ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(3)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
正七面体のパラダイム ] 2010/07/26(Mon)
コズミック・ホラーというお題がそもそも壮大すぎたので、
もっとスケールダウンする必要があります。

それじゃあもっと日常的な、「ちょっぴり奇妙な話」にしよう
ということになりました。

しかし「奇妙な話」だけではテーマになりません。
言ってしまえば、どんな話だって作り話は奇妙なもんです。
もっと具体的に方向性を絞らなければなりません。

そこで出てきたのが、いつかネタにしようと
脳内にストックしておいた、妄想系あるあるネタ。

たとえば、誰かに心を読まれてるんじゃないかとか
超高性能な盗聴器やら隠しカメラが仕掛けられていて
全ての行動が何物かに監視されているんじゃないかとか。

こういう妄想って、程度の差こそあれ、
誰もが経験してるのではないでしょうか。
小学生ぐらいの頃に。

でもこういう小さい種が分裂症に発展したり
突き詰めれば哲学と呼ばれるようになったりするので
なかなか侮れないってもんです。

収録話数は7本。これは最初からそう決めてました。
なんでかってぇと、恋ツク2の選択肢が最大8個までだからです。
一個は、後であとがきを入れたくなったとき用の予備。

そんなこんなで12本ほどプロットを作って、ざっと並べて
テーマや雰囲気がかぶってるものとか
あと、単純に面白みに欠けるものなんかを削りました。

削る前の数が1.5倍しかないってのは
ちょっと少なすぎるような気もしますが、
一週間で全部仕上げなきゃならないなら
こんなもんでしょう。

1.5倍ってのは、自分の中ではネタ出しの最低ライン。
これ以下だと確実に「ハズレ」が混入することになります。
作った話全部が使い物になると思えるほど
甘い考えは持っちゃいないぜ。

~CMの後もまだまだ続く(かもしれない)よ!~



7/7までの拍手返事。

>行き止まりだ

*いしのなかにいる*


>日記タイトル見て、探偵学園Qのアニメのオープニング思い出しちゃったぜ。なかなかセンスにあふれたタイトルだったように思う

「迷Q!?-迷宮-MAKE★YOU-」とな。
すごいタイトルだ。
探偵学園Qって金田一少年と比べて知名度低いよね。
なんでだろ。アニメの影響かな。


>神サルってエターなってたんだ…… 今までで最速だった気が……

>神サル、エターナル認定早いな!しょうがないけど!

>フードマントあきらめちゃうんですかっ「?

しょうがない……しょうがないんだ……
ツクールDSに特化されて生まれたモノの宿命……!
グラフィックのせいで移植に手間かかかる(参考:なら歌)し、
なら歌のようにシナリオが完成してるわけでもない。
ネタが温まってないのに形にしようとしてしまったから
練り込みも足りないし。
腐ってやがる……早すぎたんだ……


>板前のおじさんが戦うという発想は無いのですか……

ない!
板前のおじさんには「我が包丁は殺めるためにあらず」とか
そんな感じのセリフを言わせたいもんだね!
料理人を目指す女の子が究極の肉を求めて
返り血を浴びながらバッサバッサと包丁で敵を倒していく話なら可!


>苦手なジャンルだと勝手が分からず苦労します。ギャルゲ難しいよギャルゲ!……前回のランパでもギャルゲ?作ってたけどね。やっぱり勝手が分からん、よ。

内容と口調で特定余裕ですた。
今回のランパでも後期でギャルゲ作るくせに!
恋ツク2のVista対応を斬新な手段で回避するのだろう? クックック。
これで人違いだったら、とりあえず謝っとく。


>神サルは死んだのか。なんという神去る。
去ったなら別の場所に? ……つまり誰か別の人が造ってくれるのに期待すれば良いわけだ。


神は死んだ。
しかし神サルが死んだことが
七パラの「残酷な神が支配する世界」の糧となって
ある意味、そこで生き続けていると言ってもいいので、
生まれてきたことに意味がないわけではないんだ。
そう思うことにする!


>補助攻撃はダメージ少なくても使えます、ポ〇モンでは混乱をよく使いました、毒とか火傷と合わせて。

補助攻撃が使えるゲームはよいゲーム。
ほとんどのフリーゲーム(というかツクゲー)では状態異常が
役に立たないことが多いもんだから、プレイヤー側が
あんまり使ってくれないイメージなんよね。
うまいこと「これは状態異常が効くゲームです」ってことを
プレイヤーに伝えないと。


>拍手絵のモンテは相変わらずですね。このモンテを見る度に、温泉まんじゅうくんを思い出します。

そんなものが!
悲しいけれど、これって食べ物なのよね。
世の女性はこれを「かわいい~♪」とか言ってマルカジリするのか。
なんという弱肉強食。


>そこで,一撃必殺技ですよ

よりによって一番使わない系統の技ー!
即死なんて、世界樹の迷宮の即死ドロップか
FF13のアダマン狩りにぐらいでしか使わなかったな。
即死はたいていのRPGでボスに効かないから
使わないんよね。ザコは殴ったほうが早いし。


>ランパンツに参加しなくても大丈夫(´・ω・`)b でも、ケモパーを勝手に期待します(´∀`)

パン2! パン2!
ケモパーか……
ケモノ素材がないってのが最大のネックなんよね。
全然作品が集まらなかったら目も当てられない。


>>>たぶんもう二度と書かない。 誰でも一度だけなら・・・って始めて人生が狂うのですよ!

うん。正直なところ、自分にはファンタジーRPGよりも
現代奇妙系ショートショートのほうが合ってると思った。
書きやすい。
ぶっちゃけ、最近はRPGがめんd
※当サイトはParaSite2D6「RPG」館です