ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(5)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
工作 ] 2011/05/11(Wed)
ねんどろいどはいいよね。
あの頭身はチビキャラ好きにとってたまらんものがあります。

ねんどろいどを持っていなくとも、こんなロマンを抱いた人は
自分以外にもきっといるはず。
「自キャラのねんどろいどマジ欲しい」と。

それは、決して叶うことのない夢。
しかしそれは、ロマン。

妄想は想像になり、想像はやがて創造となるのです。
パンがなければ自分で作ればいいじゃない!

そう、自分で作ればいいのです。
よろしい、ならば修羅の道を歩もうか。



というわけで、作ってみようのコーナー。
ねんどろいど(ぷち)・エレノア!

ノーマルのねんどろいどでもいいですが、
大きすぎてアレコレするのが大変です。
あと、お値段もちょっぴり大変です。

個人的に、ねんぷちのあの小ささが好きなので
ねんぷちをつかうことにしました。

まず用意いたしますのは、このような、どこのご家庭にでもある
箱買いしたねんどろいどぷち。

モンプチ.jpg

時が経つにつれ、どんどん飾る場所がなくなってきて
何体か残してあとは箱にしまわれっぱなしになる。
もったいないですよね。
もちろん、それをすてるなんてとんでもない。

そんな眠っているフィギュアを再利用してしまおうという、
地球に優しいプロジェクトです。

めーりん!めーりん!.jpg

パーツを組み合わせて作りたいキャラに近づけて、
それをベースに改造していきます。

神に背きし錬金術師、滅ぶべし.jpg

顔と後ろ髪はリン(ボーカロイド)
前髪は遠坂凛(Fate/stay night)
体はメイコ(ボーカロイド)

こんなベースで大丈夫か?といった感じですが、大丈夫です。
心の目で見ればエレノアに見えます。
この段階で完璧に似ることなんてないんですから、そのへんは割り切ります。
あとは自分でなんとかする。

この、ベースになるパーツ選びが最も重要なところです。
作りたいキャラに使えるパーツがなくて、つい新しく買って来てしまうのは、
まあ、しょうがないよね!

基本的に前髪と後ろ髪はセットになっているので
別々に持ってくると、ちゃんとハマらなかったりします。
案の定うまいことハマらなかったので、削って調節する予定。

体を選ぶ際のポイントは、「必要な部分の肌が出ていること」。
服がない部分に盛って作るのは簡単だけど
削って脱がせるとなると魔改造職人の域です。
しかし半袖のねんぷちがあまりないのが悩みどころ。

とりあえず今回はここまで。

模型ってのは全体的に作業間隔が長いので、
日記に載せるのもスローペースになると思う。
塗装の乾燥とかパテの硬化なんかは
一晩置かないと次の作業に入れなかったりするんよ。

まあ、ゆっくり進めていきますわ。
さてさて、どうなることやら。