ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/09/08(Wed)
「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ!」

とは、某打ち切り漫画の有名な台詞。

いい言葉なんですが、これを守りきることはなかなか難しい。
人は誰でも多かれ少なかれ負の感情を持つものですし、
気をつけていても、出してはいけないものがポロリしてしまうことはあります。

人は、どういう状況下で、うっかりポロリをしてしまうのか。
そもそも、わざわざ「嫌いという感情」を語ってしまうのは
どうしてなのでしょうか。

ユング心理学的に見ると、人が他人に“嫌い”という感情を持つのは
抑圧された自分自身を投影しているせい、となります。
自分自身の嫌な面、認めたくない部分を他者に投影して
それを攻撃することで「自分はこんな嫌な奴とは違うんだ!」と
思い込もうとする自己防衛反応です。

無闇に攻撃性を剥き出しにしてはいけないとわかっていても、隙あらば、
というか、言っていい空気、都合のよい口実が見つかれば
ポロリしてしまうものです。
他人に「自分はこういう嫌な奴とは違いますよ」とアピールするために。

攻撃対象になるのは、自らの作り出した都合の良い“敵”。
いわゆる脳内敵というやつです。
それはもう同情の余地もないぐらい悪い悪いヤツなので
批判する以外にありません。なんせ批判のために作られたんですから。

ちょうどいい実例があるので、見てみましょう。
8/31の日記です。

「“絶望こそが高尚”という風潮」を敵として、

・ヤツらは自分が高尚だと思っている!
・ヤツらは我々を、何も考えていない奴だと馬鹿にしている!
・ヤツらは批判されると「理解できない奴が馬鹿」と開き直る!
・ヤツらは偏った価値観を押し付けようとする!

という主張をしています。

ぱるんさんの日記に便乗という形を取っていますが、
元となった記事には、こんな攻撃的な内容は含まれていません。
そもそも論旨は「絶望に偏るよりバランスよく入れたほうが面白い」ですし。
ここが“都合のいい口実を見つけた”というやつです。

「世の風潮」という脳内敵を作り出していますが、
敵がどんな姿をしているかは(今回の例では)さほど重要ではありません。

「ヤツら」はいつも形を変えて我々の意識に現れます。
たまたま目に付いただけの人だったり特定のコミュニティだったり
ゆとりだったり異性だったり自分以外のすべての人間だったり
謎の組織だったり宇宙人だったり。

あいつはトロいからむかつく、とか、
あいつは被害妄想を垂れ流して悲劇のヒロイン気取ってる、とか。
あいつは真面目にツクツクしてない、とか。
“あいつ”は誰だっていいのです。投影さえできれば、その真偽すらも。

“ヤツら”がいかに嫌な奴か、得意げに語る姿。
これに対する正しいツッコミはただ一つ。
「お前がな」。

作品が面白くないと言われたときに「理解できない奴が馬鹿」と
開き直って切り捨ててしまうのは自分の一面なんですよ。
面と向かって面白くないなんて言われたことはないですが、
「これは面白くないだろ」とささやく脳内敵なんてのはしょっちゅう湧いてます。

何かを批判しようとしている自分に気付いたときは
こう言ってやればいいのです。
「自己紹介おつ」と。
そして、いわれのない批判を受けたときも
心の中でそう言ってやっていいのです。
実際に言ってしまうとアレですけど。

ちなみに。
今回の記事、客観的に過去の自分をネタにしているように見えますが、
裏では思いっきり「モギャァァァ」となってます。
ヤバイ。深層意識ヤバイ。抑圧ヤバイ。罪が積み重なってミルフィーユ。イドが歌ってる。意識の奥の深い水底に眠るクトゥルフが呼び覚まされそう。静まれ俺の邪気眼!

自分が邪気まみれの人間だってことぐらい承知しているものの、
直視して受け入れるとなると、けっこうキツいものがあります。
もっと、こう、微妙に目をそらして、見た気にだけなっておいて
「自分ってダメ人間☆」ぐらいにしておけばいいのに。

自分をかっこよく見せようとしたら、かっこ悪さをさらけ出していた。
それに気づいた時の恥ずかしさといったら!
ああ、穴があったらあの日記を読んだ人を片っ端から埋めて行きたい。

さて、なんかわざわざ自分の醜態をほじくり返して
恥の上塗りをしてしまったわけですが。
えーっと、アレだ。

キャラクターの肉付けとして
「こいつがこいつを毛嫌いしているのは、本人は気付いてないけど
自分の認めたくない部分を投影してるから」みたいに
裏設定的に使ったら味が出て面白いんじゃないかな!
よし、ツクールに繋がった!
ParaSite2D6 RPG館は、ゲーム製作サイトです。



8/12までの拍手返事。

>い、インテル挿入ってるぅ!…80386の時、悔しかったので、PC-9801の筐体に『インテルインサイド』のロゴを自作して貼ってました。『ロゴつくーる』な私。

お前のデータで二次キャッシュの中がパンパンだぜ。
PC-98とは懐かしい。自分のツクールの原点だわ。
インテルハイッテナーイのにロゴを貼るなんて、なんという悲しい生き物のサガ。
ハゲてるのに髪の毛つくーるしている姿を見ているようだ。
ところで80386って21世紀になっても生産されてるんだってね。
パトリオットミサイルとかに使われてるんだとか。
80386すげぇ。


>ぷよもんてすげええ! 何だか、ガラスに思いっきりぶつけるとくっついて、ぐちょんぐちょん落ちていく球形のものを思い出しました!!

あったあった。アレとでっかいバネみたいなやつはお子様のマストアイテム。
漆喰の壁に思いっきりぶつけたらボロボロの砂まみれになった上に
壁にカタがついた苦い記憶が。
そういや先月の大掃除で発掘されたわ。何年物だよ。
ガチャポンのカプセルに入ったままだったけど
表面に油が浮いて変色して気持ち悪いことになってた。


>pixivでパラ犬さんをお気に入りに入れてるからすでに満喫済みだぜ

なんてことを! あんな絵やこんな絵をフライングで見たり
日記絵の原寸サイズを見れたりするpixivをマークするなんて!
ぷよモンテをフライングで遊ぶのはタイミング的にレアですわよ。
日記のネタにしようとしたら、pixivリニューアルで
しばらくpuyopixから読み込めなくなってたんよ。


>モンテごめんね (※画像↓)


つぶしすぎだー!
こうならないようにちょっと固めに設定したのに!
おまえも同じ目にあわせてやろうかー!


>ここのサイトを知るきっかけになった「Mont es Que?」を思い出す。3分ゲーで一通り作者サイトさん回ってたら迷いこんでしまった。今?…全く成長してないorz

大丈夫、作者も成長してないよ!
てか、まさかそんな経緯で来た人がいたとは。
あのプチプチゲー、うちのサイトで一番地味な作品なのに。
ゲームページを更新するたびに下のほうに追いやられていく運命なのに。
正直、なんであんなもん作ったんだろうという気持ちだったけど、
これはきっと、君に会う為に作ったんだろうね。運命の導きに従って……


>ぷよモンテで逆さまにしてみました。地面に映った影が普通モンテ

主体はさかしまの影。なんと哲学的な。
我々人間も、本体と思っている部分が影で
影だと思っているものこそが本体なのかもしれない。
我々は常に何かに操られているんだ!
お父さんお父さん、司令塔から電波が来るよ!
フロイト的に言うとエスからリビドーが来るよ!