ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
その他趣味 ] 2010/09/23(Thu)
~前回のあらすじ~

タロットでプロットでカカロットォォォォォォ!!



というわけで、タロットリーディングの手法を
プロット練習に応用してしまおう、という話です。

なお、この記事は、あくまでタロットカードを使った
プロットの作りの例ですので、実際のタロットリーディングとは
いろいろと異なります。ご了承ください。

そうそう、真剣にタロット占いをするんだったら、
プロット作成用と占い用のデッキは分けておくことをおすすめします。
魔術用具は魔術以外に使っちゃダメ。
(ちなみにこれはゲーム脳的な表現ではなく、
近代西洋儀式魔術は自己暗示による意識のスイッチングが重要なので
その意味で聖別はちゃんとしておこう、ってことです)

さて、前回紹介した大塚式プロット作成練習では
6枚のカードを使ってプロットを組み立てていました。

実際にやってみた方もいると思われますが、
ぶっちゃけ、これ、難しくね?
自分は数個で挫折しました。

本書にはこれを100個考えてはじめて準備体操が終わる、と
書いてあるそうです。(本は持ってないのであくまで伝聞)
「やってられっかー!」とちゃぶ台をひっくり返しても
きっと罰は当たらないはず。

勘違いしがちなのですが、大塚式プロット練習法は、
「カードを使えば簡単にプロットが作れる!」というものではなく、
あくまでカードを取っ掛かりとして発想を引き出す“練習”です。
(自分も昔は勘違いしてました)
やっている事はブレーンストーミングです。

そりゃあ、練習だから、苦しいのは当然でしょう。
しかし、挫折したら元も子もないではありませんか。
もっと楽して作りたい! そう思って何が悪い!

というわけで、ここから自己流のやり方になります。

タロット占いでもそうですが、一度に展開するカードが多いと
そのぶん解釈の難易度は上がります。
少ないとネタが広がらないし、多いと解釈に時間がかかる。

大塚式カードでは6枚。
物語の要素としては無駄のない数ですが、
直感でサクッと作るにはちと多いです。

そこで。
まずは少ない枚数でサクッと骨格を作って
必要に応じて追加していくという方法を取ります。

一度に複数の要素でブレーンストーミングするのではなく、
ブレーンストーミングの産物からブレーンストーミングする感じ。

実際にやってみましょう。



さて、ベースとなるのはスリーカードスプレッド。
過去・現在・未来の三枚のカードを引く
シンプルにして応用範囲の広いスプレッドです。

恋人→ワンドの5→死神.jpg
 過去…恋人
 現在…ワンドの5
 未来…死神

恋人は結合や絆、
ワンドの5は争いや混乱、
死神は死と再生を表しています。

これを繋げてストーリーにするとなると、
「恋人と喧嘩をして別れたものの、新しい生き方を見つける」
ってな感じでしょうか。

同じカードの組み合わせでも、いろんなストーリーが作れます。
「痴情のもつれで殺人事件」なんてのもアリ。

過去・現在・未来の順番に無理にこだわる必要もありません。
ネタ出しのためのツールなんですから、
自由に発想しちゃえばいいんです。

シナリオを作り慣れてる人なら、もうちょっと具体的な舞台設定も
作れると思います。

たとえば、

 争いのところに焦点を置いてみる
  ↓
 何かのトーナメントとか
  ↓
 「王女を妻に迎えるためには武術大会で優勝しなければならない。
 主人公は何度も死にかけながら進んでいく」

とか、

 死神萌え~
  ↓
 「死神見習い達が互いに戦って勝ち残った者が一人前の死神になる。
 ヒロインと一緒に力を合わせて勝ち抜いていくが、最後は互いに
 戦わなければならなくなる」

とか。

ここでのポイントは、ありがちなストーリーになっても
がっかりしないことです。
なに、たった数行のあらすじなんて、ありがちで当然です。

さて、まずは3枚で大雑把な展開が決まりました。
とりあえず「恋人と喧嘩をして別れたものの、新しい生き方を見つける」で
いってみましょう。
ここから話を膨らませて行きます。

