ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年11月(3)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
いただきもの ] 2010/12/01(Wed)
~前回のあらすじ~

『クレティア拘束祭り』
その旗印の下、紳士たちの心はひとつになった。

パラ犬「な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
 おれも何をされたのかわからなかった…」

長い夜はまだ始まったばかりである――



Freeさんいわく、
「こんな抱きつきかたされてみたい」

クレティアとラインハルト こんな抱きつきかたされてみたい.png

どういうシチュやねん。

ラインハルト役得すぎ。
なんてぇの? ラッキースケベ?
少年のロマンとかそんな感じ?

そんでもって、てんじさんの少年のロマン溢れる一枚。

クレティアさんとラインハルトくん。.png

それなんてエロゲ?
ロマンだ。これはロマンだ。間違いない。

なんつーか、ラインハルトって、エロゲの主人公でも
じゅうぶんやっていけそうな感じだと思いませんか。
主人公属性持ってますよ。

それに比べてレオニスの主人公属性の無さときたら。
ザコですよ、ザコ。
せいぜい好感度を教えてくれる脇役レベルか
エロはエロでもBL(主人公総受)じゃないですか。

幼馴染が朝起こしに来るというエロゲシチュも
Freeさんにかかれば見事に再現されます。

彼女は優しいので毎朝目覚まし時計と共に起こしてくれます。.png

こうかは ばつぐんだ!

さて、Freeさんに、何かリクはないかと聞かれたのですが、
健全な私といたしましてはエロいシチュなどという
破廉恥なものはあまり存じ上げておりませんゆえ、
とりあえず「じゃあ触手」と、きわめて紳士的に
最高級のロマネ・コンティを頼むかのような上品さで
注文しました。

で、シェフ入魂の触手責めがこちら。

クレティア「うわ・・・」.png

(縮小しても不健全だったのでモザイク入れてます)

裸体に気合入れすぎ!

ああ、うん、触手責めだね。触手責めだわ。
なんというか、モンテが万能すぎる。



流れ的に、くやさんのプリンが次回になってしまった。
なにげにクレティア祭りはまだ続きます。



11/26までの拍手返事。

>スキルが無いならばある時点での最強武器を剣or斧、などのように絞れば差別化しやすいのでは。と思ったり思わなかったり。やっぱり思ってないです。

んー、それだと結局、ラストの時点で最強な武器が最強になっちゃうからねえ。
スキル制がないからこそ、強さが武器そのものに依存してしまって
剣とか斧とか関係なくなっちゃう。


>ゲームシステムが完璧にイメージできてる気がしないので、ひょっとしたら残念な発言になってしまうのかもしれないのですが、武器に使用回数を設けて、持っていける武器数(種類重複不可)にしてやれば、戦略的に色々な種類の武器を使う楽しみができるのではないでしょうかとか妄想してみました

だいじょうぶ、ゲームシステムは何も決まってないから!
自分、貧乏性なので、使用回数があるともったいなくて使えないんだ……
ゲームボーイ版サガが使用回数制だったんだけど、
一番強い武器を使わずに常に二番目の武器を使ってたっていうね。
貧乏性のプレイヤーでも使えるようにするにはどうすりゃいいかな。
拠点に戻ったり回復の泉に投げ込めば使用回数が回復するとか?
お、これけっこうイケるかも。


>山吹色のお菓子ha硫黄の塊

お前はチオバチルス・フェロオキシダンスかっての!
(理系的なツッコミをしようとして意味不明になった例)


>>しかも普通、拘束とかしないじゃないですか  え?

……………………え?