ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2012/01/12(Thu)
文章を書くスピードは、慣れれば速くなるっていうけどさー。
なんか、逆に遅くなるよね。
今日はそんな話。

昔は小説ぐらいサクサク書けていたはずなのに、
今では何時間も頭を悩ませて、シナリオが一行も進まなかったりする。
ネタがないわけではないのに、全く筆が進まない。
文章以外のジャンルでも、モノを作る人なら
そんな感じの経験はおありではないでしょうか。

もうね、すっごい遅筆なわけですよ、自分。
今に始まったことじゃなくて、軽く十年はこれで悩んでるねッ!

さて、なぜ上達している(当社比)はずなのに書けなくなるのでしょうか。
上達どころか退化してるんじゃないでしょうか。
昔の自分と何が違うのでしょうか。
そもそも何でそんなに時間がかかっているのか、
まずそこから探っていきました。

んで。
この「書けない時間」ってのは何なのかってぇと、
だいたいは「読みやすい表現を考えている」時間だったんですね。

そう、昔は「書けていた」のではなく、
読みやすさを気にしていなかっただけなのです。
腕が落ちたわけでも脳が腐ったわけでもないわけです。

それが、スキルレベルが上がってそれなりに自分の書いたモノの良し悪しがわかるようになって、
ダメだ! こんな表現では言いたいことが読者に伝わらん! と
書く前に没にしてしまって、その結果何も書けなくなるのです。
陶芸家が焼きあがった作品を割るがごとく。

数文字打っては消し、また打っては消しの繰り返しで
白紙の状態から全く進まないか、
繋がりのない、段落の頭だけが書き散らかされてる状態になって、
最終的にウボァー!と奇声を上げながら何もかも無に還したくなるってなもんで。

推敲は大事です。
いくら筆が進まないからといって、
「じゃあ読み手のことなんて考えなきゃいいじゃん」なんてわけには
いきません。

しかし、全く進まないのは精神衛生上よろしくない。
推敲はしたい、けれど進まないのは嫌だ。
欲張りさんですね。

そんなこんなで遅筆さに長年悩んできたわけですが、
最近ようやく解決の糸口が見えてきたような気がします。

ようやくわかった。「書く前に没にするよりも、とにかく最後まで書いて
後から手直ししたほうが楽」だと。

真の問題点は、何度も推敲してしまうことではなく、
書く前から推敲してしまって手も足も出なくなるってところなんですよ。
頭の中でえんえんと表現を転がしてしまっている。

しかし、わかったところで、長年染み付いた遅筆は
なかなか治りません。
その「とにかく最後まで書いて」ができない。
理屈でわかっていても、それが実践できるかというと話は別なのです。
ムツカシイネー。

そのへんなんとかするために、こんな方法取ってみたぜ!というのは、
また次回に。



1/10までの拍手返事。

>私も小学生のときから見てますよん。ツクール大好き高校生になったのはパラ犬さんのおかげです。ありがたや。

んもぅ、うれしいこと言ってくれるじゃないの。
そう言ってもらえると長いこと続けて来た甲斐があるってもんだよ。
好きなものが共有できるって素晴らしいよね。
ツクールの未来を担うのは、君達だ!


>七草「さぁ今日は俺達を喰え!粥にして喰え!モンテ、パラ犬、この際どっちでもいいから!」

たしか、世界中に散らばる七つの草を集めて粥にしたら
神龍が現れて願いを叶えてくれるんだよな!
今年にぴったりのイベントじゃないか。


>戦闘の計算式を考えるのも面白いけど、移動速度の計算式を考えるのもいいよね。

「いいよね」って同意を求められてもわからんわー!
そもそも移動速度を計算する機会ってあるんだろうか。
アクションとかシューティングとか物理演算ゲーならわかるけど。


>Google検索で一位に出るってすごいですよね。さすがツクール界随一のドット絵講座サイト。

それはブックマーク内のが優先的に出てるだけじゃね?と思ったら
本当に一位になってた……だと……
あの検索結果の順位って何で決まるんだろ。
単純にタイトルが一致しただけじゃ上にはいかないよなあ。


>関西ではだるまさんがころんだではなくぼうさんがへをこいたらしいです
つまり!!関西はセーフなんですよ!
そんな私は関東の人です


我こそが「ぼうさんがへをこいた」の地域民であるぞよ。
あれは、あくまでバリエーションのひとつなわけで
普段使いのものは「だるまさんがころんだ」なんだ。
たまに気分で「ぼうさんがへをこいた」しようぜ!ってなるだけで。
つまり普段はアウト!


>昔の拍手返事読み返してたら「もっちゃんの刑」とかあったんでずっと聞いてました
見事30分間耐えたよ!!


なにをやっとるんだー!
モッチャンモッチャンモッチャンモッチャンモッチャンモッチャンモッチャン


>>男らしさとは何ぞや。 ほら男でもわっさわっさ揺れるところがあるでしょう。

いやー、わかんないねー。
風もないのにブ~ラブラとか全然わかんない。
健全の中の健全であり健全の申し子たるパラ犬さんはわかんないよ。


>ライオンみたいなたてがみをはやせば男らしくなると思います

そうか、毛深さか!
たしかに毛深さは男らしい。
いやしかし、ハゲもそれはそれで男らしい。
全てか無か。そうか、その潔さこそが男らしさの正体だったんだ!


>まさかのドット絵講座復活か!?(゚Д゚)

なんでやねん!
まあ復活するとしても、大樹の体験版出てからかな。


>「金色のガッシュ!!」だと、コルルという心優しき魔物が呪文によって凶暴な性格になり、攻撃的になります。その間の記憶は無いようです・・・

コルルーーーー!
ガッシュ読み返そうと思ったら兄貴に貸しっぱなしだった。
コルルはもともと(ある程度の)戦闘能力のある魔物だろうから
戦えないヒロインとは違うんじゃないかな。


>꺅! 귀여워 ㅋㅋㅋㅋ
ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
카무이 가쿠포 싸랑해요


ありがとう。
神威がくぽはとても良い!


>しつこいだるまに「ダルマコロリ」! これで夏場の鬱陶しいだるまもイチコロ!

イチコロしちゃらめぇぇぇぇぇぇぇ!
だるまさんがかわいそうでしょ!


>天元突破w

お前が信じるお前を信じろ!


>木を全部イベントキャラにしてしまえば上に重なる問題を解決できるかも(参考:ツクールVX某サンプルとか)
そんで、縦長のブロックを片っ端から縦長イベントにすれば(予想外のがでたら、あとから作ればいいじゃない)
そうでなかったらもう、マップ描画をRGSSいじるとかいう手もなくはないのかな


2マスで作るから、重なり問題は大丈夫よー。
無理に3マス以上のキャラチップにしなきゃいけないってわけじゃないからね。