ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(3)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/10/03(Sun)
やあみんな、妄想してるかい?

ツクーラーなら誰しも、子供の頃に
「こんなゲームを作りたい!」なんて妄想していて、
それが今の基盤になっていたりするのではないでしょうか。

さあみんな、妄想してるかい?

今の自分はどうだ。
妄想が頭に浮かぶとすぐに「実現可能か」なんて判断してしまって
すぐに考えることをやめてしまっちゃったりするわけですよ。

子供の頃に「ゲームを作れるか」なんて考えたりしたでしょうか。
「ゲーム会社に就職したいわけでもないから考えても無駄」と
すぐに妄想をやめたりしたでしょうか。

べつに、いつか夢は叶うものだから挫折を恐れるななんて
言いたいわけではなくて。

実現しない夢を妄想したっていいんじゃない? と思うわけですよ。
実現させるために何かやるわけでもなく、ただ自由に妄想をさ。
夢は叶えなければいけないなんて誰が決めた!

全ての夢は妄想から始まるのです。



さて、本題。
タロットカードを作りたい。
妄想ですよ。ええ、妄想ですよ。ただの妄想ですから。
描く気はないけど作りたい。そう、それはロマン。

>そういえば昔pixivでタロットカード描こうとしてませ(ry ・・・別の人だったかしら

ななななななななんのことかな!
エエエエエターナってなんかいないんだからねっ!
タロットなんてないさ、タロットなんてうそさ。
ねぼけたひとがみまちがえたのさ!

……ふう、危なかった。

狸を取らない人が皮算用を楽しんじゃいけないという道理は
ありませんよってに。

カードを印刷するならどこの印刷所がいいか、
やるならどれぐらいの予算が必要か、
紙はどんな感じか、どれぐらいのサイズが理想か、
どんな加工を施せば実占カードとして使いやすいか、
そういうのをいろいろと調べてみました。

星の数ほどもある印刷所。
その中から、できるだけ理想に沿った仕様のやつをと。

せっかく調べたんだから、というわけで、
カードを作ろうとしている人の参考になれば幸いです。
俺の屍を越えて行け。

見積り枚数は、大アルカナの22枚。
どうせ妄想なら小アルカナ入れて78枚いっとけって感じですが、
とりあえず大アルカナだけで。
78枚の値段が知りたければ単純に3.5倍すれば大体いけるので。

まずはタロットカードセットがある印刷所。

昇文堂

タロットカード(73*100mm)24枚
 300部 330,000円[単価1,100円]

33万円!
うん、まあ、単価が安いのはわかる。
しかし最低ロットが300部ってのは、かなり厳しいですよ。
そんなに作ってどないせえっちゅーねん。

イベント売りするならそれでいいんでしょうが、
今回はあくまで自分用です。

オフセット印刷は版下代が高いので、小部数に向いてないのです。
もっと小部数で安いやつ、ということで、
オンデマンド出力に絞って探してみました。

ポプルス
[グッズ・端物]→カードセット オンデマンド

印刷できるカードは、テレホンカードサイズ(54*86mm)24種と
一般サイズ(63*89mm)20種の二種類。

一般サイズだと22種を印刷するには足りない。
63*89mmってのも横幅がありすぎて理想のタロット比率じゃない
(自分の理想なので一般論ではありません)ので、
テレカサイズでいきます。

テレホンカードサイズ(54*86mm)24種
 ・アートポスト200kg/両面ニス加工/角丸抜き加工
   50部 24,310円[単価486.2円]
 ・アートポスト180kg/両面クリアPP加工/角丸抜き加工
   50部 34,900円[単価698円]

カードボックス
   50個 14,130円[単価282.6円]

オプション。
まず、角丸抜き加工は外せない。やっぱりこれがなきゃね!
カードだけにカド抜きってね。HAHAHA!!

それから、標準仕様のアートポスト180kg(約0.19mm。官製はがき程度)だと
厚さ的に心許無い。実物はけっこうペラいです。
というわけで200kgに変更。

強度と弾力性を持たせるためにPP加工も検討。
フィルムを貼るのでこっちは180kg。

お値段的には、PP加工は高い。
でもやっぱり見栄え的にも実用面でもPP加工のほうがいいわけで。
悩むところ。

まあ、同人誌即売会でラミカ1枚100円ぐらいで
(昔の記憶なので今は知らない)売られているので、
22枚で700円なら安く刷れてるでしょう。

箱も入れて単価1000円。合計5万円。
売り物じゃなくて自己満足のために作るなら
ちょうどいいラインかな?



