ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年07月(4)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2011/07/06(Wed)
なんとなくデッサン人形の使い方がわかってきた。

ポーズをとらせて形をなぞるように参考にするんじゃなくて、
立体というか空間を把握するようにすると、なんというか、とてもいい。

たとえば、単純にヒザを曲げた絵、というのを例に取ると。
真横から見た図は、まあ普通に描けるとして。
これが、斜め前から見た図だと、とたんに形がわからなくなって
変な方向に複雑骨折してしまう。よくありますよね。
え? ない? あるでしょ! あれってば!

そういうときに、デッサン人形を使うとしましょう。
こんな感じでポーズを取らせて。

透けるとん.jpg

なんかサラッと「デッサン人形」とかいって写真を出したけど、
「なんで骨やねん!」とか細かいことは気にしてはいけません。
デッサンに使えば何でもデッサン人形なのさ。

リボルテックの骸骨戦士でございます。
骨萌え~

骨に対する熱い想いは置いといてですね。

こんな感じでポーズを取らせて、これを模写するときに、
「右足(モデルの右足。向かって左)のヒザから下は
真横に伸びる線で曲がる角度は60度ぐらい」みたいな感じで
参考にするってのが今までの使い方だったんですけど。

それだけだと、ちょっと角度が変わると
途端にわけがわからなくなります。
紙に起こしてからもういっぺん見直したら
見る角度変わって形違うじゃねぇかウボァー!とか
右目と左目で見え方ズレてるムキー!とか。

重要なのは、「奥に向かって曲がってる」って意識だと思うんですよ。
言って見れば当たり前のことなんですけど、
紙(画面)を前にすると奥行きなんて見えなくなる。
にじげんだもの。

「空間を意識する」。これって模写にしろ写真のトレースにしろ
二次元世界で完結していると、なかなか難しい。
どうしても形にとらわれてしまって。

単に「見たまま描く」といった行為でも、
「平面→平面」と「立体→平面」では全然違う。

これを意識して練習を重ねれば、紙の中に奥行きが視える(心眼的な何か)
ようになる!気がする!
ちなみにまだ立体描けません。そして、おそらくまだまだ先は長い。

知識だけで絵は描けんよ。



>それではC言語で3Dだ。だれか3Dエディタ作ってくれないかな(/ω・\)チラッ

よろしい。誰かが作ってくれたら君はゲームを作るのだね。
さあ作るがいい、思う存分!
これだけ完璧に揃ってて、不満があるとは言わせないぜ?


>(^ิ∀^ิ)(^ิ∀^ิ)(^ิ∀^ิ)(^ิ∀^ิ)(^ิ∀^ิ)(^ิ∀^ิ)(^ิ∀^ิ)
七つ子でごわす


増えたー!
なんで増やすねん! もうどこからツッコんでいいのかわからんわ!
っていうかコピーしにくいねんコレ!


>ピクチャ表示のみで究極の愛と感動のフルオートRPGを………って誰か既にやってた気がする

それはあの全米が泣いた話題作、
超スーパーウルトラミラクル究極な愛と感動のフルオート超大作RPGのことかー!
宣伝おつ。


>パラ犬さんのアドバイスのおかげで、空を飛ぶことが出来ました!翼があれば飛べるようです。魔法は、「魔法の力を込めた銃」という設定で何とかなりました。ありがとうございます。

もう見たんだ!早っ! すげぇ! おめでとう!
やっぱり身体能力系より物質系のほうが制御しやすいのは
みんな一緒なんかね。
夢の中でもなお我々は肉体という名の檻に縛られるのか。


>明晰夢とか見てみたいなあ。ワープ能力がある夢くらいしか見たことないや。

明晰夢を見るための第一歩は「明晰夢ってものがある」と知ることさ。
知った時点で、知らない状態よりも大幅に見られる可能性が上がる。
潜在意識だからね。
んでもって、二歩目は「見れる」という確信。
一度見た人がその後も見やすいのはこのため。
変に「無理だ」って潜在意識に刷り込みさえしなければ
遅かれ早かれ見れるよ。
夢のメカニズムなんて、人間同士でそんなに大差ないんだからさ。


>ゴータマだなんて///

君のエロフィルタ、それで引っかかるのかよ!
どんだけ当たり判定広いんだよ!