ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年11月(3)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/10/08(Fri)
「弱点属性:季節の変わり目」の地形効果が切れたので
ちょっとずつテンション上げて行こうかね!

長かった夏が終わり、ようやく秋の訪れを感じられるようになりました。
秋は素晴らしい。
暑くもないし寒くもないし花粉症もない。
強いて難点を挙げるとしたら、ギンナンが臭い。
今年もまた銀杏並木がうんこみたいな臭いを放つだろう。
イチョウが植えられていない地域の者にはわからぬだろうな……

さて、そろそろ遅れを取り戻していきたいところ。
9/25までの拍手返事。

>ツクール界にはパラ犬さんのように文学や哲学の知識がある人が少ないですからね。ゲーム脳で萌えアニメばかり見ている人たちとは意見が異なるのも当然ですよ。

そんな知識あったっけ……
哲学萌えもアニメ萌えも同じだと思うんだ。
萌えに貴賎はないってばっちゃがゆってた。
むしろ、知識人同士のほうが変なプライドを賭けた叩き合いになりそうなイメージが。
争いごとの原因のほとんどって「自分のほうが偉い」っていう驕りだからさ。


>あまり考えすぎなくていいと思いますよ。配慮は大事なことだけど、気にしすぎたら逆効果だと思います。

難しいね。
いったん気にしだすとアレもコレもダメなんじゃないかと気になって
何も書けなくなる罠。
非難されようとも言いたいことがある!ってならいいんだけど
日記のネタなんて大抵、どれも言わんでもいいことだから。


>仕事終わりにこんな長い日記書いてるんだもん、失言の一つや二つあるさ。

精神的に疲れてて攻撃的になったりしそうなときは
日記を書かないように気をつけてるんだけどね。
それでも完璧ってわけにはいかないんだよなあ……
せめて失言に気付いたときには後できちんと落とし前をつけたいんだけど、
こういうのは後から掘り返せば掘り返すほど傷が深まっていく罠。
難しい。


>こんばんは、彩野ひなたです。この度、公開したゲームにこちらの素材を使用させて頂きましたので、ご報告申し上げます。ありがとうございました。パラ字 梅すごく良かったです。

報告ありがとねー。
公開前のスクショでパラ字だということはわかっていたさ!
ゲームの雰囲気に合ってていい感じだったよー。


>タイトルでキタキタ親父しか思い出せなかった

すね毛は死の香り。
キタキタ親父が僕らの心に残して行ったものはあまりにも大きい。
ギップリャー!


>パラ犬たんはおにゃのこなんですか!?はあはあ!

信じる心があればそうなれる!
君だって幼女になれるさ!
いや、むしろ、この世の全ては幼女であると言っても過言ではない。
パラダイス!


>超スーパーウルトラミラクルワンダフルエレガントパラ犬様!……名前だけで文字制限にかかりそうな

拍手コメントの最大の敵、文字制限。
いや、まあ、テキスト入力欄を伸ばせばいいんだけど、
あんまり広くしちゃうと、なんか短いコメント送りづらいじゃん?
「ぼくのかんがえたさいきょうのダジャレ」とか送りにくくなっちゃうじゃん?
長いコメントは、まあ、気合で!


>その昔、北方の王立魔術学院研究所では屍霊術実験の失敗により主人を失ったゾンビが大量発生した。ゾンビは周辺の村々を荒らして回り終には地図上にその領土を築くまでになった。もはやその土地には一人として生き残りはいないと考えられていた。しかしある時、王都にその生き残りを名乗る一人の戦士が現れた。王都以下主要な領地はゾンビの生息限界である南方境界より南に位置していたため、国軍は大規模な討伐を行うことはせず、境界付近の自警団を主体としてそこに数名の兵を加え、あとは時折物資と保証金をするのみで、睨み合いの状況を続けていた。そこに若き戦士が現れ、大規模な領地の再支配を持ちかけたのである。はじめ、誰もがその無謀を疑ったが、様々な難題に打ち勝つ勇者の姿を見て、その誰もが改めた。そうして勇者は軍を率い、自身は国中呼び集められた腕利きの武芸者と共に、先行してゾンビの地へ向かった。若き勇者は、先陣をきって、次々ゾンビの群れを切り開いていき、最後には、兵と共に美事、ゾンビの領土を根絶せしめた。この勇者の活躍を見た、聞いた人々は、皆々それを讃えて、勇者を鷹と呼んだのである。鷹はその後も数々の偉業を成し遂げ、生涯を栄光のままに終えたという。これが、ゾンビが鷹を産んだ、ゾンビが鷹を産むということわざの由来であると言われる。

由来考えちゃったー! よくもまああんな狭い拍手コメ欄で。
鷹さんかっけぇー。鷹△(さんかっけい)。
この話読んで、ヒーローは悪がなければ成り立たないって話を思い出した。
悪がなければ正義は活躍できない。悪が正義を産む。
強い主人公を描きたかったら強い敵を作れってこった。
主人公がどうにもショボくて困った時に使える技。


>パーティクル崩しクリアしたよ! 確かに中盤以降が楽しかったです。もはや弾幕を通り越して星雲ですね。

序盤の「これ無茶だろ」感と、中盤のカタルシス。
これぞエンターテイメント! って感じだね。
そして最後に一個だけ残ったときの絶望感。
星雲、それは君が見た光。僕が見た希望。


>先生! ESPカードはシナリオ制作に使えますか!

それでどうやってシナリオ作るんだー!
いまどきESPカードなんて持ってることがすごいわ。
いくら透視能力を鍛えても、君の心まではESPできない。


>なるほど、次回作は傷心のナイーブ少年と兄貴のハートフルストーリーですか、超(中略)犬様!!

おとこわりだ!!


>兄貴兼師匠兼お犬様兼マッスル大帝兼ケモショタっ子兼超スーパーウルトラミラクルワンダフルエレガントパラ犬様!

全部混ぜよったー! 入れりゃいいってもんじゃねーぞ!
罰として貴様はココイチでトッピング全部乗せの刑。


>いまのところシナリオ作る予定はないんですが、カードでシナリオ作るのが面白いということだけは理解できました。まさかというかやはりというかのガチムチ展開…

やはり言うなー!
カードでシナリオ作るのは面白いよ。
自動生成と違ってあくまで作るのは自分だから、
テンプレ的になったりしないしね。
自分で作る楽しさと先の読めないワクワク感が同時に味わえる。超お得。


>「精神的な苦痛」の後の流れが予想通り過ぎて吹いた

予想通り言うなー!
むしろ作者が精神的な苦痛だわ!
どうしてこうなった……


>タロットのストーリーに吹きました。

タロットカードのリーディングとは、己の深層意識を表すものアッー!
タロット怖い。