ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

04月 « 2024年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2024年05月(2)
2024年04月(5)
2024年03月(2)
2024年02月(3)
2024年01月(4)
2023年12月(6)
2023年11月(1)
2023年10月(2)
2023年09月(1)
2023年08月(4)
2023年07月(1)
2023年06月(2)
2023年05月(4)
2023年04月(5)
2023年03月(4)
2023年02月(5)
2023年01月(5)
2022年12月(9)
2022年11月(4)
2022年10月(10)
2022年09月(5)
2022年08月(5)
2022年07月(5)
2022年06月(3)
2022年05月(9)
2022年04月(5)
2022年03月(3)
2022年02月(5)
2022年01月(6)
2021年12月(4)
2021年11月(5)
2021年10月(1)
2021年09月(2)
2021年08月(5)
2021年07月(1)
2021年06月(5)
2021年05月(7)
2021年04月(7)
2021年03月(3)
2021年02月(1)
2021年01月(4)
2020年12月(3)
2020年11月(2)
2020年10月(6)
2020年09月(1)
2020年08月(2)
2020年07月(1)
2020年06月(2)
2020年05月(3)
2020年04月(5)
2020年03月(5)
2020年02月(5)
2020年01月(6)
2019年12月(3)
2019年11月(1)
2019年10月(5)
2019年09月(6)
2019年08月(4)
2019年07月(2)
2019年06月(7)
2019年05月(7)
2019年04月(11)
2019年03月(3)
2019年02月(3)
2019年01月(4)
2018年12月(5)
2018年11月(4)
2018年10月(6)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
] 2005/11/09(Wed)
さーて、始まりました、
『パラ犬的・顔グラの描き方 in チラシの裏
~顔グラ描くんじゃなくて単に顔しか描けないだけ~』
のコーナーです。

なんかもう空間認識とかサッパリなパラ犬が、
いかにごまかしつつ絵を描いてるかを激しく暴露。
よい子は真似しないほうがいいんじゃないかな的な内容でお届けします。
講座ではなく、ただの記録なのであしからず。

それでは、さっそく行ってみましょう。



はい、よくあるアタリ線ですね。
球と中心線。

絵の描き方の本なんか見ると、たいてい「目は顔の高さの中心」と書いてありますね。
なのでこの横線は、目の位置を決めるガイドにするものです。

だが、断る!



どうせデフォルメキャラなんだから、本物のヒトの目がどこに付いてようが知ったこっちゃありません。
目の高さは己で決めてくれるわ!

顔の輪郭が球に沿ってないのは、頬~顎があるからです。自分理論ではそうなってます。
骨格で言えば、下あごの骨。
最初に描いた球が頭蓋。そこから伸びた垂直面がAGO。そんな感じ。
あくまで自分理論ですが。



あとは肩から胴体。
このへんはよくわかりません。フィーリングです。ひどいですね。
消したり描いたりしてるうちにそれっぽくなってので、よしとします。
顔と微妙に角度が違うような気がしなくもないですが、もうイッパイイッパイです。勘弁してください。

さて、これでだいたいのアタリはとれたので、
下書きに移ります。



顔を描きます。
アタリ線に沿って描くだけ。そのまんまです。
球面なので、奥にある目は横幅が狭く見える感じ。
あと、鼻がその高さぶん中心線から浮いてます。

はい次、頭。ここで最初の球が生きてきます。



どうでもよさそうな後頭部ですが、これがなかなか重要な部分だったりします。
ここが歪んでると、なんかもう全体的に歪んで見えて微妙にイライラする絵になったり。

この歪み方、描いてる本人はなかなか原因が掴めずにドツボにはまる原因になるので、アタリをとらない主義の人も、いちどチェックしてみると幸せになれそうな気がします。



あとは服を描いて下書き完成。
やっぱり立体がわからないので、フィーリングです。

下書きが終わったら、線を整えます。
アナログならトレーシングペーパーかライトボックスで別紙になぞる。
タブ直描きなら新規レイヤで下書きから線を拾います。



一気に線がショボくなりますが、運命です。
いさぎよく現実を受け止めましょう。

なんかドット絵講座でも書いたような気もしますが、
線がいっぱいある下書きってやつは、脳が自動的にきれいな線を拾ってくれるので、ちよっとよさげに見えるんだとかなんとか。