大塚式では「過去」「現在」「未来」に加えて
「援助者」「敵対者」「結末(目的)」にカードを使いました。

しかし、もっといろいろカードで決められたほうが
面白いと思いませんか。

ここが占いツールであるタロットの強み。
どんな質問内容でもフレキシブルに対応できます。

カードで決める要素は何でもいいのです。
まずは喧嘩の原因あたりでも。

◆喧嘩の原因は?
ワンドの4.jpg
 ワンドの4:安定

さあ、喧嘩の原因が知りたいのに、
おもいっきり反対の意味のカードが出てきました。

さて、勘のいい方は気付いているかもしれませんが、
この記事ではカードの正位置・逆位置を区別していません。

ここでタロットの逆位置について、ちょっとした豆知識。

タロットの逆位置というのは、カードの意味が反対になるわけではなく、
物事の裏面を表しています。
たとえば、幸せの絶頂は同時にあとは落ちるしかないという
意味を孕んでいたり。
どんなにいい事だろうと、マイナスの面は常にあるってなもんです。

最近は正逆を取らない占い方が主流になりつつあります。
(もちろん取らないといっても全く考慮しないわけではないです)
「いい面だけを見る」「悪い面だけを見る」というのは
リーディングの指針にはなるものの、それ“だけ”というのは
解釈の幅を狭めることになりかねないのです。

さて、裏目に出た“安定”。
これで別れるとなると……

「あなたと一緒にいても退屈なの」

うわ、なんというか、生々しい……
直すべき点があるとか誤解とかならまだしも、飽きられるって、
この理由、もうどうしようもないじゃないですか。

まあ、大切なのは、これからどうするかですよ。
そこからストーリーが転がるのです。

◆主人公はどうする?
ソードの9.jpg
 ソードの9:精神的な苦痛

ベッドの上でひとり苦悩する人物が描かれています。
泣き寝入りです。主人公、ショックで泣き寝入り。
寝る前にふと彼女の事を思い出してウボァーです。
ダメ人間! でも仕方ない!

しかし、メソメソしているだけでは話が進みません。
ここからどう解決へと向かうのか!

◆解決に向かってどう転がるか?
ペンタクルのナイト.jpg
 ペンタクルのナイト:堅実な男性

コートカード。人物を表すカードです。
悩める主人公の前に颯爽と現れたガチムチ兄貴。
さあ、彼はどう主人公を立ち直らせるのか!

◆どうやって解決する?
カップの2.jpg
 カップの2:他者との結びつき

ガチムチ兄貴との間に芽生えるロマンス!
新しい世界が開けたアッー!

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : 何、このストーリー……
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄


この例は何も考えずにサクサク作った(15秒ぐらい)ので
それなりの出来でしかないですが、
もっとしっかり練りこめば、ちゃんとした話になると思います。

慣れるまでは本なりネットなりでカードの意味を調べながらになるので
時間はけっこうかかります。
が、意味を調べながら作ることには、思わぬプラス面があります。

カードの解説を読んでいるうちにいろんな発想が湧いてくるので
ただ単語をこねくりまわすよりも、楽しんで(そして楽に)
プロット作りの練習ができる。これホント。

カードの意味を調べるときは、
単に意味だけを羅列した表みたいなものじゃなくて
なるべく詳しい解説が載ってるものを使うことをおすすめします。
それによって得られるイメージが発想を広げる材料となるのです。
これこそが、たんなる単語カードとの大きな違いです。

インスピレーションを得るためには適度な刺激、そしてリラックス。
楽しく遊んでネタの神様を召喚しよう!



8/20までの拍手返事。

>中学校レベルでシナリオ作りしようと思っただけ凄いってば。こっちなんて「納得の行かない展開を埋めるための隠し軍団長」とか「ぼくのかんがえた真のFFボス」の『ステータス(ここ重要)』ばかり妄想してました。
大学になってやーっと初ツクールかと思えば、やってたことはテストプレイモンスターとの戦いばかり…。そんなだからデータベースを全て埋めてエターなること数連発ッ!…まあ何だ。シナリオ作りって難しいです。


なんとうらやましい能力。
こっちはデータベース作るのが面倒でしょうがないぜ!
ステータスや戦闘で面白さが出せるってすごい。
データベースだったらエターナっても他の作品で使えるんじゃね?と
思ってしまうのは、やっぱ自分がデータベースを軽視してる証拠なんだろうな。
物語を作るのは幼稚園のころからやってたんで、
シナリオ作りはあんまり特殊技能って思えないな。
小学校で友達と一緒に学芸会の劇の台本を書いたりもしたし。
ほとんど先生に手直しされて原型なくなったけど。


>このカエルの話って、もしかしなくてもパラ犬さんの初の作品のやつ……!?

