ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(4)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/11/22(Mon)
隠れた弓ゲーとして名高いタクティクスオウガ。

旧作プレイ時にはほとんど使ってなかったんですよ、弓。
何も知らない子供でしたからね。
武器といえば剣、という思い込みがあったのかどうなのか
ユニットにはとりあえず剣を持たせてました。

そんなプレイヤーが多いからなのか、
運命の輪では、弓やら槌なんかの不人気武器が
けっこう優遇されているように思えます。
(優遇は昔からかもしれないけど)

カノープスの初期装備が槍から弓+斧に変わってて
初心者でも弓の使い勝手のよさがわかるようになってたり。
飛行ユニットに弓は卑怯。

飛び道具の軌道を予測するスキルを覚えさせると、
弓の使い勝手はさらに上がります。

旧作の頃は、「高いとこからだから射程より1マス離れてても
大丈夫かな?いや、でも、届かなかったら嫌だし……」とか
「打ち上げになるから射程内でも届かないかも」とか、
すっごい気ィ使って結局よくわからなかったわけですが、
軌道予測で全くの無駄だったことがわかったという。

ホークマン虐殺.png

黄色いパネルが弓の射程範囲、青い線が軌道予測。
敵のほうが高いところにいるのに、普通に射程外まで届くでやんの。

ちなみにこのゲーム、一ターンに4マス程度しか進めないです。
そこで射程が8マスある弓がいかに鬼畜か、おわかりいただけるでしょうか。
まあ、近くには撃てないから、
間合いを詰められると無力なわけですけど。

攻撃力も普通にすごいですからね。
上のスクショでは、敵のHPが140なのに
予測ダメージ156ptとか。(技使って威力上げてるけど)
こころなしかホークマンの顔が己の死を悟っているように見えます。
「ああ、俺死ぬんだ……」みたいな。

ちなみに高低差があると、こんな鬼畜なことに。

ニンジャ虐殺.png

射程範囲が画面外。
きたない忍者よりきたない。

やっぱり射程があるゲームでの弓の無双っぷりは異常。

あ、大樹も射程ありますんで、弓と魔法はそれなりに無双です。
主人公が弓なんだから、弓無双なのは当然よォ!
まあ、敵が遠距離攻撃してきたら、あっさりやられるわけですが。



武器関係のコメントが、みんなそれぞれ、いろんなこだわりがあって面白い。
とりあえず今回はそれ以外の拍手返事。


>タクティクスオウガ…全体の完成度はとても高いのですけどアイテム合成だけはちょっと。まとめて合成できないのに毎回あのゴトゴトいう壷だか瓶だかわからないモノのアニメを見せられるのはどうかと。

そう! あれだけは明らかに浮いてる。
素材の素材は大量に必要になるのにあの仕様はおかしいだろと。
あと、その場でセーブ・ロードできるのに成功率とか意味わからない。
戦闘みたいに同じ手順だと同じ結果になるならともかく。
納期直前の時間ないときに、何もわかってない偉い人が
「ドラクエ9っぽい合成システムを入れよう」とか
急に言い出したんじゃないかってぐらい浮いてる。


>登山用のサングラスが余計な照り返しをふせぐぞ!(ウツリコミ)

【登山用サングラス】
光属性耐性。照り返し攻撃をふせぐぞ!
しかし、映り込みはふせいでくれない!


>Tオウガの次は『電設の王がバトル』が移植されるかもシレン。

電設王さんかっけぇ! きっとすごい電設っぷりを見せてくれるに違いない。
Tオウガが売れてるから、この勢いでオウガバトルも出してほしいね。
ゼノビア人メンバーの過去が気になるプレイヤーは多いはず。


>ソードワールド(旧版)はルールブックが文庫サイズなので唯一残しているTRPGです。
イベントでダイス判定を行った際に目標値に達しなくてイベント不発とか起きて、死ぬはずのキャラクターが延々と生きていたら感動的だなぁ。
クリティカルでピンゾロとかも笑える。普通のダメージじゃん。絶対成功と自動失敗のゾロ目。
あとは呪われた島の『根性システム』がRPGを破壊しそう。一日に一回だけどんな事でもリトライできる可能性を与えるシステム。確率100分の1の奇跡がゲームバランスを破壊する!
なんて素敵な丸いサイコロ!


