ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(5)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
春をぬすんだカエルの話 ] 2016/12/06(Tue)
12月ですよー。
この時期になると何か作りたくなる不思議。
あれか、クリスマスだからか。クリスマスに完成しないのに!

そんなわけで、短編でも書こうかなと思っております。
クリスマスチガウヨー。

小説とビジュアルノベルってどっちが読みやすいんだろ?

ビジュアルノベルにするとしても、短編でダウンロードの手間をかけさせるのはアレだから、できればブラウザ上でさくっと読めるようにしたいところ。

スマホでも読めるようにしたいけど、スマホの画面でビジュアルノベルは文字の密度的に厳しいかなあ。
両方か! 小説と両方置けというやつか!

てか、ビジュアルノベルといってもイベント絵があるわけじゃないから、普通の小説でいい気がしてきた。

春までに完成させたいなあ。
今年度中ぐらいで。(今年中ではない)
とにかく何か作って勘を取り戻したいところ。
そう、まずは簡単なものでいいから作る! これ!



はくしゅへんじー。

> あまりにもダンス謡いまくって話が進まないので、用意してた分よりかなりシナリオが短くなってたのは内緒である。
そしてわりとルーニー寄りだったと思う(笑)GM


ちょ、おま、GM、おまっ! なんでわざわざ拍手で送ってくるねん!
話進まんのはダンスのせいだけじゃないしぃー!
普通のシーンでもだいたい「話進まんやろ!」ってツッコミ入ってた気がするしぃー!
美少年とか美中年が出てくるだけで話が進まなくなるしぃー!
もう全員ルーニーでいいんじゃないかな!


> シリアスな場面でダンスするシーン思い浮かべてメチャクチャ笑った

GMは笑えないけどね!(←GMが見ていることを意識したコメント)
だ、だいじょうぶ、ちゃんとくうきよんでたから! よんでたつもりだから!
シリアスぶちこわし、ダメ、ゼッタイ!


> シーフでバードですかー。僕はソレに僧侶だった~。商売の神に祈って歌って、予備タンクとしてトランスファーメンタルパワーで味方に精神力を捧げてたよ。
でも、冒険者レベルって奴が上がらなくて他のプレイヤーの邪魔になってたッス! 


プリースト入るだけで印象がガラッと変わるね! いい人そう。
信仰はチャ・ザかな? なんかもうその時点でいい人まちがいなしじゃないか。
冒険者レベルはなかなか上がらないけど、邪魔だなんてとんでもない! 鍵開けできて精神力タンクにもなるなんて素晴らしい便利アイテmゲフンゲフン