ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
正七面体のパラダイム ] 2011/01/15(Sat)
[残酷な神が支配する世界]

七話中の四話目。
ちょうど中間地点なので、お口直しにあっさり味の話を入れました。

エターナるという言葉が死語になって久しい今日この頃。
嫌なレッテルがなくなってツクール界は随分と平和になったものです。
流行ってた頃は、ちょっと制作が止まっただけで
エターナル扱いでしたからね。
ニートと無職をごっちゃにするみたいな。

さて、これはエターナルを題材とした話なわけですが、
勘違いしてほしくないのは
「エターナるのは悪い事だ!登場人物に恨まれるぞ!」と
言いたいわけじゃないってあたりです。
そんなんで恨まれてたら、今頃自分の周りは亡霊だらけですわ。

しょせんは空想の産物。現実の壁を越える力はありません。
ただ常連さんに「楽しみにしていたのに残念です」と思われるだけで、
それで信用が落ちたりするのは登場人物の呪いでもなんでもないわけで。
自業自得。そう、自業自得なんだ……

話が微妙に逸れました。

神様=この世界の作者。
もの書きなら誰でも一度は妄想することですね。

全知全能。あらゆる存在は神の写し身であり、神の一部です。
どんなに理不尽なことも、全ては神の思し召し。

運命は残酷というかなんというか、
作者ってやつぁ、たいてい登場人物をロクでもない目に遭わせるもんです。

「おお神よ、なぜ我々にこのような試練をお与えになるのですか」ってさ。
なぜって、物語の進行上しょうがないじゃないか。
不幸ってだいたいそんなもんだよね。

その不幸の果てには何が用意されているか。
それは作者のみぞ知る。

理不尽なことに怒りをおぼえたときは、
そのイベントが物語上でどういう役割を持っているか考えれば
ちょっとぐらいは理不尽さが和らぐかもしれません。
理不尽さも含めて世界は正しく回っている、という認識は
けっこう心の安定に繋がるもんで。

神はいつもあなたがたを見ておられます、という意識に似てるけど、
周りが見えなくなっているときなんかには
自分が物語の登場人物になったつもりで行動すれば
それなりに清く正しく美しく生きられるような気がします。

これこれこういう行動をとった場合、
作者はどういう展開を望むか、って。
卑怯な行いでその場限りの利益を得たとしても、
ハッピーエンドにゃ辿り着けませんよってに。
ザコ的な行動は、それに相応しいザコ展開にしか繋がらないのさ。

さて、貴方の行動は、主人公に相応しいものですか?



1/12までの拍手返事。

>イドイド聞いてみました。面白かった!だけどけっこうさっぱりしてますね。もう少し味付け濃くしてもらいたいな。具体的には、メルヒェンぐらい?

さっそくかYO!
イドイドはメルヒェンの補足だから、さっぱりしてるのはしょうがないさ。
マキシングルで曲数も少ないし。
味付けが濃いのは、MoiraかElysion(組曲のほう)あたりかな。
Moiraは(15曲に分かれてるものの)80分で一本の壮大なストーリー。
ちゃんと伏線拾わないと何が起こったかわからんぐらい上級者向け。
Elysionは狂気が濃い。人死にすぎ。綺麗にまとまってる名作。
メルヒェン的な雰囲気が好きならElysionのほうかな。
まあでもサンホラはあんまり一度に聴くと
濃すぎて胸焼け起こすから、メルヒェンを味わいつくしてからね。


>禁忌を破ったせいで夢の世界に閉じ込められた、なんて解釈もできたのか。明晰夢は正ムの中でも一番怖かったです。だがそれがいい。

笑ゥせぇるすまんとか世にも奇妙な物語だったら
そっちのパターンが王道。ドーン!!
特にホラーのつもりで書いたわけじゃないのに
ホラーという感想が多いのが不思議だったんだけど
言われてみれば明晰夢はホラーチックな気がする。


>「狐面はロマン」を「狐耳はロマン」と読み間違えた。こんな自分に泣きたいです。

バカヤロー! 狐耳もロマンに決まってるじゃないか!
何を恥じることがあるんだ。堂々と言えばいい。狐耳はロマンだと。
ほら、リピートアフターミー!


>知っているか!人の夢と書いて儚いと読むんだ!
だからと言われたらそれまでだけど。


小五ロリと書いて悟りと読むんだ!
HとEROでヒーローと読むんだ!
知っているか!


>>神社の境内で狐面の謎の少年と友達になる …なにそのいいねたつかいたい。使用料はいくらですか。

全ての日本人の魂に宿っているロマンシチュエーションだから
お代なんていらねぇぜ!
それでも払いたいってんなら、そのネタを使った作品を遊ばせてくれればよし。
それが最高の報酬さセニョール。


>同じ黄色い円でも、その周りを囲む領域の色が赤か青かで違って見えるとか…緑と紫だったかな?うろ覚えですが、プロジェクターで光を出すとそういう現象が起こるそうです

そのへんはプロジェクタじゃなくてもあるね。
色相に限らず彩度や明度も引っ張られる。
ただ単品で綺麗な色を作っても、塗ってみたら
バランス悪くなるんだよなあ。
統一感のあるパレット作るの難しい。


>奈落の歌と青い鳥 完成楽しみにしています~。制作工程の公開も楽しいので出来上がるまでも楽しいです。01/09の背景用画、ふと思ったのですが毒の沼地部分(失礼)を草原(黄緑)ぽくするのはどうでしょう?

ありがとっす!
むしろ制作工程がメインで完成品はオマケなんじゃないかってぐらい
ガンガン制作しちゃうけんね!
背景用、あれからいろいろ加工して黄緑にしたよー。
他にもいろいろいじったから、だいぶ雰囲気変わったでござる。


>共食いwww

クリスマスにチキンを食べるから
日本人はチキン野郎だと言われるんですよ。
どうせなら熊の手あたりを食べればいいんじゃないかな。
季節的にもぴったり。