100面ダイスの止まらなさは異常。10面ダイス×2にすればいいのに!
集中力チェックはチートすぎる。
チートすぎるからSWで調整されてチャ・ザのラックができたのかもね。
旧番ルールブックの完全版(ややこしい)はデカさがネック。
文庫サイズだからよかったのに。完全版ベーシックは不完全だし。
ダイスの奇跡は燃える。それでドラマが生まれるのがTRPGの最大の醍醐味。
うちのプレイではGMが演出で放ったファイヤーボール(知力ボーナス1の
へぼソーサラー)でクリティカル回って
グラスランナーとエルフが死亡するという事故があったなー。
あの「どうすんだコレ」感は忘れられない。
これだからオープンダイスは……


>>タクティクスオウガ
パラ犬! 貴様! やはり! やっていたのか!
そしてやはりCルートに行くか! それが貴様のジャスティス!


やらいでか!(訳:やらないでおられますでしょうか)
あの日記だけでCとわかるとは、貴様、やりこんでいるな!
Lルートの内容をあんまり覚えてないんでLに行こうと思ったけど
ヴァイスがいい人ぶってなんかむかついたのと、
ラヴィニスさんに嫌われたのでCにしたという。L側の人だと思ったのに。
Cルートのヴァイス楽しすぎる。エエ顔しとる。
でもラヴィニスさん……まさかあんなことになるとは……


>どうでもいいけど、TOに影響されて厨二病満載な擬似歴史ファンタジーシナリオを作っちまうのは
1980年代後半生まれには当然のことなのだ!
今から見返したら死にたくなります


あるあるすぎてギャアアアアア
「枢機卿」という単語をTOで覚えて無駄に使ってみたり……
セカイ系に反発して政治っぽい話を出すも、結局やってることは
王道ファンタジーのテンプレ大臣(悪人)と変わらなかったり……
もうやめて! 僕らの古傷をえぐるんじゃない!


>TOはスタッフがやりたいことやりまくっているのが分かって最高です

ウォーレンレポートの充実っぷりが最高。
ただのザコリーダーだった奴らにも人生があったり。
音楽のアレンジっぷりとか、添えてあるコメントもいいよね。
こういうリメイクなら大歓迎だ。
スクエニェ……


>USBって『うるとらすーぱー便利』の略だとマイクロソフトさんが10年くらい前に言っていたにゃ。

そのあと『うそびょーん』の略だと言っていたにゃ。


>ニューマシン購入羨ましいッス。僕もi80486モノクロ98NOTEでのマルチゲームスクリプター生活を捨て、新世界を見るか。ちなみに貴サイトは親のVistaマシンで監視中。

Windows98かと思ったら、PC-98じゃないか! しかもモノクロかよ!
それはいい加減、新世界に来たほうがいい。ここは21世紀だよ!


>SRPGってツクーラー的に戦闘作るのはめっちゃ楽しいんですけどねぇ・・・。
雑魚戦が作り難いから通常の冒険系RPGには向かず、シナリオに沿って進むタイプが最適、
つまりクオリティの高いシナリオが求められるという辛い所・・・。
戦闘一つの短編にしたブラックデスは上手いなぁと思ったり。


SRPGって数戦やるとダレるからね。無駄にプレイ時間食うし。
シナリオで牽引するしかなんだけど、シナリオを見たい人には
余計なものが多すぎるという。
ツクーラー的にはSRPGはひとつのジャンルというより
自作戦闘的な位置づけかも。

<<鬼殺し |  TOP |  ぶきゃー>>