ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(5)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/10/12(Tue)
同僚の家でWiiPartyをプレイしました。

なんか、久々に「ゲームやった!」って気分になりましたよ。
大の大人が6人揃って本気モードですよ。
やっぱり対人戦は燃える。

そんで、まあ、面白いことを経験したら
自分のゲームに取り入れたくなるのが
ツクーラーのサガっていうかアレなんですが。

フリゲっていうかツクールゲーって、基本、
一人で遊ぶものじゃないですか。
だもんで、必然的に対戦相手はCPUで代用する形になるわけですけど。

WiiPartyって、要はパーティー用のミニゲーム集なんですが、
たぶん、あのミニゲームが全部CPU戦だったら
全然面白くないと思います。
いやまあ、パーティーゲームを一人でやる時点で
精神的ダメージが半端ないってのは置いといて。

対人ってのは対人ってだけで、もう楽しいわけで。

いったい、対人戦の面白さって何なのでしょう。
気心の知れた仲間といれば何でも楽しい、というのが
模範解答でしょうが、そこで思考停止するのはよろしくないと思います。
もっと他にも何かあるはず。
もうちょっとつっこんで考えてみましょう。

CPU戦と対人戦。何が違うか。
たとえば。

1.CPU対戦。
 画面上に爆弾が三つ表示されていて
 ハズレの一個を選ぶと爆発する

2.対人戦。
 テーブルの上にまんじゅうが三つ置いてあって
 ハズレの一個を選ぶとワサビが入ってる

ルール的には同じです。
でも、その結果得られるものは同じというわけではありません。

CPU対戦だと、爆発を回避したところで
「よし、クリアした」ぐらいの気持ちしか起こりませんし
負けたところで「あー、やりなおしか」程度です。

これが対人戦だとどうでしょう。
勝者はハズレを引いた奴がワサビにンガッグッグしている姿を
指差して笑うことができます。
逆に、自分がハズレを引いてしまうとンガッグッグすることになります。
デッド・オア・アライブ!
それこそがゲームに緊張感を与えているのです。

たとえあからさまな罰ゲームがなかろうと、
そこには勝者と敗者という格差が生じることになります。
人間、誰しも敗者にはなりたくありませんよってに。
敗者になるという屈辱があるからこそ、勝者になったときに
優越感を感じられるのです。
お手手繋いで仲良くゴール? それのどこが楽しいんだ!
敗者の血と涙で祝杯をあげよ! 血祭りだ!

CPU相手なら負けてもあんまり悔しくないじゃないですか。
だから勝ってもあんまり優越感を感じられない。
勝っても負けても大して変わらないなら、勝負の意味はあるのかと。

だからといって、CPUに負けたら屈辱的なことになるような
ナニやらソレやらを入れたりすると、
それはそれでただのむかつくゲームなわけで。

リスクや難易度が高ければ達成したときのカタルシスも大きいですが、
そのぶん途中で投げられる危険も大きくなります。

面白いゲームはペナルティの与え方が上手い。
そして、そのペナルティを上回るような魅力がある。
いわゆるアメとムチ。ツンとデレ。

ゲームシステムを設計するときって、だいたい
「いかに面白くする」かから考えていくじゃないですか。
でも、ちょっと見方を変えて「いかにペナルティを与えるか」から
考えていくっていう切り込み方もあるんじゃないかと。

フラストレーションとカタルシスは表裏一体。
これはシステムだけじゃなくてシナリオにも使えますね。
むしろシナリオのほうが使える。

勝ちしかないゲームなんて、すぐ飽きますって。
人生という名のゲームも、波乱万丈だから面白いのさ。
(かっこよくまとめた)



10/7までの拍手返事。

>ふと思ったんですが、透過出来ない絵柄なら透過しなくてもいいインターフェースにするのはどうでしょう?
真っ白なウインドウ、メニュー画面……目が痛かった。
まぁ透過の必要が絶対に必要なのはノベルゲームくらいなもんですけどねー


ああ、なるほど。
白ではないにしろ、最初からウインドウと同色の背景で絵を描けば
ちょっとぐらい透過に失敗しても大丈夫ってわけだ!
これはいろいろ使えそう! ありがとね!


>>>妄想が頭に浮かぶとすぐに「実現可能か」なんて判断してしまって  これはあるなぁ…。面白いゲームのシステムに触れた時、ツクールで作るにはどうすれば、って頭に。結局大抵は、管理パラメーターが多すぎ
て「無理ぽ」って思ってしまうのであった。


どうしても純粋に楽しめなくなるんだよねー。
単純なシステムだと「これぐらい作れる」ってなるし
複雑なシステムだと「これは参考にならない」ってね。
どんなに面白いゲームも、参考資料として扱ってしまうと
一気にその面白さ(というか純粋に楽しむ心)が死んでしまう。


>いや、健全君は健全ゆえに人の内なる本能を押さえ込めるので間違って無い……けど寓意的にアウトだね。

健全な精神は健全な肉体に宿るのであって、たしかに間違ってない。
寓意的にもセーフなのではないだろうか。
むしろ、この世の全ての出来事は、健全な筋肉で解決できるのではないだろうか。
健全は世界を救う!


>セラ嬢が押さえ込んでいるライオンはこのサイト的にリコリスだったりしますよね。こんなトコロに百合が!
そしてリコリスの浮気者!


なんということだ、これは百合の寓意だったんだよ!
百合は世界を救う!
リコリスならしょうがないな。
野郎が押さえ込もうとすれば、それはもうとんでもない
流血沙汰になりますゆえ、百合は世界を救うのです。


>人間、中途半端に常に学習しているからおぼえが悪いのであって、すっぱり一日、勉強したくないでござるって言えば、翌日は勉強したいです先生に変わっているはずなのさよ。

そうなのさよ。
ツクツクだって、やりたくないときに無理にやろうとしたって
エディタ開いたままネットでダラダラしてたら一日が終わってたとか
そういうオチになっちゃうのさよ。
効率よくツクる方法は、普段はツクツク気分をチャージしといて、
ツクりたいときに思う存分ツクること!


>これは…いつぞやの… >誤

なんのことかな!


>SAIがHDDの肥やしになっている→ボーカロイドは…?  腐りかけのルカ様なんて…

ボーカロイドのほうは、アレだ。
ネタゲーとはいえミクの歌が入ったゲームを一本作ったから
ツクーラーとしてはじゅうぶん元が取れてるさ!
それよりも腐りかけのアクツク……


>ストレングスのカード絵を見てふと思った。もんてらいおん…いやなんでもない

なんのことかな!

せっかくなので、コメント残していきます^^b [修正]
はじめて寄らせて頂いたけど、日記も他のコンテンツも世界観でてて面白いね。
ちょくちょく見にきます^^

WiiPartyのリベンジはいつでも受けてたとうではないか!
Tocky
コメがスパムっぽい [修正]
日記や他のコンテンツ?何を言ってるんだ、君は。
それは幻覚だよ。ここには何もないというのに。
何もないんだから見に来てもしょうがないね!
パラ犬