ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2017年10月(4)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2017/04/24(Mon)
「DVDミレル」という名前のDVDドライブを見かけましてね。
DVDミレルて。なんというRPGツクール感。

動詞をそのままつけちゃうネーミングって、地味にすごいと思いませんか。
用途がすぐにわかるっていう。
ドラえもんの道具っぽい。あと、小林製薬。

RPGツクールって、RPGを作れるソフトです!って、見ただけでわかるじゃないですか。
それでいて語呂がいい。語呂の良さ、大事。

「○○できる」といえば、「ら抜き言葉」って最近あまり問題に上がりませんね。
「見れる」も本来は「見られる」が正しいわけですが。
「DVDミレル」が「DVDミラレール」だと、ちょっと冗長ですし、まるでDVDに見られているようです。
我々がDVDを見るとき、DVDもまたこちらを見ているのだ。

わかりやすさとオリジナリティが大事というのは、作品のタイトルにも言えることで。
そういうタイトルをつけたいなあ、と、常々思うわけです。

ラノベにありがちな「○○が××した件」系のタイトルも、萌え属性がわかりやすいという点では機能的なんですよね。
二番煎じが出る前にこれ系のタイトルをつけた人はすごいと思います。タイトルの概念を破ってますよ。
もっとも、最初につけられたものとなると、VIPとか江戸時代の絵巻物とか、とにかく古いものを探すゲームになってしまって何がなんだかわからなくなってしまうのがオチですが。

結局何が言いたいかというと、RPGツクールというネーミングは、やはり天才的だと思います。



はくしゅへんじ。

> 虫にこんなに接写できるなんて…よく逃げられちゃうんですけどコツとかあるんですか
(言えない、最初、武士に拙者、って打ち間違えたなんて。どこの武士だよ


拙者、蚊を殺気を放たずに指先で潰す技を持っているでござるが、風を起こさなければ虫は案外捕まえやすいでござる。
今回は単純に、間に窓ガラスがあっただけでござるよ。
あとトリミングしているから実はそれほど接写でもなかったりするでござる。


> 小説が書かれないという流れがある意味すでに物語というか

何かが生まれ、死んでゆくことは、一つの物語。
見よ、我々はひとつの大きな物語に立ち会っているのだ。
没を悲しむことなかれ。書かれなかった作品は、存在したこと自体が物語なのだ。