ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/11/08(Mon)
Freeおにいちゃんてんじたん
クレティアのドット絵貰いました。

というわけで、恒例の見せびらかしコーナー!
ドット拡大率は貰った時のままです。

Freeおにいちゃん↓
cletia2.png

てんじたん↓
189422027.png

二人ともマジありがとう! もうウッホウッホですよ。
なんでクレティアこんなに人気あるの。

めっきり大樹の話が出なくなった今日このごろにもかかわらず、
忘却の彼方へ追いやられずにキャラへの愛が、こう、ポロリされると
こっちはホロリですよ。

さて、まずは、こうなった経緯を話そうじゃないか。

[経緯]
帰宅してTwitter見たらFreeおにいちゃんが
スティッカムでドット打ち配信中。次はクレティア打つって
ゆってたからみにいったらちょううってた。
てんじたんもうってた。
ちゃっとにはいったら、なんかめっちゃおどろかれました まる

その時の反応は、Freeおにぃたまいわく、
「ものまね大賞で本人が後ろから出てきた時みたいな気持ち」と、
なんとも言いえて妙。

ところで、スティッカムで二窓見るいい方法ってないんでしょうかね?
音が混ざってしまう。片方の音を消したら聞こえないし。
聖徳太子並の耳を持つしかないのか。聖徳犬子。

Freeにぃのクレティアのシチュエーションが非常にきわどいですが、
これはてんじたんの指定だそうで。
チョイスが上級者すぎる。
エロのプロフェッショナル、略してエロフェッショナルやでぇ。

あ、それから、このたびクレティアが
E's Lafのキャラとして登場することになりました。
大樹できてないのにね!

当方が極秘入手した画像はこれだ!
Freeにぃが配信で打ってくれたドット。
cletia5.png

銃持ってるのに技はキックっていうね。
この丈でキックはけしからん。非常にけしからん。

E's Lafは、HD解像度(1280×720)でドットアニメという
行き着くとこまで行っちゃった格ゲーなわけですが、
この尋常じゃないサイズのドット絵が出来上がるまでを
リアルタイムで全部見ちゃったわけですよ。
あんなところやこんなところまで……おっとこれ以上は言えないな。

最初から最後までEDGEでゴリゴリポチポチですよ。
完成まで3~4時間だったかな。このサイズで。
線(っていうか、塗り潰し型のアタリ)に迷いがないんですよ。
整形はしてるけど、その削り出しに迷いがないの。
モリモリ描いてサクサク整えてた。
なにこのひとこわい。
目からビームみたいなのが出てて、キャンバスに完成イメージが
投影されてて、それをなぞってるとしか思えない。

まだ先の話だけど、動くクレティアが見れるのは、E's Lafだけ!
(大樹がなかなか完成しないから)

問題は、自分が格ゲー超苦手ってことだ。
上手い人がやってるのを横で見てるほうが楽しい。

格ゲーって苦手な人と得意な人の差が
激しすぎるよね。



11/2の拍手返事。

>間違い探し、最大の間違いはパラさんがセクスィーな悪魔娘さんを描かなかったことかと

セクスィー系に走るほうが間違いだよ!
ウチはロリしかないよ!
サーバーはロリポップだし、ポロリもあるし、
ホワイトロリータは美味しいし、セロリは食物繊維が豊富なのです。


>四捨五入して30歳ってことは、まだ20代……全然オヤジじゃないよ! オヤジってのは30代後半から(周囲キャラの平均年齢にもよりますが)を言うのです! そして絵が滅茶苦茶下手だって、オヤジなら逆に素敵です! byオヤジフェチ PS:パラ犬さんはオヤジは好きですか?

本物来ちゃったー!
よかったね、四捨五入して30の人。
いや、好みの範疇にないからよくないのか。
オヤジはそれなりに好きですが、
アンチJRPGがよく言う「オヤジを主人公にするべき」には賛同しかねる派。
オヤジはチョロッと出てくる味のある役だからいいんじゃないか!
世界の未来は若者に託しちゃったりするのがいいんじゃないか!


>タロットの知識はほとんど無いのですが、デッキによって扱いやすさや用途がそんなに違うものなんですか?
それと全然関係ないですけどタロットの「デッキ」って言い方かっこいいですよね。
このドローに全てを賭けちゃったりするんでしょうか。


扱いやすさっていうのは、個人的な好みが強いんだけど、
パッと見て何のカードかわかりやすいとか
手に持ちやすいサイズだとか
シャッフルするときの滑りがいいとか
そういういろんな要素があったり。
デッキって言うとどうしてもデュエルしちゃう感じだね。
ドロー! モンスターカード!


>FFで培われた技術がいま活かされる!

F@Fほど即死しないYO!
土の洞窟はスクリプトを使わないってこだわりがあったから
通路一マスごとに変数の値を割り当てて現在位置を管理するっていう
なんともわかりにくいものだった。
なら歌はXYZ座標の三次元配列で管理するつもりだから
もうちょいスマートにいくはず。


>パラさんってB'z好きなのー?

そのコメでB'zだって知った程度のレベルよー。
歌詞も「君を探し彷徨うジャングル」だと思ってたぐらい。
遭難しとるがな。


>なんというコロンブスの卵www
しかし、こういうのを見るとパラ犬さんの凄さが分かりますなー
普通出来ませんぜ、その発想


ヤケクソともいう。
コロンブスの卵で言えば「卵立たねぇ! こんなものこうしてくれるわー!」と
テーブルに叩き付けたら下のほうが潰れて立ったって感じ。
もうどうしようもないほど行き詰ったもののほうが
ダメ元で思い切ったことができるから、
まあ思い切ったところで成功するとは限らないんだけど。
どのみち失うものは何もないさ。


>なら歌、普通におもしろそうですよー。

ありーっす。やる気出てきた。
なんか、どの作品でもそうなんだけど、
作り始めたばっかの頃は「ここが面白ポイントだ!」って
自分でちゃんとわかってるんだけど、
時間が経てば経つほど感情が薄れてきて
「これのどこが面白いんだろう」ってなっちゃうんよねー。
感情ってのはナマ物だからさ。