ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(5)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
奈落の歌と青い鳥 ] 2010/09/03(Fri)
VXで自然系マップを作るのは難しい。

さて、なら歌のマップは、ほとんどが
自然系ダンジョンでできているわけで。

VXで作ると決めたものの、ここに来て
VXと相性が悪いんじゃないかと思えてきた。

特にアレなのが、森。
さすがに壁タイルの緑のモサモサしたやつで
森っぽさを出すのは難しいのです。

↓これ
角刈り.jpg

もっと、こう、木がモリモリ生えた(森だけに)
マップを作りたいと思うわけですよ。

てか、みんなVXでどうやって作ってるんよ、森。

さらに最大の難関は、「大きな木」。
難しいっていうか、RTPにない。
せいぜい縦2チップの高さ。ぜんぜん大木じゃない。
ツクールXPなら大木チップがあるのに……

って。
ツクールXPのマップチップ使えばいいんじゃね?

そういえば、ホリナイのときもXPのマップチップを使って、
大きな木を作ってました。
答えはすでに自分の中にあったんだよ!

というわけで、XPのチップでやってみた。

大樹の守護者がいない物語.jpg


うん。方向性は間違ってないと思う。

とはいえ、さすがにそのまま持ってきただけじゃ
違和感があるか。

周りと色合いが合ってないとか、
地面がなめらかすぎるとか。

あと、XPと違って上層レイヤが一枚しかないから、
木を密集させるときは木と木が重なったパーツを
たくさん用意しなきゃならない。
これが組みにくいのなんの。

大木はXPパーツでいいとして、
周りの木をもうちょっとなんとかするべきか。

理想の森マップはまだまだ遠いけど、
ちょっとずつ近づけていこう。



8/8までの拍手返事。

>オートタイルをウインドウスキンに!そのような発想の末に様々な作品が生まれていくのですね。参考になります。

自作できない、自作めんどい、そういう気持ちが新たなものを生むのさー。
必要が発明の母なら、めんどさは発明の父。
みんなももっとめんどくさがろう!


>いつぞやの毛抜きの男です。このウィンドウは普通にカッコいい!あ、毛抜きは2つ用意する事で失くしても大丈夫なようにしました。

よく来たな、毛抜き男! カッコいいと言える君の心がかっこいいよ!
毛抜きを失くす男、二つの毛抜きを持つ事なかれ。
後の毛抜きを頼みて、はじめの毛抜きに等閑の心あり。
毎度ただ得失なく、この毛抜きに定むべしと思え。
って吉田兼好がゆってた。


>深海の奇怪な生き物…それは海にs…
すいません、あまりにグロすぎる想像だったんで止めておきます。


sitaiはらめぇ!
っていうか、生き物じゃないし! むしろ死に物!


>でもにほんじんはそれすらもぱくぱくおいしくいただいてしまうかもしれないのです。ラヴクラフト氏が現代日本に転生してきたら寿司屋で卒倒しているんだろうなぁ…

ラヴクラフト氏ってかなりの水棲系嫌いだからねぇ。
魚介類好きの日本人は恐怖の対象になるかも。
むしろ、日本人は深きものどもだ!ってなっちゃうかも。
モンゴロイドって西洋人に比べるとインスマス面だし。
それにしても、日本人ってダゴン好きだよね。
日本の作家が書いたクトゥルフのショートショート本があるんだけど、
深きものどもネタがかなり多い。
日本のクトゥルフに深きものどもネタが多いことをネタにした話もあるぐらい。


>モンスター図鑑も深海生物図鑑も無いけど、昔からエロは関係無く触手は大好物です!大ダメージ食らって四方八方に伸びてのたうち回ってる様な状態とか特に。

触手責めじゃなくて触手が責められるほうに萌えるんかい!
なんという上級者……あんた、大物だぜぇ……


>萌え萌え…以下略とかの資料にどっぷりハマりこんでしまうのは駄目ですか。ふんぐるいとかと言ってるのですが。

駄目なわけなかろうよ!
資料にどっぷりハマりこむことは、言い方を変えれば
知識をより深く追求しようとすること。
対象への愛なくして何を生み出せようか。
付け焼刃の知識とそうでない知識の違いは、愛の有無!


>ダイオウグソクムシの小さいフィギュア持ってたきがする・・・!

それもうダンゴムシだー!
深海生物のフィギュアといったら海洋堂のコレクションフィギュアかな。
なんてうらやましい。
ガチャポンって商品の入れ替わりが速いから、
昔のやつはなかなか手に入らないんよね。


>ドット絵講座ちゅっちゅ、うきゅー!

(*´з`)ちゅー


>掲示板にも書いたような気がするけど意外と日常的な話ですよね…。うーん、小学生の頃から「火の鳥」を読んでいたせいなのかな?パライムの話は別に不思議でも何でも無い気がしました。
つーか大人になってからは、人と人との間で一つのことに対する認識が違うというのは当たり前のことだと感じるようになってるし。恐怖感の理由はなんでしょうね?
最近では、「視力が低くて眼鏡をかけている人」と「趣味で眼鏡をかけている人」とでは物の見方が全く違うって思うことあったし。…うん、やっぱしフツーのことだよな。


恐怖の理由はやっぱ、理解できない“何か”で
平和な日常が脅かされることへの恐れとかそんなんじゃないかな。
一切の常識が通用しない狂人やオバケが怖いみたいに。
何が起こってもおかしくないなら自分が殺されてもおかしくないもの。
眼鏡の話は、「あー眼鏡かけたくない。コンタクトにしようかな……」と
「眼鏡まじオサレ!眼鏡萌え~」って感じかな。価値観の違いやね。
価値観のずれも怖いね。当たり前のように暴力振るったり暴言吐く人とかさ。
話が微妙にそれたけど、妄想レベルのものを普通だと思うのは
それはそれで問題あるような気がする。
多面的な見方を普通だと思ってしまうこともまた一面的な見方なのです。
一切を疑うべし。コギト・エルゴ・スムの境地に辿り着くまで!


>好きな女の子に告白してるつもりが、実は友達に・・・ゴクリ

アッー!!
いや、最後まで友達と気づかなければ、ある意味勝ちだ!
信じ続けたまま死ねるなら、それは君の世界の真実となる。
希望を捨ててはいけない。
あるいは友達すらも錯覚かもしれない。
友達と思っていたのが実は呪いをかけられたどこかの国の姫君で
告白によってその呪いが解けたりするかもしれない。
あらゆる可能性を考えるんだ!