ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/10/23(Sat)
ParaSite2D6 RPG館は、ゲーム製作サイトです。
皆様方におかれましても、この日記に辿り着いたということは
やはり作る側、もしくは作ることに興味のあるタイプだろうと思います。

さて、皆様の「原点」は何でしょうか。
初めて作ったもの。そしてそれが評価されたこと。
そんな経験が今を支える力になっているのではないでしょうか。

人はしばし道を見失うもの。
そんなとき、己の柱となるものを忘れさえしなければ
なんとかなったりならなかったりするものです。

本日は、そんな原点にズームイン!

さかのぼって思い起こせば、中学生のときは小説を。
小学生のときは漫画を。
幼稚園のときは紙芝居を作っていました。
なんか左脳の発達過程の記録みたいですね。

紙芝居ってのは、漫画や小説や黒歴史ノートと違って
絵と文が分割されてるから、自分では読めません。
他人に語って見せることに特化した媒体です。

つまり、語る相手がいなければ成立しないわけです。
それは母親だったり幼稚園の先生だったり。

やっぱり自分の作品って、
「読み手ありき」って感じなんですよね。
他人に楽しんでもらって自分も楽しむっていう。
君の笑顔が最大の報酬さ、ハニー。

さて、次は内容のほうにズームインしてみましょう。

内容を覚えている最古のシナリオは、
小学一年生のときに自由工作で作った紙芝居。
幼稚園の頃のはさすがに覚えてない。

内容はだいたいこんな感じ。
これがパラ犬の原点だ!

[さかな]

 つりをするよ!
  ↓
 わーい つれたー
  ↓
 サメだった
  ↓
 ギャーくわれたー おわり。

誰がなんと言おうとサメ.jpg

なんという……身も蓋もない話。
細かい部分は覚えてませんが、細かい部分なんてなかったのかもしれません。
なんか若手芸人のフリップ芸みたいです。時代先取りしすぎ。

まあ、小学一年生ですから。所詮は幼稚園[+1]ですから。
明かりをつけましょ爆弾に~ドカンと一発ハゲあたま~♪とか
そういうネタが好きなお年頃ですから。
きょうはかなしいおそうしき。

でも、今もだいたいこんな感じの作風ですよね。
なんだかんだでバッドエンドに定評のあるパラ犬です。
基本ハッピーエンドなのに! なんでそっちに定評あるんだよチクショー!
ヤバいぐらいに原点。三つ子の魂百まで。



10/15までの拍手返事。

>ついに返信が追いついてきた!拍手逃げて!

ククク、我から逃げられると思っているのか。
あと少し! あと少しで全ての拍手は我が物となる!
今週は遅れをとったが――次回だ。
次回の拍手返事で全ての決着をつけてくれようぞ。
今こそ復活の時! 泣け! わめけ! 我が前にひざまづけ!


>防御力の高い敵(ハードな問題)には「ちからをためる」、防御力の低い敵には「はやぶさぎり」が有効、ってことですね。

なるほど。
つまり……どういうことだってばよ!?


>自分の場合はCPU戦で負けても結構腹立ちます。対人戦の場合なんかもってのほか。何にでも勝たないと気がすまない人種です。

だよねー。
しかしこういうキャラは主人公にボロ負けするのがお約束。
少なくとも主人公にはなれないタイプだ。
「まさかこの私が敗れるなんて……」的なセリフの練習をしておこう!
負けた屈辱をバネにして再戦を挑めば準レギュラーにぐらいにはなれるかもね!


>うちの家族は「パーティーゲームを一人でやる派」です。順番に。寂しいです! ホウレン草原

家族なのに! 一緒にやればいいのに! なんで順番待ちしてるの!
いや、それ以前にホウレン草原って何だ。
まずはそっちからだ。モロ平野の続きか。
全体的にツッコミどころが多すぎるけど、まずはホウレン草原からだ。


>エレノア呼び捨て事実にうっかりレオニスに萌え。
知り合いの双子の片割れに(どっちもおなご)は5歳の時に髪の長さで母親に姉と呼ぶように言われてからずっと○○(名前)+姉と呼んでいる子がいますよ。彼女曰く「慣れ」だそうで。


「○○ねぇ」は萌える。そっか、親の方針か。
しかし髪の長さで上下関係を決めるとは。平安時代か。
髪で差別しちゃいけないんだぞ! ハゲに人権を!


>チョコボさんだと・・・( ゚д゚ )、てっきりチョコボ様かと、チョコボ様が主人?公のゲームあるし

チョコボ様まで行くと親しみやすさが足りないと思うんだ。
お茶の間のアイドルであるサザエさんぐらいの親しみやすさは欲しいところ。
これがサザエ様だと主人公らしくない。


>今まで出会った双子はみんな名前で呼び合ってました。双子に生まれても自然と姉っぽさや妹っぽさが滲み出てくるのが見ていて不思議です。

双子でも性格の違いあるんだねー。
そういや、生まれてこのかた、双子に出会ったことないや。
双子が生まれやすい地域とか血筋とかあるんかね。


>神は言っている。なもさくが出るかどうかが問題だと。

大丈夫だ、問題ない。
神は言っている。まだエターナる定めではないと。
ガルパテノカタキヲトルノデス……


>銀杏のチートまがいの攻撃力然り、神話の怪物さながらの甲殻類然り、どうにかして食ったろうとする人類の試行錯誤はゲームのやりこみプレイに通ずるものがありますね。人類minaマゾプレイヤー!

フグをどうにかして食ったろうと思った人間は勇者すぎる。
普通、一人死んだらやめるだろ。人が死んでんねんで!


>ツイッターはじめたときからパラ犬さんをフォローしていた俺に死角は無かった

死角がないと油断したところにこそ死角が生まれる。
貴様の死角は、そう、フォローしたところであんまりつぶやいてないから
いまいち意味がないってことだ!


>>>vsCPU  桃鉄を"4人でやった時"と"vsCOM3でやった時"のアレですね。

COM×3はむなしい。
かといってCOMと2Pプレイだとつまらない。
とりあえず一人で桃鉄99年プレイは拷問や刑罰に取り入れていいと思う。


>>>人生という名のゲームも、波乱万丈だから面白いのさ。 『でも』『「人生は面白い」って言う奴は』『決まってプラスの奴なんだ』 いや。深い意味は無いけどね

そりゃ、現状が楽しくない人は面白いなんて言わないさ。
だが忘れてはならない。波乱万丈である以上、プラスの人間こそが
次に落ちる者なのだ。
己の人生がプラスだと感じた瞬間、その者は
喪失という名の奈落に向かって進んでいる。
全ての生物が生を受けると同時に死の定めを得るように。
プラスはゼロに戻るだけでも不幸だ。
無から来て無に帰るだけなのに、それでも人は死を嘆く。
いっそ生まれてこなければ不幸を感じずに済んだというのに。

管理人のみ閲覧できます [修正]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-
非公開はコメント一覧に出ないから気付きにくいんよ [修正]
おしょうがつには餅食って~♪って最初に言い出したのって誰なんだ。
子供の頃にはこれが正しい歌詞だと思ってたよ。
あれは重罪だ!
パラ犬