ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年07月(4)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2011/02/25(Fri)
わりと本気で日記のネタがないので
どうすんべと考えていたところ、
えぬ子が2/19の日記で「夢日記ヤバイ」って
書いていたのを思い出したので、Let's実験!

さて、夢日記をつけるにあたって、ここでひとつ問題が。
自分、メモを取るというのが超がつくほど苦手でありまして。
普段でも、ネタを思いついてもまずメモなんかしない。(そして忘れる)

夢の内容をメモしようとしたことは何回もあるんですよ。
夢の中でいい曲を思いついて、
このメロディー記録しなきゃ!と思ったり。

しかし、現実でも面倒なメモという行為。
寝起きの「あと五分ムニャムニャ」な頭でできるわけがない。
メモしたと思ったら夢で、さらに気合でメモしてもそれも夢で、
またまた夢で今度こそと思っても夢でウボァー!
悪夢のようなループオチですよ。

トイレに行く夢と同じパターンと思ってくれれば
わかりやすいと思う。
必死になればなるほど夢ループに陥るという。

しょうがないのでその場でメモを取るのはすっぱりと諦めて、
その場で忘れないようにして後でメモすることにしました。

夢の内容をすぐ忘れるのって、単に長期記憶への固定化処理が
走ってないってだけのことっしょ。
だったら目が覚めた後に、短期記憶の残りカスを引っ張ってきて、
自力で長期記憶に定着させてやれば済む話。
メモリがクリアされる前にRAMからROMにコピーするだけの
かんたんなおしごと。

そんなわけで、やってみました夢日記。
内容自体はかなりどうでもいいことなので、
読み飛ばしても問題ないです。
まともに読んだところで中身なんてありゃしません。

ぶっちゃけ他人の夢の話って、反応に困るよね。

↓↓ここから夢
--------------------------------------------------
[2/22]

宮里藍(プロゴルファーの人)がデビュー。
プロデビューしてメンバー(女一人男二人の
アイドルユニットという設定らしい)から抜けたため、
残った男二人が魚を捌かなくてはいけなくなる。
しかし、二人のうち一人は魚が苦手なので
それを克服するために300万円払うことになった。

男二人は少女漫画のような絵柄。
魚の話になってからは漫画のコマを追うような感じ。
一般的な漫画とは逆に、左から右へとページが進む。
「3000万?30万?」「いや、300万だ」と言ってるコマで
次ページへメクリ。

この日は三つほど夢を見たような気がするけど、
内容を覚えてるのは目が覚める直前に見たこれだけ。

------------------------------
[2/22 仕事中]

キーボードが、洞窟の天井にずらっと生えた
大量の人間の前歯に見える。
着せ替え人形の金髪の少女が赤い頭巾を選ぶ。
視界の右から、茶色いふさふさの毛並みで鶴の足をした
単眼の豚が少女を迎えに来た。
目を覚まそうとしたらキーボードの視覚情報と重なって
豚の毛の隙間から前歯がいっぱい生えた。

------------------------------
[2/23(寝入り端)]

現実と夢の境界で、どんな夢を見ようか迷う。
せっかく夢日記を始めたんだから
ネタになるようなのがいいよねってことで。
ここは明晰夢がいいんだろうけど、平日はゆっくり寝てられないので
もったいない気がする。途中で強制終了はイヤン。
とりあえず、容量の小さいお手軽なやつを明晰夢にすることに。

ここから明晰夢。
夢の中で致死ダメージを受けるとどうなるか実験。
でっかい岩を持った人がいたので、操作して
こっちに全力でぶん投げさせてみる。
すごい勢いで眼前に岩が迫るも、
ぶつかる寸前で目が覚めた。

------------------------------
[2/23(朝)]

団体旅行で誰かがアニメの設定資料集を持ってきたので
みんなで見て、持ってきた奴が音読する。
しかし分厚いので、水色のページだけ読んで他は飛ばす。
キャラの設定画はサムネイル表示されていて
クリックで拡大しながら見ていく。
(実際にクリックで操作するわけではない)
主人公(女)の髪は茶色でショート。
青いキャラ(女、ロング)を開こうとしたときに
咳き込んで目が覚める。咳が出たのは夢ではなく現実世界のほう。
姿勢を変えて咳に耐えながら気合で続きを見る。
最後の赤いキャラ(女、ショート)の設定画を開く前に
起きる時間になって夢は中断。
電車で寝てこの夢の続きを見た。全キャラコンプリート。

