ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年08月(5)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2011/08/15(Mon)
お盆です。

お盆といえば。そうだね、怪談だね。

一番怖い怪談って何だろう。
そもそも怪談を怖いと感じるポイントって何だろう。

思うに、今まで自分が怖いと感じた話って、
聞いた(読んだ)人のところに霊が来るとか呪いがかかる系が
多かった気がします。

ちなみに、いきなり「おまえだー!」と言って怖がらせる系の話は
小さい頃に一度くらってから耐性がつきました。
聖闘士に同じ技は二度通用しない。

怖い話で本気で怖がった記憶ってのは、
小学校低学年のときぐらいしかないけれど、
今までで一番怖かったのは、近所のお姉ちゃんから聞いた
さっちゃんのバナナの話。

さっちゃんの歌の二番の歌詞で、バナナが半分しか食べられなかった
ってのがあるんだけど、なんで半分しか食べられなかったのかというと
途中で交通事故に遭って死んじゃったからだとか。

んで、この歌を聴いた人のところには夜中にさっちゃんがやってきて
脚を切られちゃうんですよ。
でも枕元にバナナを置いておけば助かる、ってんで
その夜はちゃんとバナナを置いて寝ました。

どこが怖いねん、という感じですが、
低学年なんてそんなもんですって。
何でも信じちゃう。

はだしのゲンのビデオを授業で見たあと、飛行機を見かけると
原爆を落としてくるんじゃないかと思って、
飛行機の真下に行かないように逃げたもんです。
いろいろとツッコミどころが多いですが、そう思ってたんだから
しょうがない。

ああ、あと、怖い話で、話を聞いた人のところに
戦争で死んだ軍人さんが来るってのもあったわ。
曹さんっていう名前でね。
それを回避するためには「曹さんが待つ、曹さんが叶う、曹さんのそ」
と唱えればいいんだけど。

「待つ」「叶う」「そ」を繋げると、
 待つ叶うそ → まつかなうそ → 真っ赤な嘘
になるっていうオチ。
って、これ、怖い話じゃないじゃん。

類型で「あぎょうさんさぎょうご」ってのもあった気がする。
(ア行3→「う」、サ行5→「そ」)

なんか話がそれましたが、聞いた人のところに霊が来るとか
呪いがかかるってのは、やっぱネタ的に強いわけですよ。
モノを信じやすい小学生には特に。

印象に残ってる話ってのは、内容だけじゃなく
小さい頃に聞いたってのが大きいかも。
大人になってしまったら、どんなに怖い話だろうと、
子供の頃に聞いた単純な話ほど怖がれない。

これは、あれだ。
最近のゲームはつまらない、みたいな感じ。

気付かないうちにどんどん感受性が落ちていくって怖いね。



>今だ、パワーをパラ犬に!

なんだ、このパワーは……いったいどこから……?
みなぎってきた!
パラ犬がパワ犬に進化しそうなぐらいみなぎってきたァァァァァ!


>よし、パラ犬さんを困らせるほど拍手コメ送ってやる( ̄▽+ ̄*)

フッ、やれるものならやってみるがいい!
でも数を重視するあまり意味不明になったら
お母さん返信割愛しちゃいますからね!
誰が何送ってるかはわからないようになってるんで
こいつ何通も送ってるから削ってやるとかいうのはさすがにないけど。
割愛するしないは、そのときのノリや時間なんかでバラバラだから、
もしそうなってもションボリしないでね!


>この頃、緑茶を見るとモンテに見えてしょうがありません。モンテを飲んでいるような感j ぶっごふうぁぁぁぁ

ならいっそ、モンテは飲み物と考えてみてはいかがだろうか。
モンテ味の緑茶と、緑茶味のモンテ。
選ぶならどっち!


>え・・・この指みたいなのは月曜日・・・?
パラ犬さんじゃない・・・
じゃあ一体どれがパラ犬さんだああああぁぁぁぁぁぁあぁあぁああぁぁぁあああ!!!!!!!


目で見えるものだけが真実ではないのだよ。
私は全てであり、全ては私なのです。


>ブレスオブファイアシリーズをすすめる人がいてニヤリとした、同病の私。あとリンプーははいてません。はいてません。

大事なことだから二回言いよった!
あれだけ人間に近い形態の獣人なのにはいてないって、反則だろォ!


>フォックスかわいいです

すたーふぉっくすやったことないってゆったのにぃー