ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
正七面体のパラダイム ] 2011/01/25(Tue)
[心の声]

自分の考えが他人に読まれてるんじゃないか?ってのは
かなりの人が持ったことのある妄想なんじゃないかと思います。
基本中の基本ってぐらいの勢いでしょう。

人によっては「体の一部が触れてるときのみ」みたいな
自分ルールが加わったり。
「おまえ心を読んでるだろ。わかってるんだぞ」と
テレパシーで反撃するのも、ある意味お約束。

電車の中でネタを考えてるときなんかに、
ふと隣の人に心を読まれてるような気がする、なんて
しょっちゅうですよ。
さすがにもう妄想だとわかっているので
テレパシーで反撃はしませんが。

でも、ネタを考えてるときって
意外と顔に出てたりするんで、
周りに「あいつ変な妄想してるよ」ぐらいは
伝わっているかもしれません。
気をつけよう! でもたぶん手遅れ!

さて、今回は、桃の種のテンションを中和するために
平坦な文章、平坦な展開を心がけました。
BGMと背景画像も平坦。

最終話でドーン!とやっちゃうので
そのためのクッション。
嵐の前には静けさを。構成の基本やね。

人の心が読めるなんてのは非現実的な妄想ですが、
人の心をまったく理解できないとなると、
社会的な生活を送ることができません。

その、社会生活を送るのに必要な
相手の感情を考慮した上で行動する能力ってのが
「空気を読む」ってやつなわけで。

実際、読心術なんてのは
べつに心の声が直接聞こえるわけじゃなくて、
相手のしぐさなんかも含めて場の空気を読む技術ですから。

これを利用して、相手に「私はあなたの心を読めます」と
信じ込ませて、自分のペースに引きずりこむ技は、
コールド・リーディングなんて呼ばれてて、
詐欺の手口としてよく使われてたりします。
誰にでも当てはまることを言って、当たってると思わせたり。

そんでまあ、この話でやったことといえば
話のすり替えです。
「心を読まれる」という根拠のない妄想を、
「空気が読めない」という、誰にでも
ある程度当てはまることにすり替えることで、
不安を煽るっていうね。

不安を煽られる上にオチもないという
なんとも嫌~な気分になる話ですが、
次の話でドーン!しちゃうので大丈夫です。
何が大丈夫なのかはよくわかりません。



1/24までの拍手返事。

>(某富岡~送った者です)知らなかったか…一応もうサービス終了してますが無限のファンタジア、その中のドラゴンズゲートてのがそんなです。今でも出来る体験版とか詳しい利用法→戦闘操作辺りで大体分かるかも

あー、あの、絵師さんに有料で自分のキャラ書いてもらうゲームね。
今もまだOMCって続いてるのかな。
一時期、イラストサイトでよく見かけたわ。


>あの話の本質が「桃太郎」って言うだけだったのなら、解ったグループに入れるのでしょうが、そのバスの話本気で怖いですね…リンク切れとかなってる所が有るのもなんか怖い…です。

まあ、本質は桃太郎ってだけなんだけどね。
あの話の怖さは異常。最初に読んでから何年も経ってるのに
覚えてたぐらいだもん。
リンク切れは単に古すぎてニュースサイトの保存期間が過ぎただけだと思う。


>桃の種が桃太郎だってことは当たり前に皆わかることだと思ってたので、コメント等を見てまだ裏があるのかな?ともやもやしていたんですが普通に桃太郎だったんですね。だからあまり怖く感じなかったのか。

すぐにわかっちゃった人には物足りないんだよね、あの話。
幽霊の正体見たり枯れ尾花。
でも枯れ尾花にしか見えないのにみんなが怖い怖いって言ってたら、
実は呪われた枯れ尾花なんじゃないかと勘繰ってしまう感じ?


>立ち絵とても上手いです!歌鳥楽しみにしてます。これがwktkってやつですねわかります。

ありがとっす!
ワクテカとカラテカは似てる。関係ない。
歌鳥って書くと雅だね。
誰だ、なら歌なんてダサい略し方したの。


>ここからここまでください。

どこからどこまでやねん! 何をやねん!
どこからツッコんでいいのか、そもそもツッコミ待ちなのかもわからんわ!


>そういえばアキネーターの「72通りの名前があるから何と呼べばいいのかわからない?」って質問には驚かされた。超限定的。

それもう答え確定じゃん! そんな質問で大丈夫か?
せめて「72通りの~」じゃなくて「名前がたくさんあるから~」なら
他のキャラにも使えるのに。
あ、でも名前がたくさんあるって設定は忘れてる人は多そうだから
72通りって言ってくれなきゃわかんないかも。


>わーいタイトルデジャヴだー。
あ、今気づいたのですが、シルクハットの上の小物も良い。歯車とかもロマンですよね。


なんでそんなん覚えとんねん!
ロマンたっぷり詰め込んだよ!うへへ。
小物類に意味を持たせたりするのって楽しい。
べつに重要アイテムとかそういうのじゃない、自己満足。
シナリオの細かいところまで作ってからキャラデザ決めると
こういうところに凝れるのがいいわ。
いっつもシナリオ膨らませる前にキャラデザ決めちゃうから
あんまりこういうのできないんよね。


>>カード+ノベル iPhoneアプリですが『薔薇王の玉座』ってゲームがありますよ。デッキ組んで~とかではないですが。

タロットっぽいカードでバトルとな。
公式見ただけではルールがわからないけど、
ルールを探ること自体がゲームの一部になってるっぽい?