ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
奈落の歌と青い鳥 ] 2010/12/23(Thu)
>ランダムに付く接頭接尾の件を書いたものです。昔からあるシステムなので解説サイトがあると思いますが一応。

・敵が装備をドロップする際に、一定確率で接頭語や接尾語が付与される (ex.通常→バトルアックス 付与→軽い巨人のバトルアックス [軽い/行動速度+10][巨人の/攻撃力20%UP])

・接頭語だけor接尾語だけが付与される場合や、付与がされない時もある (ex.軽いバトルアックス 巨人のバトルアックス、バトルアックス)
・同じ敵の同じ装備のドロップでも数種類の接頭語や接尾語からランダムに付与される (ex.スライムが落とすバトルアックスは、
接頭は[重い/軽い/鋭い/赤い/神々しい]から、接尾は[巨人の/中古の/破滅の/モンテの]からランダムに付与される)

・接頭語と接尾語の効果は良い効果だけではなく、悪い効果もある (ex.重い中古のバトルアックス[重い/行動速度-10][中古の/攻撃力-10])
・敵や地域によって同じ装備でも付与される接頭語や接尾語が変化する (ex.最初の草原→効果の低い接頭語や接尾語しかつかない,魔王の城→効果の高い接頭語や接尾語が付く)

以上が接頭語と接尾語のシステムの基本で、これだと装備と接頭と接尾の組み合わせが物凄い沢山存在することになり、自分の思った接頭と接尾が付いている装備を手に入れる為に、何度も探索する事が楽しみになるのです
(付与される形容詞や動詞を接頭語,接尾語と呼ぶのは、このシステムを使った元ネタの1つ「Diablo」の標準言語が英語なため、
"軽い巨人のバトルアックス"は" Light BattleAxe of Giant"となるためです)  長文乱文失礼致しました。



おお! それ超燃える! むしろ萌ゆる!
わかりやすい説明ありがとね!
ダンジョンゲーと相性よさそうだ。

これは、なら歌DSで使ってた、
「材質×形状」で防具を作る 手抜き 方式を
拡張する形で使えるかもしれない。

なら歌DSの防具は、名前考えるのめんどくさいんじゃハゲ!という
崇高な思惑から生まれた、アイテム合成に見せかけた
作者に優しいアイテムです。

「ブロンズ/アイアン/ミスリル」「ガード/アーマー」の組み合わせで
全6種類、という形。
ツクールDSだし、短編だから、これでも多いぐらい。

VXに移植するんだから、もっとロマンあふれる感じにしたいね。
「ぼくのかんがえたさいきょうのぶき」みたいにさ!

効果が全部名前に現れる必要はないかも?
同じ名前でも能力値にボーナスがつくやつがあるとか。
個体差みたいな。

とりあえず草案。かなり大雑把。

--------------------------------------------------
武器生成チャート(草案)

■形状(必須)
・武器のダメージ計算式に影響
例)ソード/アックス/スピア/ボウ

■材質(必須)
・基本攻撃力と重量に影響
例)ブロンズ/アイアン/ミスリル/オリハルコン/アダマンタイト

■特性

 [品質]
 例)重い/軽い/古い/高品質

 [種族特攻]
 例)動物特攻/虫特攻/不定形特攻/アンデッド特攻

 [能力値ボーナス]
 例)体力/筋力/敏捷/精神

 [属性]
 例)ファイア/アイス/サンダー/ホーリー/ダーク

 [さらになんか付いたりすると強そう!]
 例)ファイナル/エターナル/超/マッハ/ミラクル

--------------------------------------------------

ざっと考えたぶんなので、バランスとかは何も考慮していません。
ここからいらない物を削ったり、いろいろ体系化させていきます。

なんせまだシステムは何一つ決定してない状態なんで、
今はとにかく取っ掛かり部分が欲しい。

こうやって、使える使えないだのそんなものを度外視して
自由にネタ出ししてるときって、ワクワクするよね!

そして後でまとめるのに苦労する……



今年の拍手返事は今年のうちに。
12/21までの拍手返事。

>もしかして、カレンダーチェック柄狙ってます? と、ついったーを見た後に聞いてみる。

おのれ、狙っていると知っていながら聞くとは卑怯な!
僕が狙っているのは君のハートだけさ。ゲッチュー☆


>PCが死んだらキャラクターシートを破り捨てる指示が(それはソロプレイ

君が無用心にも拍手ボタンを押すと、頭上から巨大なスライムが
落ちて来た。18点のダメージだ。
幸運にも(不幸にもというべきか)即死しなかった場合は
敏捷度判定に成功しない限りダメージを受け続ける。
死亡した場合はキャラクターシートを破り捨ててブラウザを閉じたまえ。


>防具は酸で溶かされたりするんでしょうか。上から酸性スライムが落ちてきたりするんでしょうか。びば革鎧

鎧を腐食させるスライムなんて古い古い!
今は服だけ溶かすスライムが主流なのだよ。
主にエロゲで。


>剣の利点はあれだよ、命中率が高くて他の武器より小回りが利くところだよ。たぶんきっと!

