ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年09月(3)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/09/14(Tue)
これは何より優先して書かなきゃならない事なので。

8/31の記事ですが、さらに冷静になって読み返してみると
「実は脳内敵と戦っていただけでした」だけでは済まされない
内容になっていたことに気付きました。

図らずも、身近な人たち(複数)に対して、
あたかもピンポイントでその行動を指して
非難しているように取れる書き方となっていました。

態度には出されこそしないものの、
きっととても不快な思いをさせてしまったと思います。
ごめんなさい。
普段から日記等を読んでいろいろなことを知っているだけに
意図して書いたと思われて当然です。

配慮が足りませんでした。
言い訳がましく聞こえるのを承知で言いますが、
個人を指して非難するような意図はありませんでした。
気付くのが遅くなってしまったことも謝ります。

ホントごめんなさい。



言葉というのはナイフのようなもので。

物事の側面を切り取り、調理するもの。
けれど、使い方を誤れば、他人を傷つける凶器にもなる。

そんなことは重々承知していたはずなんですが、
こうやって、自分はちゃんと使いこなせているのだと慢心していると、
人も自分も傷つける結果になってしまうわけです。

見えない敵に対して刃を振るっていたら、
近くにいた人たちを斬り付けてしまっていたという。

人を傷つけるために表現力を磨いてきたわけじゃないのに。
もっと自分の言葉の危険性をきちんと自覚しようと思う次第であります。

www [修正]
言った内容を訂正するのでもなく
「特定の誰かに向けて言ってるんじゃない」
てのは、結局その内容自体当てはまる人への攻撃そのものなのだから
緩和してることにはならないのでは。

誰が当てはまるかは知りませんがw
もしこんな理屈でその人が傷付いた傷w?が軽減されるのなら、
随分浅い関係ですね。
www
 [修正]
そんな該当者が身近に複数(つまりいっぱい)いるというのも問題発言じゃないすか

なぜかここから友情深めあう日記になるんでしょうかね該当者で
名無し
 [修正]
興味深いです

お友達の誰々さんの事じゃないけど
(そのお友達と同じ性格の)アイツ馬鹿だよね

と言ってるのですか

www
 [修正]
相手方に自覚があるかどうか分からない、それが全員かもしれないし複数いるかもしれないし、あるいはただ一人であるか本当は一人もいないかもしれない(=不特定多数)のだから、個別に当たれない以上、この日記で公開するより他に謝罪の方法がないのだから、ある程度は致し方のないことだと思うよ。
当該記事を削除したりするよりはよっぽど大人な対応でしょ。
個人的な交友に関わる内容だけに、全容をここに書くわけにもいかないのだから、これですべてを推し測ったり、ましてや解決することは期待できないしすることも望まれていないはず。
この文面はあくまで撒き餌であって、それに釣られた人には個別で対応すればいい、そういう意味だと思うよ。勝手に。

内容についてはだけど、
つまり引用元の結論が先ずすべてであって、件の記事中における例示として挙げられたエピソードが、その結論や論旨に反している部分がある、
という解釈でよいのかな。

これだけだとただ過剰に擁護に回っている印象を与えかねないので、とりあえずこの記事についての批判も併記しておこうかと思う。
まず、記事の題名についてだけれども、これはもっと単純にすべきというか、記事内容に全く触れられていないのは題名としての機能を意図的に無視しているようにも感じられるし、要するに本文の一番の核となる部分を見えづらくしているように見える。
次に、「言葉というのは~」以降の文章は、これは本来の目的である「謝罪」ではなくて自分に対する自戒だとか反省だとかいう意味合いのものでしょ。
だったらこんなところに野晒しにしておくんじゃなくって、メモ帳なりなんなり好きに書いて、自分だけが好きに見れば良い。
同じ文章の中にあるってだけで真意を酌みかねる危険性がある。

部外者から指摘できる範囲はこれくらいかと思う。あとは細かい表現で引っかかる人もいるかもしれないけど、それはどっちかといえば文屋さんの領分だから、自分からは触れられないね。

とにかく、誤解を解くだとか共通認識を深めるというのは重要な事で、誤解を誤解のままにしてしまうよりは、こうして書いてしまう方がお互いにストレスは発散できるし、それは良い事なんじゃないかな。
事の発端が当人にあって、全部の非がそちらにあったとしても、それを訴えるか否かは当事者にのみ権限があるのだから、自分らはそいつらの気が狂ったりそういう正常じゃない状態にならないように見張るのが関の山、というよりそうあるべきなんじゃないの。
とりあえず初動が悪いと圧力がかかって、そういう向きに論議の流れが行きそうだから、皆さんも節度を持って話すと良いよ。
何も(道徳は別にして)悪いことはしてやいないのだから。
ナナシなカンパン
しまった [修正]
おおっと、本文より長いコメントになってしまった。
読みづらかったらごめんよ。
4
 [修正]
>wwwさん
そうですね。これではやはり以前の発言内容を緩和していることにはならないと思います。
後から内容を訂正することで一度言った事を取り下げられるのなら
私は今からでも喜んでそうします。
けれど、そうやって発言に対する責任を放棄するような方法が正しいとは思えません。

「お友達の誰々さんの事じゃないけど(そのお友達と同じ性格の)アイツ馬鹿だよね」
とおっしゃっていますが、元となった記事でも、その派生記事でも、対象そのものを馬鹿にした覚えはありません。
単語を都合のいいように繋げて「~と言ってるのですか」と問われても困ります。
言ってません。

浅い関係か深い関係かは、貴方ではなく、私と相手方が決めることです。
少なくとも何もしないよりは相手の気持ちが軽減されるだろうと判断したからこそ、この記事を書いたのです。


>名無しさん
相手が誰だか明示されていない以上、
お友達ごっこは発生しようがないと思います。


>ナナシなカンパンさん
いろいろとフォローありがとうございます。

今回の記事の内容についてですが、
論旨に沿った流れに持っていこうとして挙げた例が
あたかも個人を指して非難しているかのように取れたため
そういう意図ではない、もしそう取られたのなら謝罪します、と
そういう事が書きたかったのです。

この日記にはネタ的な記事を期待して来られている方が多いので
題名はそういった方々に対する注意書きとするつもりでしたが、
語調が不真面目になってしまった感は否めません。
記事の後半については、少し感傷的になっていたようです。
「これからはもっと発言に気をつけます」だけで十分でしたね。
パラ犬