ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2011/08/08(Mon)
獣人キャラを作る際、頭を悩ませるものの一つが
手足をどうするかです。

手が動物のままでは物が持てない。
かといって人間の手にすると、アレです。
肉球をぷにぷにできない。

古来より先人たちはこのような問題に取り組み続けて来ました。
その結果、肉球グローブという素晴らしいアイテムが発明されたりも
したものですが、やはり肉球グローブはケモノというより
萌え系ネコミミ少女のアクセサリーという感が否めません。

ならばどうするか。
数日間、頭を悩ませ続けました。
その苦悩たるや、お菓子を食べながらゴロゴロして漫画読んだり
ゲームしたりする事しかできなかったぐらいです。

そして、ついに答えにたどり着いたのです。
後ろ足があるじゃん、と。
なにも手足両方揃えなくてもいいじゃん、と。

足はいいよね。
動物の、カカトの位置がヒトと違ってて
逆関節っぽくなってるところがいい。

カ加ット.jpg

そしてこの美しさは接地したときに最大限発揮されるのだ!
そう、二足歩行をするなら前足は進化させてしまっても構わない!

ゆえに。

 前足 → 物を持てる器用な手(毛は生えてる)
 後ろ足 → 動物っぽい

これが自分の理想のケモノ形態だ!

……という感じのことを書こうとしていたらですね。

>やはりケモノ一族は顔はガチ獣、立ち方はやや前傾、で手は人間で足は獣。これに限ると思うのです。

拍手コメで、ちょうど書こうとしていたことを!
エスパーか! エスパーなのか!

うむ、素晴らしい。これに限るですよ。



8/5までの拍手返事。

>ロリコン度チェックのことを思い出して、'08/10/20にそういう拍手をしたなぁと思いつつブログ内検索したら、なんと'06/04/28にもチェックしていたという事実wしかも120%(´・ω・`)
自分は相変わらず50%のままでした。


ロリコン度チェックはさー、二次元倒錯度が高いと
総合得点が高くなってしまうのがねー。
二次ロリと三次ロリは違うというのに。
動物好きとケモエロ好きを一緒にするぐらい、
一緒にしてはいけないものだというのに。


>ぷよぷよしたのはパラ犬さんじゃないのか!
じゃあ、この槍を持ったシュテキな方が・・・!


どっちだ! ノルシェとハーゲンティのどっちかでだいぶ変わるぞ!
それはそうと、なぜかウチのサイトでは、天使よりもおっさんのほうが
ステキと言われる率が高い。何故だ。


>スタフォは基本4だけど、クリスタルだけは3っぽかったですね。エロ可愛いからいいんだけど。なんとなーく人間寄りに見れる3は結構受け入れられる気がします。

[3や4をシリーズの連番と勘違いして返信してたので修正]
キャラによってデフォルメ具合を変えてあるってのはナイスアイデアだね。
タイプに囚われず自由な発想でケモノをデザインする、その心を我々も大切にしていかなければ。


>レッサーパンダが怪しいきぐるみに見えてきた。猫の恩返しは二足歩行猫の動きに違和感がなくてすごいナーと思ったものです。

あれ絶対入ってるよね(中に人が)。
猫の恩返しの猫は素晴らしい。ジブリの人外ってどれも良いよね。


>直立するなら筋肉スーツですよね

何故だッ! 直立と筋肉スーツの繋がりがわからんわ!
ええい、筋肉スーツになんて頼らずに、自分の筋肉で立てよ!
そうさ、君には立派な筋肉があるじゃないか……


>それでもきのこ厨とはわかりあえん。

なぜ兄弟同士で争うのだ! 同じチョコレート菓子なのに!
ああ、こんなとき、すぎのこ村が生きていれば……


>風太ェ・・・

レッサーパンダが流行ったときに子供に風太って名前つける親が
増えたっていうけど、自分の名前の由来がケモノだって知ったら
その子どうするんだろう。
あと、ある日突然異世界に召喚されたときに
風太って名前なのに地属性とかだったらどうするんだろう。


>ほ乳類+ヒトなら鯨人間とかイルカ人類とかもカワイイですよね。あとファンタジーといえばリザードマンですけどあんまりケモノ枠じゃないですね。

鯨人間って、デケェよ! と思ったけど、ドラゴンがジャンル的に
ありの世界だから、サイズは特に問題ないかもしれない。
リザードマンとドラゴンはケモノ枠に入るってばっちゃがゆってた。
ケモノ枠はけっこう寛大なのです。
そのうちミジンコ人とかも出てくるんじゃないだろうか。新ジャンル!


>月曜日「来たのに」吹いた  それはそうと、3・4あたりが良いですね。個人的には全身モケモケで顔が完全に獣ってるマッチョなおっさんケモノとか好きです。ケモケモケモー

そしてまた月曜日がやって来る……
獣人はある程度筋肉がないとね。ワイルドに吼えるぜ。
獣人に必要なのは、肉・体・美!
オスケモの筋肉! メスケモのしなやかさ! ケモショタのぷに感!


>5よりむしろレッサーパンダが最高!この際、槍使いのおっさんをクマにしましょう。ケモノであることに理由なんているのかい、ボブ?

むしろ、おっさんがケモノじゃないと誰が言ったんだい、ボブ?
いや、ケモノだとも言わないけど。