがよろしかろうと思います。


>ドイツ語といえば、昔、各ゲーで技名がドイツ語のキャラがいましたね…
ヘフティガー・フーストリット・フォン・オーベンとか、ヘフティガー・シュトースアグリフとか、アオファインナンダー・フォルゲンテビュルフェとか…
ちなみに、某猫先生絶賛の、不破刃が登場するゲームです


格ゲーはさっぱり。
とりあえず、言いたいことはひとつだ。
名前長いよ!
適当に「ナンマイダー・ホーレンゲーキョー」とか入れといても
バレないかもしれない。
関係ないけど、ふと「念仏戦隊ナンマイダー」という名前を思いついた。
さらに関係ないけどググッたら似たようなネタがいっぱいあって泣いた。


>属性・・・五行の金のところを闇に書き換えて使ってますよ

闇が火に弱く木に強い……ありだな!
植物の光合成に目をつけるとは……大したやつだ……やはり天才か……