ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年11月(3)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2011/08/24(Wed)
自分の作ったゲームをテストプレイしていると、
どうにも戦闘がだるい。
ツクーラーなら誰しも経験があるのではないでしょうか。

この「戦闘だるい」を軽減するためにはどうすればいいか?
最近、わりと真剣にこのへんのことを考えてました。
いやいやいや、考えてたんだって。ちゃんとゲームのこと考えてたって。
ParaSite2D6 RPG館は、ゲーム制作サイトだからね!

戦闘が面倒だと感じたとき、どうするか。
その対策方法として、二つの方向性があるという結論に達しました。

まずひとつは、戦闘にかかる時間を減らすタイプ。
そしてもうひとつは、それとは逆に、戦闘にかかる時間を増やすタイプ。

時間を減らすってのは、言わずもがな。
ボタン連打だけでいけるとか、一撃で倒せるようなバランスとか。
なるべく面倒くささを感じなくて済むようにする、というわけです。

じゃあその逆の、時間を増やすってのは何やねん、と。
これは上記と正反対の、しっかりと考えて戦うタイプ、
勝敗は戦略次第ってなやつです。
あー、無駄に敵のパラメーターが高いだけとか
ウェイトが長くてテンポが悪いみたいなのは違いますよ。

「戦闘が面白かったRPG」を挙げてみよう、となると、
やっぱりある程度、難易度が高めのものになるのではないでしょうか。
(とりあえずアクションRPGやテイルズ系は置いといて)
ボタン連打だけでは勝てない敵に、頭を使って勝利する。

「面白さ」ってのは、突き詰めれば「フラストレーションからの開放」だと
思うのですよ。
まず抑圧された環境(進みたいのに進めないなど)があって、
それを自分の力で解決することでカタルシスを感じるわけで。
RPGの戦闘に限らず、物語でもそうです。何らかの謎や障害があって
それが解決されると面白さが生まれる。

しかし、そこに苦痛があるわけですから、途中で投げ出される危険も高いので。
(物語の場合は作者が投げ出すことになります。解決できなくて)

これが、シナリオ重視のRPGだとネックになるのですよ。
最後までプレイしてもらえないわけですから。
シナリオを見て貰いたいのに、シナリオと関係ないもので
投げられるなんて、悲しいではないですか。
システムが複雑すぎて嫌になるってのも、よくあるパターンですね。

戦闘がつまらないと感じたとき、ついやってしまいがちなのが、
いろんなシステムを突っ込んでしまうこと。
しかし、そうする前に、自分が本当に見せたいものが何なのか
少し立ち止まって考えてみるのもいいかもしれません。

戦闘が面倒なとき。
なるべく戦闘をしないで済むようにするか、
戦闘を凝ったものにするか。

この方向性のうちどちらかにするかを
自分の中でハッキリさせるだけでも、
少しは光が見えるのではないでしょうか。



>(ひょうたんが)腐ってやがる。(記事が)遅すぎたんだ……

なぎ払え!(腐った中身を)


>ピアスの穴から白い糸って実際にあるらしいですよ。糸じゃなくて皮膚とからしいですけど。それを引っ張ると目が見えなくなるっていうのはピアスあけるとこに目のツボがあるからだとか…

穴から白い糸が出ることがあるのは本当、耳に目のツボがあるのも本当、
しかし白い糸を引っ張ったら目が見えなくなるというのは飛躍しすぎ。
詭弁のサンプルとしてよくできてて面白いよね、都市伝説って。
全体の繋がりを見ずに部分部分を論破しようとするとドツボに嵌って
ついには否定する点がなくなって、認めざるを得なくなってしまうという。
こういう、もっともらしいホラ話を作れるようになりたい。


>そのひょうたんは何に使いますか?パラ犬さんこそハバナイスひょうたん!

ハバナイスひょうたん!
ひょうたんは、飾って眺めたり握ったりするだけで気分が落ち着くのさ。
どれだけ眺めても飽きない。
なんというか、ツクールでいい感じのマップができたとき
意味もなくテストプレイで何度も歩き回ってしまうような
謎の満足感、みたいな。
わしがそだてた。


>ひょうたん。「そして誰もいなくなった」なオチかと思ったのに。ひょうたん。
ひょうたんそのままでも萌え擬人化キャラみたいだね。ひょうたん。


写真撮るたび一つずつ減っていくミステリー。ひょうたん。
「たん」の部分が萌えキャラだね。ひょうたん。豹たん。


>ひょうたん可愛すぎて育てたくなりました。パラ犬たん可愛い

パラ犬たん可愛すぎて育てたくなったって? イヤン恥ずかしい。
あなた好みに育ててね!


>ひょうたんの「臭禍苦災」おめでとさん

パッと見、六瓢息災(瓢箪六つで無病息災)みたいな
縁起物かと思ったら、字面が禍々しいわ!
夜露死苦!


>パラ犬さんは目が根っこですか
間違えました・・・メガネっ子です
本当に済みません


まさかの植物説。目が根っこ。怖いよ!
メガネっ子ではなくコンタクトっ子ですわよ。


>トトロがニトロに見えた マジ死神だ

となりのニトロ。
早く逃げろ! 爆発するぞ!