ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
] 2010/10/10(Sun)
最近、絵を描きたくてしょうがない。

こういう衝動に突き動かされて絵を描くと
なぜかものすごく上手くなってるってのが
マンガでよくありそうな展開ですが、
残念ながら現実なので、べつにそんなことはなかったぜ!

まあ、地道に精進しろってこった……

何か描きたくても、描きたいものが特に見つからなかったり
構図とか全然思いつかないってのがネック。
頭の中のストックが圧倒的に足りないんよね。

ところで、なんかPCのメモリがぶっこわれて
今、メモリ512MBしか認識されないという悲しい環境になってます。
メモリ食いまくるPainterを動かすのは危険なので
この機会にSAIを使い込んでやろうと思ってたりなんかしたり。

とりあえず、まずはブラシ設定をいろいろいじってる途中。
SAIのブラシおもしれー。

ハシビロコウ△.jpg



10/2までの拍手返事。

>タクティクスオウガの予約特典で、吉田先生の描き下ろしオリジナルタロットカード22枚が貰えますよ。公式サイトのインフォメーションに載ってます。でも届いたら使わずに額に入れて飾るつもりな自分。

>そういやタクティクスオウガリメイクの予約特典がタロットカードだったなぁ。どんな絵柄になるのか今から楽しみですな!

僕にその手を汚せというのか。
フッ、この手はとうの昔に染まっておるわ!
駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と予約特典.jpg
「運命の輪」で過去に遡って違う選択肢を選べるってシステムで
予約余裕でございますよ。
スーファミ版はセーブ数が少なくて、ツクール用に買ったターボファイルが
Tオウガのデータだらけになった上に兄貴に占領された苦い思い出が。


>パラ犬さんのキャラクターって、勝手に描いてもいいんですか?

いいよ! 絵を描いてもいいしSS作ってもいいし
エロエロでも百合百合でも薔薇薔薇でもいいよ!


>なんだか一連のタロットフィーバーでちょっと欲しくなってきたかもだ。
ハッ!? もしやこれはマッスル大帝(犬先生)の陰謀か!!


ククク……そうだ、貴様も我が支配下に置かれるがいい。
タロットがあんまり普及しないのは、
ただの占いツールとしか見られてないからだと思うんだよね。
なんか敷居も高いし。
もっと、トレカみたいに気軽にコレクションして遊べるようになればいいと思う!


>あれ……拍手の……返事が…・・・遅れて……来るよ……!

牛くん牛くん、これが牛歩戦術ってやつだよ。
……と書こうとして、パペットマペットじゃないことに気づいた。
いっこく堂とパペマペ紛らわしいんじゃ!


>ぶらっく★ろっくしょーたー! というのがありましてね つhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm3882258

なんという一発ネタ。略して一発ショタ。


>そんなやっつけで大丈夫か?
そんな適当でイーノック.jpg


>モロ平野とおもちゃコーナーの者です。言えない…友達が持ってるタロットが羨ましくて探しに行ったらパラさんがタロットの話をしていたなんて言えない…!

お前がモロ平野かー!
なんというナイスタイミング。ナイス友達。
やっぱり友達が持ってるってのは影響が大きいね。
自分も、タロット自体は小学生の頃から持ってたけど
ちゃんと使おうと思ったのは相方がタロットを学校に持ってきてからだな。


>パラ犬さんパラ犬さん。どうしてそんなに沢山の雑学知識を持っているの?

知識ってのは、欲しがったぶんだけ手に入るからさ。
要するに強欲なのです。
役に立つからとかネタになるからとかいう理由で覚えようとするんじゃない。
ただ欲望の赴くままに知識欲を満たすのだ!


>抹茶味の蕨餅の人です。いまさら(2010/02/28のこと)ですけど、赤と青なら紫を使えばいいと思います。むしろ補色がわからない。橙と青とか無理無理。

中間の色相を挟むのはいいね。
でも紫は闇属性っぽいイメージがあるから、あんまり作品のイメージと合わないんだ。
赤と青の対比も薄くなっちゃうし。
補色を使うコツは、ワンポイント的に使うといいってばっちゃがゆってた。
青と橙だったらベタ塗りの青に金色の刺繍みたいにするとかさ。
同面積で使うのなら無彩色を間に挟んでクッションにするって手も。
「橙黒青」「橙白青」みたいに。


>ぶっちゃけカレンダーで遊びすぎ!見てる分には面白いからいいけどそれで日記書くのを遅らせているのはっちょっと……

逆! 逆!!
カレンダーで遊んでるから「この日は更新する日だ」ってなるんだよ。
何もなきゃ楽なほうにズルズル流れる性格ですもの。
一応、一回分の記事を書くのに数日に分けて負荷を分散してるものの、
それでも書く時間をキープするのはけっこう根性いるんで、
つい「明日でいいや」と思って寝てしまう。
そしてn = 1→∞。


>斜めを狙ってらしたのですね。

斜めを狙ってらしたのですよ。
ななめなめなめ。


>ぱら犬先生のツイッターを見つけた(・∀・)

あんまりつぶやいてないけどね!
べっ、べつに隠してたわけじゃないんだからねっ。
ツイッターはフォローで交友関係がわかるから面白い。
一人ツクーラーを見つけると、その繋がりから
何人ものツクーラーが芋づる式にずるずると。づるづると。