9/9までの拍手返事。

>>デュープリズム 自分に女装願望があったとしたら その動機は、ミントの髪をファサッってやる仕草がしたいからだ、と思う そのくらい好きでした 変なこと言ってすいません><

変じゃないよ! ゼンゼンヘンジャナイヨ!
君はロマンというものをよくわかっている。
マントをバサッとやるのが人類共通のロマンであるのと同じで
髪をファサッってやるのもロマンなのだよ!
そういえばデュープリについていろいろ語りたいって書いたけど
うっかり書くタイミング逃してしまったからここで書いとく。
なんというか、今のスクエニと正反対のゲームって感じだった。
細かいところまで丁寧に作られているし、狭い世界でも密度がある。
ローポリと細かいモーションがまさにデフォルメキャラって感じで
素晴らしい。ミントの髪をファサッってやる仕草とかね。
思えばこのあたりってスクエニ最盛期と呼ばれる時代だっけ。
デュープリのリメイクや続編は……ないほうがいいや、うん。


>>どうでもいいけど、消化とか書いたら、うんこみたいですね。 これさえなければ“いい話”だったんですけど…w

シャイなアンチクショウゆえ、いい話で突き進むと
恥ずかしくなっちゃうのです。てへ☆
私のハートはチュクチュクしちゃうの。


>世の中の大半が吸ってばかりですけどね! よく吐きたくならないなぁ・・・と思いません?

アウトプットの方法が違うだけなんじゃないかな。
ツクーラーなら面白いゲームを見つけたら消化して自分の一部にして
世に解き放つ。
かたや一般人なら、友達に「これすげぇ面白いぜ!やってみ!」って
話すことがアウトプットなんじゃないかと。


>9/3の記事についてですけど、木と木が重なってる部分は下側になる木だけをマップで置いて、そこに重なる部分だけ上の木をイベントで置くという手もありますよ。

おお、全部イベントだと重くなると思ったけど、
重なる部分だけって手もあったんだ。
これは木だけじゃなくていろんなところで使えそう。ありがとね!


>最初敵だと思っていた奴(正体不明の化け物とか)が、実は味方だったみたいな、そんな感じですよね。

幽霊の正体見たり枯れ尾花。
疑心暗鬼というか、いちど脳内で敵認定してしまうと
どんな些細なことでも自分に悪意を向けてるように思えるんよね。
そんな雛見沢症候群。


>何が嫌いって自分が嫌いです。故に自分に似ている人を見るとイライラする。 と自覚してる人も少なくはないですよね。

うんうん。自分と悪い面が似てる人はイライラするね、悲しいことに。
自覚してるタイプなら、まだ害はないと思うよ。
イラッと来てもそれほど表立って叩いたりしないじゃん。
反撃が来る(来なくても自分でダメージ受ける)からさ。
「俺はコイツとは違う!」ってのが一番怖い。
自己を投影してるしてないに関わらず、攻撃的になるってのが怖い。


>久しぶりにホリナイやらせて頂きました。何時やっても最後凄く良い話なのに何でネタに持ってったし。いや当然ネタも面白いですけどね?

いやいや、もともとは最後もネタだったんよコレ。
今のバッドエンドが正規エンド扱いだったわけで。
それが、シナリオ起こしてるうちに、まるで天から光が降りてくるように
グッドエンドを思いついたという裏話があるのです。
そう、あれはクリスマスの翌日。雪の降る日だった。
なんでクリスマスゲーをクリスマス後に作ってるのかは置いといて、
あれはきっとサンタさんがくれたエンディングなのです。


>[あの日記を読んだ人を片っ端から埋めて
入力ミスで大変なことに・・・。
「あの日記を読んだ人」のウチの一人です。たぶんパラ犬さんが手を下さなくとも、自主的に黒歴史を作り、自主的に埋まることになるのでご安心を。


ククク、我が手を下すまでもなかったか、人の子よ。
罪深きモノは全て、等しく灰に還るがいい!
土は土に、灰は灰に、塵は塵に。


>聖剣伝説LOMアルティマニアの密林価格に吹きました。ごめんなさい、私最近ブックオフで500円で購入したよ! みんな騙されちゃ駄目だ!

古本屋はたまにプレミア本があるから困る。
確実に売ってるわけじゃないってのがネック。
Amazonのマケプレは出品者が勝手に値段決めるから
たまにエラいことになるんよね。
んで、マケプレ価格がヤフオクの相場に影響したりするから
世の中ってやつぁ。