なんで覚えてるの!
そう、初ツクール作品のあのカエルさ!
いきなり出てきていきなり魔王にカエルにされたとか言い出して、
途中からそんな設定はきれいさっぱり忘れられて、
魔王を倒しても特に人間に戻ったりもしなかったあのカエルさ!


>ぱら犬先生のロロナたん超かわゆス!僕もPS3持ってないどころかアトリエシリーズ一本もやっていませんが。

アリガトネー。
実は自分、アトリエシリーズどころか、最近まで
アトリエ系ゲーム自体をやったことがなかったいう。
あるけみ☆スクールライフが初めてプレイしたアトリエ系ゲームってのは秘密だ。


>兄貴とか師匠とか呼んで良いですか?

兄貴でも師匠でもお犬様でもマッスル大帝でもケモショタっ子でも
超スーパーウルトラミラクルワンダフルエレガントパラ犬様でも
好きなように呼んで良いよ!


>プロトコルが違います。
そう、君のソケットにODPを挿入して…、スイッチを入れれば…ほら、良くなってきただろ…


なんて品のないコメントだ。
貴様のケツにINSERTのSQLを発行してやろうか。


>日記書いたのが8月19日なのに拍手返信が8月20まで……!?
さては貴様、時空間移動が(ry


>8/19付の日記で8/20までの拍手返事とな。パラ犬さんってば、時空超越しすぎ!

フッ、勢い余ってつい時空を超越してしまったぜ。
タイムパトロールの奴等に見つかる前に隠蔽しておいたけどな!
(訳:修正しました)


>クリプレの更新が止まってるなぁ。・・・消されたのかなぁ、宗教ネタを引っ張ってたから

拍手返事が遅すぎてもう一ヶ月前のことになっちゃったけど、
長い間止まってたね。
プロバイダの契約が切れてたけど、普通に動いてたから
気づくのが遅れたとかなんとか。
生命線が切れてるのに動いてたって、ゾンビか。
なんとなく「ゾンビが鷹を産む」ということわざを思いついたけど
使い道がまったくなかった。


>「フルHD解像度でテトリス」やってみた→10秒で無理と悟った→Enterキー押しっぱなしで、粉雪シミュレータにして遊んだ→これはテトリスの新境地・・・!?

そんな君にはパーティクル崩し
中盤の新境地っぷりがすごい。序盤であきらめずにやってみよう。
フルHDテトリスが粉雪だとしたら、こっちは
こなぁぁぁぁぁぁぁゆきぃぃぃぃぃぃぃ!ぐらいの勢い。


>おでーん.JPG素敵でござる!可愛ゆやのぅ。

ありがとうでござる。
いつもalt属性が適当なので何のキャラか伝わらないのが難点でござる。
オーディンスフィアのグウェンドリンでござるよ。


>勇者は普通生足では?蛮勇コナンとか。ラスタンサーガとか。むちむちプリン。

なんでガチムチばっかりやねん!
勇者といったら、もっと、こう、ドラクエとかの和製RPGでしょ!
……と思ったけれど、僕らの勇者であるハッサンは生足でした。
訂正して深くお詫び申し上げます。


>六番目のSAI子もいるよ!(元ネタ:六番目の小夜子)

元ネタわからNEEEEEE!!
ふと思ったけど、隣のサイコさんも元ネタがわかる人は
そう多くないかもしれない。
完全自殺マニュアルとか、知らない人もいるかも。
不謹慎だったり青少年に悪影響を与える内容だってことで
昔ちょっと話題になったんだけど、
今じゃあこれぐらいのもんはネットに普通にあるんよね。
いいんだか悪いんだか。