------------------------------
[2/24]

ちょっと飽きてきたから
そろそろ忘れたりするんじゃないかと思ったら
案の定忘れた。
夢の記憶、消えるの早ぇ。

--------------------------------------------------
↑↑ここまで夢


うん、飽きた。

まとめてみてわかったけど、けっこう色彩イメージが強いね。

さて、夢日記をつけると明晰夢を見やすくなるってのは
よく言われることですが、
開始二日目にしていきなり明晰夢ですよ。早いよ。

しかも、よし明晰夢きた!なんてノリではなく、
明晰夢も選べるけどべつにいらんよなー
まあせっかくだからやっとくかー、なんていう
ヌルい扱い。
ありがたみなさすぎ。

いや、だって、明晰夢見ても、
特にやることないし……

最初のほうに書いたえぬ子の日記に従うなら、
「夢の住人にどこから来たのか質問する」
「落下して死んだら本当に死ぬ」
という二本の実験ネタがあるわけですけど。

自分の場合、明晰夢に出てくる人間なんて
ただの動くオブジェクトとしか認識してないわけで。
自分は夢アトラクションの観客じゃなくて
マスターだって自覚があるもの。

駒が何か答えたところで、そのセリフは
自分が無意識下で「これどう答えさせよう」って
計算しちゃってるわけで。あんまり実験する意味がない。

まあ、面白い反応する可能性はある思う。
とっさにどう答えさせようか思いつかないから、
フリーズしたり変なこと言ったり消滅したりはするかも。

落下うんぬんのほうは、自分は明晰夢の中では
飛行能力を標準装備してるんで、高いところから落ちても
どうしても軟着陸してしまう。
だからたぶん実験できない。

明晰夢のルールなんて、単純なもんで。
直感でできると思ったことはできる、できないと思ったことはできない。
だから、起きてるときに「これ無理かも」って少しでも感じたものは、
どんな理由をつけようと、なんやかんやで無理なんです。
イメージの世界では、思い込みが何より大事。

そんでまあ、落下じゃなくて岩に激突って形に変えてみたわけですが、
ごらんのありさまですよ。
目が覚めてしまったのはおそらく、イメージできなかったからでしょう。

高いところから落ちたら痛い、なんてのは
日常生活でも経験することだから、身近な感覚や恐怖だろうけど
顔面に直径1mの岩なんてくらったことないもの。

まあしかし、落ちる夢を見て体がガクンとなるのって
なんなんでしょうね。
アレは心臓に悪い。
心臓麻痺で死ぬってのも、実はアリなんじゃないかと思うぐらい。
都市伝説的な「ないけどありそう」感。

個人的には、落下する夢を見たからガクンとなるんじゃなくて、
けいれんの前兆のフワッとした不快感が
落下する夢を誘導してるんじゃないかと思うんだけど
どうなんだろ?

ジャーキング [修正]
落ちる夢でガクンとなるのって、「ジャーキング」というらしいです。
私も何度か経験あります。……が、それより明晰夢が見てみたい。


ところで、「夢は自分の経験や知識に基づいてるから、知識に無いことは夢に現れない」らしいのですが、パラ犬さんは飛行能力がデフォなんですよね。普通は生身では飛べないはず(生身で飛ぶという経験が無い)なのに。
つまり、漫画とかで見たことがある現象でイメージができれば夢に出る可能性があるのなら、性転換とかはどうなんでしょうか?
フェル
ジャーキーたべたい [修正]
ある仮説では、入眠時の筋肉の弛緩を、眠っている状態で高所から落下したと脳、脊髄が間違って神経伝達するのだとされている(ジャーキング - Wikipedia)
↑おお、同じ説が。

飛行能力はきっと、小さい頃の体操教室での感覚が元になってるんだと思う。トランポリンとか。
体操教室ではけっこう生身で飛ぶよ。
普通のマットでもバク宙できたし。

性転換はどうだろうねー。
転換してから何をするかが重要だな……
パラ犬