ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

11月 « 2018年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2018年12月(1)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
] 2010/12/27(Mon)
引き続きSAIのパレット構築中。

よさげなパレットができたら、フリー素材的なものにしようと思ってます。
パレット作るのって面倒だけど、素材ってのはなかなかないんよね。
やっぱ個人色の強いものだからかな。
他人のパレットが自分の絵柄に合うとは限らないし。

単色で綺麗でも、塗ってみたら浮くというのはよくあることで。
こういうのは実際に塗ってみないと何とも言えないんで
とりあえず何か一枚描いてみることに。

テッテレ王子.jpg

なんかえらくメルヘンチックな色合いになった気がする。
下塗りが茶色だから? メルヒェンだから?

それはそうと、pixivでの「テッテレ王子」タグの盛り上がりっぷりが
地味にすごい。
死体大好き変態王子。
なんでこんな特殊な性癖が二人もいるんだ、グリム童話。
白雪姫と野ばら姫ね。

変態描くのって、なんでこんなに楽しいんだろう。
そして王子だけで満足して、棺の中身を描く気力がなくなるのは
ある意味お約束。



>なんとアドホックな!

【ad hoc(羅)】取ってつけたようであるさま
まさに本文におけるアホドッグネタ!


>人として、この夜に産まれ落ちたなら、一度は夢に見るだろう。たくましい彼の男尻に抱かれたいと。 ところで男尻って女の子とは決定的に形が違いますよね。男尻は四角いけど女の子は丸みを帯びた三角。

尻だったら抱かれるというより挟まれる感じのような……
男尻と女尻は全然違うね。
男尻は「キュッ」で女尻は「プリッ」って感じ。
このへん描き分けできずに男の尻がプリンケツになったりすると
尻ソムリエに笑われてしまう。尻ソムリエって何。


>ハルたんの[非実在青少年]ペロペロ

すっごいニッチなところ行っちゃった!
ラインハルトをハルたんって略すのも斬新すぎるよ!
じゃあ、あれか。ハーゲンティはゲンさんか。斬新だ。


>読むRPG

主人公に感情移入できる物語はある意味ロールプレイングといえるから、
あながち間違ってはいないかもしれない。
一本道RPGとかJRPGって、それ自体が悪いというわけじゃないと思うんだ。
もちろん、悪くないと面白いはイコールじゃないけどNE。


>奇数に逆らうとは数奇な奴よ

奇遇にも奇数と偶数が織り成すハーモニーがなんちゃらかんちゃらで
アレがこうなるのさ!
(↑奇遇の用法が思いつかなかった末路)


>カテゴリーの未分類を見たら777になってるぅぅぅぅ!

ほんとだ!
フィーバー! 確変入りましたー!


>友人と自分が並行世界で義理の妹に出会う可能性について議論していたら24日が終わってしまった。どうしてサンタさんは僕に義理の妹をプレゼントしてくれなかったんだろう。

サンタさんの正体はお父さんだから、それはお父さんに頼むのが
最も現実的な方法。
今からでも遅くない! 欲しいものは自ら行動して勝ち取るんだ!


>ただいま推理ゲームモドキ作成中、完成したら迷惑覚悟で挨拶に来ます
なんせパラ犬さんからは創作意欲とRGSSと……を貰ったからな!


よっしゃー! バッチコーイ!
うれしいこと言ってくれるじゃないの。
その君のラヴから、また私の創作意欲とRGSSが生まれるのさ!
……RGSSはあんまり生まれないかもしれない。


>サンタの文字列を見てサンタナを思い出したのは多分俺だけだろうな。

ローストチキンを分解して「露骨な肋骨!」とかやっちゃうんだな!
たべものであそんじゃいけません!


>しましまが・・・奇数更新がクリスマスによって阻止された・・即刻クリスマスを中止しなくては!

日本国民がクリスマス中止のお知らせにおとなしく従っておけば
こんなことにはならなかったのだ……