ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/11/18(Thu)
タクティクスオウガ 運命の輪をプレイ中。

会社帰りに毎日ちょっとずつ進めてます。
一日1マップという鈍歩っぷり。
この楽しみのために一日頑張れるさー。

んで、ちまちま進めて今は2章なんですが、ここまででも言える。
これはよいリメイクだと。

リメイクって、思い出補正がないと楽しめなかったり
期待が大きすぎてがっかりな出来だったりすることが多いんですけど、
これはいい。

やっぱり、ちゃんと当時のスタッフが開発してるってのがポイントかと。
リメイクってたいてい当時のスタッフが残ってないじゃないですか。

リメイクではなくリ・イマジネーション(再構築)という言葉の意味が
なんとなくわかった。
シナリオやシステムが大幅強化されています。
15年の時を経て、スタッフが本気出した。
あとから見直して、入れたくなったものを入れたんだな、と。
モノを作る人ならこのへんハートで理解できるんじゃないかな。

リセットしなきゃならない要素や
無駄なプレイ時間がほとんどないです。
自軍を強化するために味方同士で石を投げたりしなくていいんだ!

いつでも時を巻き戻せるってのが、斬新ながらも
バランス崩壊要素になってない、なんとも思い切ったシステムです。
発売前は、おいおいSLGでそんな事していいのかよと思ったもんですが、
実際やってみると、ペナルティが何もないぶん
逆に意地でも使わないという変なプライドが芽生えたりします。
(巻き戻さずに勝利した回数はレポートに記録されるので)

基本的に難易度が高めのゲームですが、
右も左もわからない初プレイなら、素直にサクサク進めます。
敵リーダーを倒すのが勝利条件なら敵を殲滅する必要はないし、
助けられないキャラはそこで死ぬイベントなのだし。

でも、旧作をやりこんでいると変な知識がついていて
余計なことにこだわってしまうので、
難易度が跳ね上がります。
ニバスは引き返さずに直行ルートで倒したし、
システィーナもアロセールも頑張って救出しましたよ、ええ。

知らないからこそ知らないレベルで楽しめるのです。
ここで初プレイなのに攻略サイトなんかを見てしまうと
アレコレ欲張ってしまって結果的に面倒になります。

初回でアレコレ欲張らなくても、あとで回収できますよってに。
前述した、助けられなかったキャラすらも
あとからシナリオを巻き戻して助けに行くなんてことも
できるという。何この神システム。

システムの話ばっかりしましたが、
やっぱりTオウガの見所はシナリオでしょう。
こういう骨太な中世ファンタジーって、
そういえば最近ほとんど見かけない。

いろんな政治的思惑が絡んで複雑なこと複雑なこと。
遊んだのは子供の頃ですよってに、
ストーリーは覚えてるのに全然理解できてなかったことに
改めて気づかされたですよ。
子供がやるにはもったいない。

一部ではPSP本体ごと買っても得するゲームなんて言われてるけど
本当にそうだと思う。
好き嫌いが分かれそうだから万人にはおすすめできないけど。



なんかまた拍手返事が遅れかけてるんで、いったん体勢を立て直す!
拍手返事残り全部!

>逆から読んでも「味噌味」

下から読んでも「山本山」、みたいな。
下から読んだら「まやともまや」やんけ!みたいな。
どうでもいいけど、Tオウガのやりすぎで、どうしても
敵ユニットに挟まれた状況に見えてしまう。
 □□□□□□
 □□↑→↓□
 □味□味噌□
 □□□□□□
背後に回りこんで攻撃しよう!


>お腹すいた・・・。モンテってどんな味するのだろう。

じゃあ、味噌味。


>未来から来たんですが先日大樹プレイしました!とっても面白かったです!
ところでエンディング後にレオニスの家のモンテに話しかけたら突然
オッサンに変身したのですが、これは仕様でしょうか?


未来ではネタバレをする者は全て口封じしたはずなのに
まさか過去の世界に逃亡していたとはな。
レオニスの家のモンテ、それは……
おっと、もう君には関係のないことだ。
なぜならここで死ぬのだから!


>そう、かんけいないね

なにもしない きさまらー!


>マウス良いのを使ってますね~。私は同じロジクールのマラソンマウス使ってます。単3乾電池2本で3年動くらしいです

おお、同じ型の無線タイプだね。
お揃い! お揃い!
単3乾電池2本で3年動くってすごいな。エコだね、エコ。
ゲームボーイなんて単3乾電池4本がすぐなくなるというのに。


>物理的にエッジをつけて光沢を消すタイプならもにょもにょするけど、多層薄膜コーティングならもう少し改善されるとか。最悪眼鏡でなんとかなりませんかね?

眼鏡をかけたところで、光が反射して「目が、目がー!」になったり
画面にイケメン(マッスルボディ)が映り込んでつい見惚れてしまうのは
どうにもならんのですよ。
まるで水面に映った自分の姿に恋をする呪いをかけられたナルキッソスですよ。
すいませんちょっと言い過ぎました。


>自作はゴエモン、メーカーの二級品はユニットバス、一級品は大浴場クラスですね。

普通の風呂は!?
自分のやつはユニットバスクラスかな。
メーカーとショップブランドの中間みたいなもんだし。


>>いや、ウホウホは言ってないです。 ホントは言ってたんでしょ?

いやいやいや、言ってないって。絶対言ってないって。
そんな下品なこと言うわけないウホ!


>ひほうはたりてますか?

はかったな たいさー!


>>ねんがんの あたらしいぱそこんを てにいれたぞ!  ニアころしてでも うばいとる

なにかした きさまらー!


>>おもむろに起動させて、途中で嫌になってDSごと窓から投げ捨てるのが通の楽しみ方。:アンタ、ツクラーとして最低だな。どんな作品でも敬愛する心が無い奴はツクラーじゃねぇ。ご高説垂れる資格なんてねぇよ。
そんなアンタにエターなった人間を非難する資格も無い。


説明不足で妙な誤解を招いてしまったようなので説明しますが、
「aoitori.sav」というのは自分の作品(ツクールDS製)の
ゲームデータです。
ゲームバランスの調整をしていない放置ゲーですから
まともに遊べるものではないです。
遊びづらさをツクールのせいにしているわけでもありません。
常連相手のやりとりだと、こういった前提が省略された話は普通なので、
それで誤解を招いて不快な気持ちにさせてしまったなら申し訳ないです。


>>500万円ほど現金で いや、普通に怖いでしょ。

たしかに怖い。普通に怖い。
カイジとかだったら命賭けのレースに参加させられるレベル。
しらないひとからお金もらっちゃダメだって、ままがゆってた!
タダより怖いものはないんやで。