ParaSite2D6 RPG館 ブログ

+ + とりあえず作ったものとか。 + +


+ ホームページ +

+ 日記トップ +
カレンダー

09月 « 2018年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の日記

月別アーカイブ
2018年10月(4)
2018年09月(8)
2018年08月(2)
2018年07月(4)
2018年06月(2)
2018年05月(3)
2018年04月(6)
2018年02月(1)
2018年01月(7)
2017年12月(2)
2017年11月(4)
2017年10月(6)
2017年09月(5)
2017年08月(8)
2017年07月(5)
2017年06月(3)
2017年05月(5)
2017年04月(6)
2017年03月(2)
2017年02月(4)
2017年01月(5)
2016年12月(5)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年08月(2)
2016年04月(1)
2016年01月(2)
2015年12月(3)
2015年04月(2)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年09月(1)
2014年06月(1)
2014年04月(2)
2013年12月(1)
2013年10月(1)
2013年08月(1)
2013年07月(2)
2013年06月(1)
2013年05月(2)
2013年04月(2)
2013年03月(2)
2013年02月(1)
2012年12月(1)
2012年11月(2)
2012年10月(1)
2012年09月(5)
2012年08月(5)
2012年07月(5)
2012年06月(3)
2012年05月(4)
2012年04月(3)
2012年03月(8)
2012年02月(8)
2012年01月(8)
2011年12月(16)
2011年11月(12)
2011年09月(4)
2011年08月(11)
2011年07月(12)
2011年06月(13)
2011年05月(13)
2011年04月(13)
2011年03月(9)
2011年02月(11)
2011年01月(16)
2010年12月(23)
2010年11月(16)
2010年10月(15)
2010年09月(10)
2010年08月(11)
2010年07月(16)
2010年06月(9)
2010年05月(15)
2010年04月(11)
2010年03月(23)
2010年02月(17)
2010年01月(9)
2009年12月(23)
2009年11月(8)
2009年10月(7)
2009年09月(11)
2009年08月(18)
2009年07月(18)
2009年06月(11)
2009年05月(15)
2009年04月(13)
2009年03月(18)
2009年02月(16)
2009年01月(19)
2008年12月(22)
2008年11月(10)
2008年10月(23)
2008年09月(21)
2008年08月(16)
2008年07月(8)
2008年06月(17)
2008年05月(27)
2008年04月(18)
2008年03月(22)
2008年02月(20)
2008年01月(18)
2007年12月(25)
2007年11月(18)
2007年10月(29)
2007年09月(27)
2007年08月(23)
2007年07月(31)
2007年06月(19)
2007年05月(23)
2007年04月(22)
2007年03月(19)
2007年02月(11)
2007年01月(19)
2006年12月(23)
2006年11月(23)
2006年10月(18)
2006年09月(19)
2006年08月(13)
2006年07月(17)
2006年06月(21)
2006年05月(27)
2006年04月(25)
2006年03月(31)
2006年02月(30)
2006年01月(34)
2005年12月(30)
2005年11月(30)
2005年10月(29)
2005年09月(30)
2005年08月(25)
2005年07月(24)
2005年06月(21)
2005年05月(5)
2005年04月(8)
2005年03月(6)
ブログ内検索
 

RSSフィード

携帯用

PROFILE

[ParaSite2D6 RPG館]

Author: パラ犬
pixivID: 141261
雑記 ] 2018/05/24(Thu)
「更新のネタがないから書けない」っていうじゃないですか。
ふと思ったわけですよ。だったらネタが降りてきたら書けるのか?と。

そして気付いてしまったのです。
ネタがあるときのほうが、書くのしんどい。

書きたいネタがあったとき。
当然、その気持ちを余すところなく伝えたいですよね。

しかし、その思いが邪魔をして、書いても書いても「違う、こんな陳腐な表現では伝えきれない!」となるわけで。
何度も書き直して時間は過ぎてゆく。今日はもう無理だ。明日こそは形にしなければと思い床につく。
翌日。また時間を大量に消費するだろうと昨日の自分が言っている。手を付けようとすることすら苦痛になっていく。

そしていずれ、書きたかったものと労力が釣り合わなくなって「なんでこんなものに時間をかけてるんだろう」と空しくなって、書くこと自体をやめてしまうのです。

どんなネタでも、ちゃんと調理しないとクソマズ料理になってしまう。

シンプルな味付けのほうが美味しいって?
「きょうのひとこと」とかいって一発ギャグ書いて次の日に読み返して後悔してろやボケェ!(日記で何度もやりました)



はくしゅへんじ。

> パラ犬さんの絵柄、好きです。MP(マンガパワー)が増えるよう祈っておきます! キャラ立ち絵を有効に使った演出にすると総作画数は減る…はずです!たぶん! ひょうたん育成4コマがは じまったりしますか…?

ありがとう!
ひょうたん育成4コマって何やねん! ペット4コマみたいなやつか。イベント発生せんわ!
立ち絵……か。なんやかんやで顔マンガしか描けてないから、これもうナナメ45度の立ち絵一枚だけでできるのでは。漫画とはいったい……うごごご!


> え? 何年どころか最初と最後で絵が違うのはデフォでは……? 最初に描いた主人公より、モブの方が出来がいいのは、当たり前では……

定められた運命……悲しいものだ。
主人公から描く、人はどうしてもそうせざるを得ない。これは原罪か。なぜこのような仕打ちを受けなければならぬのか、神よ!