ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
正七面体のパラダイム ] 2010/07/22(Thu)
そろそろ正七面体のパラダイムの裏話をしても
大丈夫っぽい頃合いになってきたので、
ザ・裏話ターイム!

それは、ランパ2の締め切りの一週間前。
祭りの様子を見ていると、参加したいという気持ちが強くなって、
同じ阿呆なら踊らにゃ損々とばかりに
何か一発ネタでも作ろうと思い立ったわけです。

しかし、RPGはネタが思いつかない。
よろしい、ならばノベルだ。短いノベル。
ノベルをやるなら、背景画像が必要。
せっかくだから、俺はこの恋愛シミュレーションツクール2を選ぶぜ!

というわけで、恋ツク2をチョイスしました。
恋ツク2といえば、かわいい絵柄の立ち絵が特徴です。
このかわいい絵柄を生かしたいなー、と思ったわけで、
考えたのが、これ。

『ギャルゲーに見せかけてクトゥルフ神話』。

恋愛モノの皮を被ったコズミック・ホラー。理性を超えた狂気と混沌。
各ヒロインごとのルートが全部、人智を超えた存在が現れて
主人公またはヒロインが発狂したり怪物化するエンド。
かわいい絵柄はフェイク! かかったな、そっちは残像だ!

なにげにタイトル画面も作ってたりします。

甘酸っぱい恋の予感的な感じをイメージ.jpg

タイトルは、「LoveCraft ~恋の魔法はク・リトル・リトル~」。

おもいっきり恋愛モノに見せかけつつ、
わかる人はタイトルだけでクトゥルフ物だと
気付けるようになっています。

といっても、わからない人がほとんどでしょうから
解説しておくと、

 Lovecraft → クトゥルフの作者
 ク・リトル・リトル → クトゥルフの別読み
 (本来は人間には発音不能なため、いろんな読みがある)

という寸法です。
クトゥルフ関係の名前って、なんかラヴリーなの多いですね。
ルルイエとかニャルラトホテプ様とか。

話の内容は、旧支配者が出てくるのありーの
雰囲気がそれっぽいだけのありーの
単に発狂するのありーのと、そこそこバラエティに富んでいます。
ただし、クトゥルフを知らないと意味がわからない話にだけは
ならないように気をつけました。

せっかくなので、シナリオのプロットをひとつ。

------------------------------
[妹ルート]

主人公の妹は病弱で、ずっと病院に入院していた。
彼女は闘病生活の末、亡くなってしまう。

遺品の整理をしていると、一冊の本が見つかった。
それは彼女の闘病日記だった。
日記には、楽しかった思い出や、病状が進行していく様が
綴られている。

病状が悪化するにつれ、日記はだんだん
間隔が開くようになっていた。

しばらく空白のページが続く。

そして再開される日記。
『祈ったら、神様に届いたよ』。

だが、彼女は禁忌に足を踏み入れていたのだ。

最後のページに綴られていたのは、狂気の記録。
「あいつ」がやって来る。
ぬめぬめとした体をもつ何か大きなものが
廊下を這いずるような音がする。
ドアが音を立てている。ああ、窓に! 窓に!

そして、それを読んでいた主人公が物音に気付き、
顔を上げると――
(物語はここで途切れている)

------------------------------

とまあ、こういう感じです。
「好きだったよ、お兄ちゃん。ばいばい」とでも
書くと思ったか! バカめ!

と、いろいろ妄想が膨らんだわけですが、膨らみすぎて
どう考えても一週間で完成させるのは無理と気付いたので、
ボツになりましたとさ。

~次回につづく(かもしれない)~