そういや剣って、刃の部分が斧やポールウエポンより大きいから
ちょっとぐらい手元が狂っても有効打を外さないね。
剣の形を考えた人はきっと、「当たる部分が全部刃になってたら
当たり判定めっちゃ上がるんじゃね?これすごくね?」みたいな
厨二病だったに違いない。


>ク○スレビューもどき面白かったです!でもまともにレビューしてるのがおっさんだけという……まあクレティアさんもまともなんだけど若干主観は入り気味かな?
というかもうおっさんレビュアーやっていけるんじゃない? あるいは武器屋。


クレティアさんは、敵の武器の解説に引っ張り出されたもんだから
いまいち身が入らないのはしょうがないのさ。
おっさんは武器に限らず無駄知識をいっぱい持ってる人ですから。
伊達に年食ってるわけじゃない。おばあちゃんのちえぶくろ。


>エレノアさんすてきです

あぶないから よいこはまねしないでね!
当番組のスタッフは特殊な訓練を受けており専門家の指導の下で試し斬りされています(←表現規制への配慮)


>M醇Brchenになっておる…文字コードって難しい

なんか美味しそうだ。芳醇な何か。
その味わいが私の『葡萄酒』──Et... C'est "La vie".


>TO日記、是非また読みたいです!…ところで配信クエストはどれぐらい作られるのだろう。たくさん作ってくれればファンタスティックなのに。

なんという偶然か、このコメが来たちょうどその日に
TO日記を書いてたよ! なにこれテレパシー?
配信クエストたくさん欲しいねー。
といいつつまだ最初のひとつもクリアしてない。
いきなり死者の宮殿は鬼すぎるだろ……


>ムキーッ!CROSS†REVIEW.JPGといい、何で師匠はそこまでハイセンスですか!?どんなツールを使って作ったのかすら想像できない完成度の高さは異常。センスの切り売りしてくれるなら買いますわよ!
しかし、相変わらずゲイツとの対戦ご苦労様です。(でもクリエーターのゲイツも好き)


甘い! 自分の作風はセンスというより「残念なセンスだけど気にせずやっちゃった」ってな感じだと思うんだ。
持たざるからこそできるものがある! 後ろ向きに全力疾走!
そういやツール書いてなかったけど、Illustrator9でございます。
兄貴が専門行ってた頃のだから、だいぶ古い。
主にロゴデザインするときなんかに愛用しております。


>自分はTRPG未経験なのですが、パラさんの日記読んでるうちにやりたくなってきました。
そこで疑問に思ったのですが、過去日記を見る限りプレイヤーは死なない事が前提、というかほとんどの場合
プレイヤー側の安全はなんだかんだGMによって保障されているわけですよね?それでゲーム性が生まれるもんなのですかね?


命の保障なんてされてないよ!
どんなキャラクターでもダイスの出目にあっさり殺されるし、
たいていのTRPGは死者は生き返らないってのが基本。
ただ、ウチのメンバーは、命のやりとりよりも
ロールプレイを楽しむことをメインにしてるんで、
「死ぬと困る」という暗黙の了解的なものがあるだけ。
だからこそGMは「奇跡」をPCの手の届くところに用意したってわけ。
プレイするメンバーが何を望んでいるかによって
ゲーム性の定義は変わるもんさ。
TRPGの最終目標ってのは、他のプレイヤーを出し抜くことでも
GMの筋書きどおりに進めることでもなくて、
「全員が楽しむこと」なんだから。
だから一緒にやるメンバーを探すなら価値観の合う人同士が吉。
(たとえば「ロールプレイ重視のプレイヤー+殺しにかかるGM」は
全員が不快な気分になって終わる最悪の組み合わせ)
そのへんは、普通に友達同士でやってれば大丈夫なんじゃないかな。
さあ、明日さっそく友達に「TRPGってのをやってみたいんだけど」と
切り出してみよう!(こういった誘いは学生じゃないと難しいけど)


>フハハハはは!契約社員だというのに半年を創作に費やした馬鹿もいるぞ!……あーあ来年どうしよ。まあ何とかなるさ。未熟作だけど創作の楽しみを知ったし。

仕事しつつ創作してたってことだよね。どこにも問題なくね?
べつにそれが原因でクビになったわけでもなし。
創作の楽しみを知ったんなら、むしろプラスじゃないか。
社会人が自分の時間を趣味に使っちゃいけないなんて誰が決めた!


>選択肢をボタン一発で選択できるようにすれば良いのではないですか? 「東⇒右ボタン」「西⇒左ボタン」みたいな感じで。

そこから「ボタンで選択するなら選択肢いらないんじゃね?」
→「テキストもいらないんじゃね?」→「マップ化」という
流れになったってわけなのです。
利便性を求めれば際限がない。人はなんと欲深い生き物か。


>ア、アンタのせいじゃないんだからネ!なんてツンデレぶりません。ツクールXPを買ってしまったのはパラさんのせいです。色々RGSSありがとうでした。ミニスカ+ニーソ+ツン→不健全もありがとうございました。

なんということだ。さあ、一緒に堕ちよう、どこまでも。
足を踏み入れちゃったからには存分に楽しんじゃえばいいじゃない!
不健全なのはボクのせいじゃないよ! エロくデザインしたわけでもないよ!
あの紳士たちが無理やり……!