ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年11月(3)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
その他趣味 ] 2010/09/20(Mon)
~前回のあらすじ~

それまでの私の人生は、とてもツイていないものでした。
しかしタロットカードと出会ったおかげでそれは一変!
急に女の子にモテモテになって、夜も寝かせてくれないほどです。
その上、なんとシナリオスキルも上がってウッハウハ!
自分の不幸にお嘆きのあなた、今すぐこのタロットカードで
人生を薔薇色に変えてみませんか?
(※効果には個人差があります)
                     [ウェブサイト管理人・Pさん(5才)]



というわけで、タロットカードをシナリオ作りに応用するという話。

タロットに限らず占いというものは、
出た内容と占う対象が関連付けられて
初めて意味を持つものです。

どんな出来事が今の問題に影響していて、
そのままだと未来はどうなるか。
その繋がり、すなわち“因果”を読むのが占いってぇやつです。

カードの一枚一枚は、抽象的なキーワードにすぎません。
その抽象的なものを占う対象に当てはめて
大きな流れを作っていく。
それは、ストーリーを紡ぐのと同じです。

この、ストーリーを紡ぐスキルってやつは、
定石があるもんじゃないですから
知識ではなく経験を積むことで上達します。

だからシナリオを書く能力を上げるには
「とにかくたくさん書く」こそが王道となるわけですが、
練習用とはいえそんなポンポンとシナリオを書くのは
難しいってもんで。

シナリオ組立て能力と、タロットリーディング。
形は違えどやっていることは似たようなものですから、
自然ともう片方の訓練になるわけです。
いつの間にか経験値が入っていて、ちょっぴりお得な気分。

さて、「ストーリー作成能力」という点で見たタロット占いと、
もう一つ。
「ネタ出しツール」としてもタロットカードは使えます。

抽象的なキーワードをシャッフルしてプロットを作るという方法は、
けっこういろんな人が試みていたりします。

有名どころでは、大塚英志氏の「物語の体操」という本に載っている
独自のカードを使ったプロット作成練習法。

「誓約」や「勇気」といった25種類の単語が書かれたカードを
「主人公の現在」「主人公の近い未来」「主人公の過去」
「援助者」「敵対者」「結末(目的)」の6箇所に当てはめて
それをヒントにプロットを作るという方法です。

 →参考:ブラウザ上でカードの配置ができるサイト

で、このカードの代わりにタロットカードを使うのもアリかと。

タロットカードが優れた占いツールとされているのは、
この世界のあらゆる物事を表現できるからなんだとか。
大アルカナ22枚は根源的な原型を、
小アルカナ56枚は日常的な出来事を、
すべて網羅していると言われています。
ダテに78枚もあるわけじゃないぜ。

これは個人的なアレなのですが、
大塚式カードはどうにも使いづらかったのです。

書かれているのが「単語」なだけに、意味を展開するのに
言葉をこねくり回さなきゃならない。

タロットは絵札に意味が込められているので、
慣れていれば意味の展開はイメージ上でサクッと行えるというか。

どういう違いなのかと言われると説明しにくいんですが、
左脳と右脳の違いって感じです。

もっとも、これはタロットスキルにもともと経験値が
割り振られていたからであって、
今から始める人なら、どちらでも同じだと思います。
どのみちカードの意味を調べて単語に落としこみながらになるので。

さて、次回は実際にタロットからシナリオのプロットを作ってみましょう。



8/16までの拍手返事。

>画像を保存、とは昔の人はよく言ったものだ。

お持ち帰りしちゃったー!
保存しなくても絵は逃げないよ! いつでもここにあるよ!


>ぬぉ!?どうしたんスかこれ!パラ犬先生っぽくもあり、技術も吸収されていて、
まぁ、端的に言って萌エです。


ロロナがかわいいからさ!
岸田メル先生の、紫色で反射光を入れて透明感を出す技って
いろいろ応用が利いて面白い。
技術ゲットだぜ。


>ぷよモンテが可愛すぎます

ありがとねー。
君のほうが可愛いよ!……という返し方もそろそろ
マンネリ化して来た感があるので、新しい返信を考えないと。
えーっと、えーっと、君のほうがぷよぷよしてるよ!
……ダメだこれー!


>プヨプヨが好きです。でもパフパフのほうがもっと好きです。

ああ、なんと嘆かわしい。君はわかってない!
「パフパフ」ではなく「ぱふぱふ」!
ひらがなでなければ、やわらかさが出ないではありませんか。
ためしに「おっぱい」を「オッパイ」と書いてみなさい。
ほら、なんて趣に欠ける字面でしょう。


>もうばかばか
気づいたら一時間ぷよぷよしてるよ!


やりすぎ!
君の一時間は私が頂いた。時間と、ハートをね。


>>上達してるんだかどうなんだか自分ではイマイチ実感できないけど、 昔よりはマシになってるさ。 それだけでじゅうぶん。  それを上達って言うんだぜ?

十分なレベルに達してなくても上達って言うのかな。
上達の達って何だ。そもそも達するって何だ。
上手いって何だ。どのレベルを指すんだ。
どこまでいけば満足なのだ。
幸せって何だー!


>もしかしたら、他人ツクールとして、見れるかも( ゚д゚ ) でも、それは売っていて、なおかつデータが飛んでいないければ話だけどね。

残念、しっかり手元に残してるさ!
ターボファイルにもコピーしてるよ!
問題はスーファミ本体が動かないってとこだ。
ツクールDSの中古が市場に出回れば
他人ツクールがもっと盛り上がると思ったけど、
ダウンロードゲーの存在があるから難しいか。
データが入ってっても自作かコンテスト作品なのか見分けがつかないもの。


>ヘシオドスは「最初にカオスが生じた」で書き出される中二ノートが教科書に掲載されてますけど、僕だったらいっそ死刑にして欲しいと思います。なんという時空を超えた極刑。

なんという公開処刑。ある意味、焚書よりも恐ろしい。
思想は伝播する。まるでたちの悪い伝染病のように。
いったいどれほどの中二病患者《イノセンスチルドレン》が
ギリシャ哲学をベースに黒歴史ノート《ブラッククロニクル》を作ったことか!

同い年 [修正]
Pさんの年齢がこのサイトの年齢と同じですが同時に生まれたのでしょうか?
ルファー
シュレディンガーの犬 [修正]
Pさんは電子の妖精犬なので観測されなければ存在しえないのです。
ゆえに電子の海に解き放たれたときが生まれたときであって、人々の記憶から忘れ去られたときが死ぬときです。
パラ犬