ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

08月 « 2017年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年09月(3)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2010/11/28(Sun)
運命の輪では、ソードマスターが魔法を使えません。

旧タクティクスオウガをやりこんだ人なら、
これがどれだけ重大な事件か
おわかりいただけるかと思います。

ソードマスターといえば剣聖ハボリム。
ハボリムさんにペトロクラウド(石化魔法)を持たせて
全裸で戦場を駆け回って敵を次々と石にしていくのが
正しいタクティクスってもんです。

剣聖としてどうかと思いますが、まあ、役に立っているぶん、
死者の指輪(死んでリッチに転生する)を渡されるバイアン先生や
速攻で除名かスナップドラゴン(人間を剣に変える魔法。相手は死ぬ)される
ヴォルテールよりは、まだマシな扱いでしょう。

余談ですけど、今作ではヴォルテール(とサラ)が汎用ユニットから
ウォーレンレポートつきに格上げされたんですが、
一振りの剣のごとく主に尽くせ」という家訓があるあたり
やっぱり剣になって役に立てということだと思われます。
家訓ならしょうがないよね。

ちなみに自分は、スナップドラゴンは
汎用ユニットを雇って好きな名前をつける派です。
(※剣に変えられたキャラの名前がそのまま剣の名前になる)

話は戻って、ハボリムさんですよ。
ペトロクラウドのないハボリムさんなんて
銃のないガンナーと同じですよ。
レンドル……

しかも、なんか回避(AVD)が低い。
もっと心眼で回避しなさいよ心眼で。

自分で育てたソードマスター(ちょっと育てすぎ)と比べると、このとおり。
左がユニット固有のパラメーター、右がクラスや装備の補正を入れた値です。

ハボりん.png
わしが育てた.png

29って何だYO……

しかし、個人的にハボりん好きなので、
戦力的に微妙だからといって外すわけにはいきません。

防御がそれほど高くない上に盾も装備できないクラスですから、
回避ができなきゃ、前線に出た途端にやられてしまいます。

ならば武器はこれ!

いいおとこ捕獲しまくりウホッ.png

FU・KI・YA☆
渋い中年の魅力で魅了しちゃうぞ☆
ちょうど中距離の援護役が欲しかったんだ。
剣聖? 知らん!

ところでハボリムさんって31歳だったんだねぇ。
ピチピチじゃないか。爺さんかと思ってた。
風格がありすぎるんだ。

なんか、ソードマスターは旧作とは完全に別クラスになってます。
昔と同じと思ってクラスチェンジ計画を立てていると
二刀流できないわ攻撃も防御も中途半端だわ
挙句の果てにはソード装備できないわ(ソードマスターなのに)で
非常にがっかりする羽目になります。

装備武器が両手刀オンリーなんですよ。
偶然チャプター2でソードマスターの転職章を手に入れたんですが、
両手刀がまだ店売りされていないという悲劇に遭遇しました。

両手刀のないソードマスターなんて
銃のないガンナーと同じですよ。
うん、これ、さっきも書いたね。
レンドル……

ソードマスターの強みは単純な攻撃力にあらず。
その真髄は、武士舞にあります。
前線に突っ込みつつ味方だけまとめて強化や回復をしたり
敵だけ弱体化したりできる。マジ便利。(アイテム消費するけど)

補助魔法は前線にこそかけたいものですが、
前線は敵味方入り乱れているので範囲魔法は迂闊に使えないのです。
魔法やボウガンが容赦なく味方に当たりまくるこのゲームでは
乱戦で使えるってのはものすごく便利なのです。

まあ、ハボリム救出ステージで、必死に回復してあげようとしてるのに
剣聖のくせにドンドコ踊った挙句に前に出て敵にタコ殴りにされてた時は
いろいろとツッコミたくもなりましたが、ハボリムさんなので許します。
システィーナとアロセールも許します。レンドルは微妙です。

結局何が言いたいかというと、
ハボリムさんはかっこいいってことですよ。
マジいぶし銀。