ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2012/07/02(Mon)
ひさびさに再開するときに、
中身のある記事を書かなきゃと意気込みすぎて
悩んだ挙句に結局何も書けなくなるこの現象には
名前をつけるべきだと思う!

こういうのって、日記以外でもよくあることなわけで。
困ったもんです。

というわけでわたしはげんきです。
いやまあ、正確にいうと、いい感じにネタになりそうな
ちょっぴりひどい目に遭ってたりもしましたが、おおむね元気です。
このへんはいずれ改めてネタにするってことでひとつ。
状態異常だと集中力が大幅低下するのってやーねー。

とにかくこの悪循環をなんとかするために、
今はとりあえず何か書くことから始めなきゃならんってレベルなんで、
短めで。



6/15までの拍手返事。

>小学生の頃だったか、黒下敷きどころか何も使わずに肉眼で太陽を見たことがあります。日食の時とかでなく、普段の時に。現在は近眼で眼鏡をかけているものの、視力障害などは特になし(笑)

そういえば、太陽を何秒見てられるかとかやってたわー。
根性試しみたいな。目に悪い!
小学生だからしょうがないよね……


>パラさんの手書き文字ハァハァ

直筆サイン入りのこまめ札!
君の名前を書いて立てちゃうよ。ただし君がひょうたんだったらな!


>オリジナルキャラクターはいくつ位ですか?私は178です。

煩悩よりも多いな!
そういうのは、完成してるやつだけか完成してないやつも含めるかによって随分と変わるね。
でも完結してないからって未完成ってわけじゃないんだよなー、キャラってやつは。
我々の人生という物語もまだ完結してはいないのですから。
俺たちの戦いはまだ始まったばかりだぜ!


>だるまさんを転ばそうと奮闘しているきみ!だるまさんよりエルザを転ばせようぜ!
もしエルザが転んだら、学生服姿なのでその瞬間足元のスカートの中が見(爆


まことに残念ながら、えっちゃんはタイツだから見えません。
普通に壁を垂直に歩いたりしてるから、今更めくれてもって感じだし。
なんでそんなことができるのかって? グランシールのウイッチだからさ!
あれ? ぐらちってこんな世界だっけ……


>あ、そうだ、ひょうたんができたらモンテ様着色してください!

ひょうたんを緑に塗るなんて邪道だ!
生のひょうたんの緑色にかなう色なんてない!
じゃあ生のひょうたんに顔書くかー。


>(※URL) ここのサイトとドット絵講座の説明が似ているような気がするのですが、関係はありますか?

いや、関わってないよ私は。
って、小ネタじゃなくて流れのほう使うのかよ!
うちの講座ってどっちかっていうとネタ講座だから、流れだけ抜き出しても面白くないと思うんだけどね。
まあ、このへん見る限り、内輪でやってるページだから害はないかなーと思う。連絡手段ないし。
てか、よく見つけたね。


>となりのトトロのセリフ:
サツキ:夢だけど・・・
メイ:夢じゃなかった。
サツキ:夢だけど…
メイ:夢じゃなかった。
サツキ・メイ:ばんざーい!やったー!
(木の芽が出た時の名場面です!)


子供のころ、あの種の包みを作りたくてねー。
笹の葉はそのへんにいっぱいあったんだけど、リュウノヒゲがなくてね。
そのへんの細長い雑草の葉っぱだと強度が足りなくて
なかなかうまくいかなかったもんだよ。


>携帯から拍手を送るには、ずばりファイルシークなり通してパソ扱いで見にくればいいと思います、たぶん

そんなサービスあるのか。
しかしパソ扱いにするとパケ代ががが。


>フルブラウザにしなくても、トップ(ホームページの方)から入っていれば、ケータイでも拍手できるよ

みんな忘れてるトップページの拍手ボタン。
自分も忘れてるぜ!


>ひょうたん型モンテが上と下で幅が違うあたりにパラ犬さんの拍手返事への情熱を感じます。

拍手返事への情熱というか、ひょうたんへの情熱だね。
ひょうたんには最も美しいとされている形があってね。
バスト:ウエスト:ヒップが5:3:7がひょうたんの黄金比なのですよ。
ひょうたんを描くときに参考にしよう!


>唐突な話題で申し訳ないのですが、世界樹の職業、モノノフにときめいてしまいました。足の形状とか特に
自分もだいぶん毒されてきたなぁ……


世界樹4のモフモフは素晴らしいね。よくわかっていらっしゃる!
ぐらちTRPGのパーティで世界樹やろうと思ったんだけど、
クマがいないから4は保留にしてたわけで。
モノノフが公開されたときは獅子ベアルもいいなと思った次第であります。クマじゃねぇ!
でもやっぱりクマはクマがいいので2で最プレイ中。
2でレインズウィックメンバーはいいよー。カースメイカーのエルザもいるし。とてもいやらしい。


>急募:エルザの執事を大募集!
給料:時給1000円
勤務内容:エルザの家での家事全般、TRPGでの紅茶差し出し、エルザの言動の尻拭い
特色:いつもエルザのそばにいられるので、エルザが好きな人向け。ただし体力よりも精神力と忍耐力が必要です。
連絡先:じいや
なお、人数制限はありません。


まずじいやに連絡を取るところから試練は始まっているのだよ!
じいやは常人には見えませんからね。
一流の執事は隠密スキルも一流でなければなりませんから、
じいやを発見して、しかも捕まえられるレベルのスキルを持ってないと。