しかし、線が減ってこの魔法が解けると、
ちゃんと形が取れていないのがモロバレです。かなりキツいです。

で、どうするかというと。



線を増やします。
姑息ですね。

どうせ白黒二値で入稿したりするわけじゃないんだから、
線なんて好きなだけ引けばいいじゃない!

はい、そういうわけで線画完成。
最後の絵をクリックすると原寸サイズで表示されます。

あとはこのまま色をつけるなり、ドット絵講座の方法でトレースしてドット化するなり、用途に合わせて使います。
ちなみに、ドットの顔グラは最初からドットで描くのは結構難しいです。
トレースのほうが圧倒的に楽。
一番楽なのは、縮小してそのまま使うことですが。

ところで、色塗り編っていりますかね?
線画に比べるとえらく適当なんですが。
まあ、需要がなくても、ネタがなければ明日は普通に色塗り編になると思います。



さて、今日の日記も、いつものごとく
生きていく上では全く役に立たないものでしたね。

普通ならこういう記事の最後には、
「本格的にデッサンを学びたい人はこちら」とか言って、
amazonの美術書にでもリンクを張って
アフィリエイトでお金ガッポリ!と行くものですが、
残念ながらamazonにコネはないし、デッサン本なんて知らないので、
ならむら先生のサイトにリンク張っておきます。
ツクラーの為の美術講座があります。きちんと絵の勉強をしたい人はそちらへどうぞ。



>寝る前にパラ犬さんの日記を覗きに来…えっ?!更新されてる?!もうそんな時間?!寝なきゃ!
2時更新ですら超レアな今日このごろ。いかがお過ごしでしょうか。
こんな時間に起きてると、おばけが出ますよ。

>俺が大統領になったらまずパラ犬をパラ賢に命名、任命してやるよ!
ははー。ありがたきしあわせ。
ついでに北海道あたりをパラ県にして領地をください。

>Punkte Hund, das höchste! ! にょきにょき。。
フッ、愚かな。
パラ犬にドイツ語が読めると思うたか!
犬のスコア、 最も高いの!!(機械翻訳)

> >ゴーレムを倒す時   DEMENTO!?
いつ見知らぬ城に閉じ込められるかわからないから、
ゴーレムを倒す方法ぐらいは知っておかないとね!
それが乙女のたしなみ。

>もぎゅもぎゅしてるのを見ると何か思い出します。はっ!これはまさかめそゲフ!ゲフン!
めそって昔「ホゲー」って鳴いてなかったっけ。
ドラえもんって昔「なのら」って言ってなかったっけ。

>(ブレクエのバグの件でメールくれた人)
バグです。モロにバグです。
てか、ブレクエでコンテニューする人がいるとは思わなんだ。
バジルが喋ってる時にリセットすると、バジルが起こしに来るよ!
いろいろ妄想し放題ですな。

ぎゃー!! [修正]
リンクはったね!親にもはられたことないのに!
しかも途中やめで絶賛放置中の講座にあんないしたね!
なんてことお。
ならむら
ATARI [修正]
winのペイントに依存し過ぎてて、レイヤーとかがつかえません(しくしく

仕方ないので、アタリ社のゲーム機・リンクスでアタリ線をじっかん!!
アスガ
ボウヤだからさ…… [修正]
>ならむら先生
あんな役に立つ講座を書いてる事自体が罪。
こうやって遠まわしに続きを催促するという作戦だったのだよ!フハハ!

>アスガたん
いくらなんでもそのゲーム機はマイナーすぎます!
パラ犬