ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2011/02/17(Thu)
都市伝説で「コンタクトレンズが目の裏側に入った」って話、
あるじゃないですか。

目の構造上、裏側まで入り込むことはないと、
それぐらいは知っていたんですが、
起こったことをありのまま話すでございますわよ。

それは私がいつものように真面目に仕事を、
いやそんなに真面目でもなく
言い方を変えると仕事中に寝てたわけなんですが、
少しコンタクトがずれちゃったんですよね。

んで、わざわざ鏡見ながら位置を戻すのが面倒なもんだから、
適当にまぶた押さえてグリグリやって
コンポジ(コンタクトのポジションの意。今作った単語)を
調整してたんですよ。

しかしズレ感はどうにも戻らず。視界もぼやけたまま。
あきらめて鏡で位置を確認しに行ったわけです。

そしたら、ない。見えるところにない。
まぶたを広げてみてもコンタクトの端は見つからず。
しかし目の周りの異物感は、たしかに
「これ絶対入ってるよね」と訴えてきます。

おい誰だよ裏側まで行かないって言った奴!

ヤバい。目はヤバい。異物感ヤバイ。
これは早退して眼科に行くべきかと思ったけど
午後からは大事な研修が。
おいおいこの目で研修受けるのかよ。片方見えないっちゅーねん。
異物感半端ないっちゅーねん。

これはなんとかするしかない。
この場でなんとかするしかない。

まずは落ち着こう。クールになれ。
そうだ、眼球の構造を思い出せ……思い出しても役に立たないけど……
いやしかし、目が異物を排除する機能はかなり高いはずだ。
そう、今までだってゴミが入っても自然に取れてきたじゃないか。

信じるんだ! 己を信じるんだウォオオオオオオ!!と、
クールかつ冷静かつマッチョかつエレガントに
軽く目をつぶって目を動かしまくってたら
なんとか取れる位置に移動して来ました。
さすが人体。よくできてるぜ。

ちなみに奥に入り込んで見えなかったのは、
二つ折りで小さくなってたからっぽい。
おおこわい。

結論。
眼球の裏側に行くことはなくても
まぶたの裏には入り込む。

入っても必ず取れると信じることが、きっと一番大事。
でもどうしても取れなかったら無理せず眼科へ行こう。
ぱらいぬとのやくそくだよ!

みんなも仕事中や授業中に寝るときは気をつけよう!
ずれたからってグリグリやるのはダメ! ゼッタイ!



2/12までの拍手返事。

>更新予想が初めてはずれた。今まで5連続で当たってたのに。悔しい!なんか今日悪いことでも起こるのかな。ウワァァァン!

ククク、そう簡単に予想できると思ったら大間違いさ。
人間ごときが未来を読もうなど!
うんめいにほんろうされるがいい!


>今更ですがATB作れるって凄いですよね。何を調べてどこから作ったら良いのか分からんのでお手上げ中です。

ATBに限らず自作システムの基本は、まずデフォのRGSSを解読すること!
んで「ここをこうすれば動きがこう変わるんじゃね?」ってイメージしながら
できそうなところから一つずつ作りこんでいくことさー。
まずは動かす! そして失敗する! これ。
どこから作っても良いんだって。そこから発想が広がるから。
敵味方の動きとか全然関係なく、単にバーが表示されて
うにょーんと伸びてピコーンするだけ、とかでも。
そこから、ピコーンした瞬間にコマンド入力を走らせるには
どうしたらいいだろう?みたいに広げていくのですわ。


>エロいな…エロいよ…エロろろろぉおおお

おちつけ。
君がエロいと感じている対象は、目に映るものではなく
エロいと感じている君の心そのものだ。
心を無にするのだ!
むしろ無に帰れ!
この世界を滅ぼすのだ!


>これは良いおっぱい。 しかしもう少し下側、ろっ骨や、へそまわりにうっすら浮き出た筋肉の筋を書いてこそのハダカ絵だと思うのですよ! (要約:これは良いおっぱいだ)

こだわり派来たー!
なるほど、おっぱいばかりに気をとられてそのへんを忘れてたわ。
さすがだ、素晴らしい。ハダカ絵ソムリエだな。


>ちなみに私も基本的に自分のキャラにアレやコレをするのは抵抗がありますが、「ああ、こいつはイジめてもいいや、むしろ積極的にやったろか」みたいなのがいたりはします。

ああ、あるね。そういうポジション、みたいな。
レオニス脱がしてもアレだけど、ラインハルトなら
むしろ積極的に全裸、みたいな。
どっちも誰も得しない!


>( ◕‿‿◕ )

QB.png<僕と契約して魔法少女になってよ!
コミック版まどか☆マギカで初めてのkonozamaを経験したわ。Amazonめ。
そんでまあなんとか入手したけど、キュゥべえが無駄にかわいいな。
生意気な。耳毛引きちぎるぞ。


>実に一年ぶりの素材ですね

惜しい! 4日ぐらい惜しい!


>俺、帰ったらパラレット(パラ犬さんパレット)風のチョコレートを作るんだ……。

チョコには詳しくないゆえパラレットってなんぞー。
とりあえずこれでもくらえ! ヽ( ・∀・)ノ● ウンコー